七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
鎌倉でオテラー全開♪ 飛び出す3D彫刻にあんぐり 「円覚寺」
今日はアイスクリームの日だったんだって!
今日みたいに暑くなるころだからだよね!

と、勝手に思っていたら
明治2年(1869)の5月9日に日本で初めて横浜でアイスクリームが製造販売されたからだそうで
日本アイスクリーム協会が、昭和39年に5月9日を「アイスクリームの日」と決めました

そういえば昨年の猛暑、節電でアイスの売れ行きが良すぎて品薄になったところが
今年は増産の体制をとって備えているんだとか

暑さ対策に食べ過ぎてお腹壊したり、カロリーの摂り過ぎにならないよう気をつけながら
美味しく役に立ってもらいたいと思います


東北から夜遅く娘のアパートに戻ってきた熟年、「遅い!」と主に怒られちゃったけど^^;

次の日は休日じゃん、そのまま帰るのはもったいない(*^^)v
ということで、らぼっちの達ての希望を叶えてきました

翌朝8時にアパートを出て電車に乗り、降りたところは「北鎌倉駅」

240430 円覚寺1

GWということもあって、人多ーーーーいっ!!

駅員さんに言われるまま、混雑時に特別に設けられている出口から脱出
もうひとつの出口は大混雑で、しばらくはホームに留まらなければ出られない状態

鎌倉を歩くにあたって、北側に寄りたいところがたくさんあったので
北から攻めてみることにしたのです

大型連休に来たのは間違いだったか
みんな考えることは一緒なのね (;¬_¬)

しかーし、来てしまったものは仕方がない

歩き始めてすぐに入ったところは、こちら「円覚寺(えんがくじ)」です

240430 円覚寺2

1282年(弘安5年)、鎌倉時代後半北条時宗が禅を広めたいという願いと
元寇の戦没者追悼のため、中国より無学祖元禅師を招いて創建されました

臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位に列せられています
本尊は宝冠釈迦如来、開基は北条時宗、開山は無学祖元

後で知ったのですが、熟年が歩いたのは馬道で、参道は線路が横切っており
この先の鎌倉街道のところにも門があったそうですよ

240430 円覚寺2-1

こちらは総門、案外ちっちゃいのね
ちょっと人が立ち止まると、すぐにつかえちゃって渋滞してしまう^^;

240430 円覚寺3

そのあとちょっと歩くと見えてきたのがこの三門

240430 円覚寺4

ぎょぎょ、さっきの門とはえらい違い
立派だ!!

天明3年(1783年)、大用国師誠拙和尚が再建
楼上には観世菩薩像、十六羅漢像などが安置されているとか

「円覚興聖禅寺」の額は伏見上皇の直筆だそうです

240430 円覚寺5

山門をくぐると仏殿が見えてきます
震災で倒壊しましたが、昭和39年に再建されました

240430 円覚寺9

本尊は「宝冠釈迦如来像」
300円の拝観料を払ったとはいえ、こちら写真撮影OKなんですよね、素晴らしい♪

240430 円覚寺10

ちょっぴり怖そうに見える、何も悪いことしてないよ~^^;
ああ~、天井には「白龍図」が!

240430 円覚寺11

参道の反対側には居士林、居士すなわち在家信者のための坐禅道場です
牛込から昭和3年に寄進移築されたもの、新緑と苔の緑がきれい

240430 円覚寺12

その隣には選仏場があります
元禄12年(1699年)建立の茅葺き屋根の坐禅道場、良い雰囲気^^

240430 円覚寺13

仏殿が再建されるまでは、この堂が仏殿を兼ねていたらしい
薬師如来立像(南北朝時代)が安置されていました、こちらは怖くない^^;

240430 円覚寺14

そしてこちらは国宝でもある舎利殿への門

240430 円覚寺15

わくわくしながら歩を進めていたのに、どこよ、どこにあるの?舎利殿
この門から入れないのかよ、300円払ったのに・・・(>_<)

正面の木の陰になっている建物がたぶんそうです
あらら、がっかりだぜぃ~(+_+)

240430 円覚寺16

だから説明もなし^^;
室町時代中期の建築と推定されているということだけ言っておこう(笑)

それからこちらは反対側の階段を登ったところにある如意庵の玄関?
本堂の表よりも目を引くものでした

240430 円覚寺17

すっごい襖絵だな、と思って横の座敷のほうを見てみると
な、な、なんじゃ~、まばゆいくらい煌びやかな屏風絵☆
ライトがビカビカ光らせてんじゃないかと思うくらい(笑)

240430 円覚寺18

本当ならもう少し近くで見たいところだけど、そういうわけにはいかないんだろうな^^;

そして開基廟、円覚寺の開基である、北条時宗公をおまつりしてあります
現在の開基廟は江戸時代1811年(文化8年)に改築されたものだそう

240430 円覚寺19

ここが一番奥まったところにある黄梅院
足利尊氏が夢窓疎石(円覚寺15世住持)の塔所として文和3年(1354年)に建立

240430 円覚寺20

ここはただでさえ狭くなっているのに、行き止まりでみんながUターンするもので大渋滞
さて熟年も回れ右して戻るとしましょう

あれれ?ここ見てなかったぞ^^;
大方丈の建物の脇には、はっきり描かれた板碑が何枚もありました

240430 円覚寺11-1

そして前にはビャクシン、鉛筆の匂いのする木
九州、熊本ではあまり名前を聞かないような・・熟年が知らないだけか?^^;

240430 円覚寺8

そしてその前には熟年二人だけが食いついた門があったのです

240430 円覚寺6

門扉にも 立派な彫刻があります
まるで飛び出す絵本のように立体感のあるものでした、うっとり♪

240430 円覚寺7

そしてちょうどいい時期だったみたいです
石楠花や牡丹が色を添えていました

240430 円覚寺23

この円覚寺にはもう一つ国宝があると知って、この坂を上っていきました

240430 円覚寺24

いつもならこのくらいの坂、なんてことはないんだけど(ウソです^^;)
なんせこの日は目的があり過ぎて急いでいたんです、きっつ~!

ふ~ふ~深呼吸をしながら見上げたのはこの鐘楼

240430 円覚寺25

「洪鐘」と書いて「おおがね」と読むんだそうです
北条貞時の寄進によるもので、正安3年(1301年)、鋳物師物部国光の制作

高さ2.6メートルを超えるっていうけど、あんまり大きく感じなかったな
玉名市にある蓮華院誕生寺 奥之院で世界一の大梵鐘を見てるからだろうか^^;

240430 円覚寺26

実を言うと手当たり次第って感じで寄った「円覚寺」でした
でも、さすが鎌倉♪
初っ端からとても良い雰囲気で“オテラー”を満喫できました

さあ、次行ってみよ~!
って、東慶寺には行かないよ

だって~、縁切り寺だもん
縁起でもないところはいくら古刹でも足は踏み入れないのだ^^

240430 円覚寺27

 

<円覚寺>
[所在地]鎌倉市山ノ内 北鎌倉駅徒歩1分
[拝観料]300円
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報

コメント
こんにちは。
この辺りは私の庭ですね。
そう思っていましたが、
初めてきたときのような錯覚を感じるほど新鮮でした。
アイスは毎日食べてます。
コンビにで10個いりとかお得そうなやつです。
2012/05/10(木) 16:34:29 | URL | あかちん | [ 編集 ]
さすがに人気の観光スポットですね。
人、多い(^^;
でも、やっぱりいいな。
人のいない時に静かに見て回りたいわ~(笑)

すべての写真を見ながらひとり萌え状態でございます。
いいもの見せていただき、感謝です。

早く続きがみたい♪
2012/05/10(木) 21:37:05 | URL | mam | [ 編集 ]
あかちんさんへ
東京方面はどこも庭みたいですね^^
庭と思ってた所でも熟年が見るところは
マニアックですからね^^;
知らなくても仕方ないですよ
この後も庭を荒らさせて頂きました♪
2012/05/10(木) 23:08:49 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
鎌倉はただ歩いているだけで
どこそこに寺があるんですよ
この後も寺だらけなんですが・・・
多分皆、付いてこれなくなるような^m^
ついて来てよー、熊本おてらー隊♪
2012/05/10(木) 23:13:08 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
鎌倉って響きだけで なんかいいなぁ
やっぱり田舎より凄い さすがだ^^;
普段でも人が多いらしいからGWはさらにでしょうね
人の少ない時ってあるのかな
一度はゆっくり歩いてみたいなぁ
2012/05/11(金) 22:41:27 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ
そうそう、鎌倉の響きは京都に匹敵しますね
やはり積み重ねてきた歴史の重みでしょうか^^
いやー、人人人でしたよ
平清盛のこの年は平日でもゆっくり歩くのは
難しいかもね
東京から北鎌倉はわずか50分でした♪
2012/05/11(金) 23:00:39 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog