七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
明治天皇の随員もすごいんです♪ ○○が宿泊した「角屋敷跡」と「光応寺」
江戸、明治を通じて、海運物資の集積地として盛え熊本城下の玄関 口となった小島町
どこか懐かしく、歴史を感じるレトロな町並み
同じ市内にありながら、勉強不足で知らないことばかりでした

今回、女子小学生に連れて行ってもらったところは本当に興味深いところばかり^^

もちろん、町まわりには小島地区自治会連合会長さんはじめ
小島の歴史をご存じの方々が同行されているという有難いツアー?でございました

入念に見てまわった明治天皇行在所を後にして歩き出しました
「ここです」と言われ、見上げる一行、デッカイ!

240415 小島町歩き25

こちらは明治天皇の随員だった西郷隆盛が付き人と一緒に宿泊した「角屋敷跡」です
新しそうに見えますね、改築されたようです

でも、ちょっと失礼して中を見せていただくと
太い梁や柱は昔のままにしてありました、普通はこうやって覗けないですよね^^;

240415 小島町歩き26

すぐの道路脇にあったお地蔵様、「明治5年と刻まれているんですよ」
とは、明治天皇ご巡幸の歴史を歩む会の代表をされている方(たぶん^^;)

240415 小島町歩き27

おやおや、濱田醤油さんの味噌つめ放題にはずいぶんな行列ができています

240415 小島町歩き28

こちらは「肥後銀行小島出張所跡」です

240415 小島町歩き29

昭和25年から30年頃まで使用されていたそうです
ん~~っと、表玄関はどっちだ?(笑)

240415 小島町歩き30

こちらは「元川村海産物店」さんです

240415 小島町歩き31

間口が狭く奥が長い商家の造りですね、中庭もあるようです
ピサの斜塔じゃないけど、少し傾いていたので少し心配です(余計なお世話。。)

240415 小島町歩き35

約200年前に建てられた商家のようです

240415 小島町歩き33

この黄色い説明書きですが
小島地区自治会連合会長の永松さんの手作りだということがここでわかったのです

自己紹介はなかったのですが、この方がたぶん永松さんです^^

240415 小島町歩き34

目立つ黄色での説明書きは遠くからでもはっきりわかり
何かあるな、と足が向きます

そして一昨年開催された『明治天皇の歴史、今、蘇る(小島上陸)』の冊子をいただき
熟年二人、しっかりお勉強してブログになるにいたりました^^

このあたりの昭和初期の絵地図が貼ってありました
商店が多く賑わっていたのがうかがえます

240415 小島町歩き32

脇にはこんな狭い道もあります、いい感じ~♪

240415 小島町歩き36

お次は「光応寺」、1635年建立

240415 小島町歩き37

明治天皇を守る兵士約100名がここに宿泊したそうです
そう聞くと余計に大きく感じられます^^;

240415 小島町歩き38

こちらの本堂の左手には庫裡の座敷があり、鎮台司令官の桐野利秋が宿泊したとか
人斬り半次郎という異名を持った薩摩藩士、中村半次郎と言ったほうがいいのかも♪

240415 小島町歩き39

次に向かったのは「金守製油所」さん
なたね油、ごま油を昭和初期の機械を使い、昔ながらの製法で良質の油を生産中^^

240415 小島町歩き40

今の煙突と昔の煙突、そして白いペンキが塗ってありますが
手前の壁は煉瓦よね、うう~萌えるわ~♪(笑)

240415 小島町歩き41

この道は「旧百貫往還」
百貫港から御坊山、高橋稲荷、二本木を通って熊本城まで繋がっていた道だそうです

240415 小島町歩き42

えっと~、百貫港ってどこ?(笑)

この上の道が江戸から明治の船着き場だったところ

240415 小島町歩き42-1

今でも4ヶ所の荷揚げ場跡が残っています
わかりますかね?馬門石が使われているところもあります

240415 小島町歩き43
240415 小島町歩き45

そして「白川の石刎(いしばね)」
亀の甲羅のように石を積み上げて作ったものを石刎というそうです

240415 小島町歩き44

加藤清正が、治水や土木工事によく用いた工法で
河川水の勢いを弱めて川岸を侵食から守るための構造物だとか

ここには4基ほどあったようですが、現在はこの一基だけだそうです

240415 小島町歩き44-1

海にはつきもの、海上交通の安全を守る恵比寿様、4ヶ所に残っておいででした

240415 小島町歩き46
240415 小島町歩き46-1

おや、この煉瓦積みは何ぞな?
濱田醤油さんの持ち物でしょうかね、気になる~♪

240415 小島町歩き47

そうそう、こんな橋も架かっていました
木の橋ですよ、木!!「ひがしみゆきばし」と書いてあります^^

240415 小島町歩き48

案内人の女の子たち、どうもありがとう♪
とても楽しい道中でした、これからもがんばってね~^^/

いや~小島、とてもおもしろかったです
こんな歴史も知らなかったし、こんな情緒ある町並みが残っているとは!!

まさに“灯台もと暗し”でした
広~い公園も整備されていて、これからの季節はいいですね♪

240415 小島町歩き49

 


<光応寺>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
小島町、恐るべしですね(笑)
地元の人には大変、大変失礼ながら
何もない所だと思ってました(^^;
反省、反省。

でも、小学生の案内とは考えたもんだな~。
やっぱりお願いしたくなりますものね(^^)
こういう取り組みはいいと思います。
これからも頑張って欲しいものです。
2012/04/18(水) 23:59:06 | URL | mam | [ 編集 ]
ここって熊本市内なんですよね?
らぼっちさん達も知らなかった(@_@)
知らない歴史的な物ってあるもんなんですね
大分にもこんな所があるかもしれない
勉強しなくちゃ^^;

こういうのってやっぱり女の子の方が積極的なのかな
男の子は元気に走り回ってる方がいいのかも
2012/04/19(木) 00:07:36 | URL | KIKO | [ 編集 ]
こんにちは。
らぼっちさん楽しんでおられますね。
楽しくなきゃ人生つまんない。
是非、熊本に遊びにくる人たちの
お勧めのコースとかを組み立ててあげて欲しいです。
2012/04/19(木) 16:45:34 | URL | あかちん | [ 編集 ]
こんばんは
見ごたえのある良い町なんですね
すごく勉強になりました

かわいい小学生が街並みを案内してくれるって発想はいいですね
簡単ではないと思いますが我が町でもできればいいですね
2012/04/19(木) 19:44:06 | URL | domingo. | [ 編集 ]
mamさんへ
小島って意外ですよね
こんなに地域で盛り上げようという動きも
最近かららしいですよ
地の方たちも知らなかったらしいから、良さを^m^
子供達が地域に愛着を持てるようになるのが
一番いいですね♪
2012/04/19(木) 21:32:53 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
うちらもまだまだ知らないところ
いっぱいありますって、広いもん、熊本市内^^;
男の子の一人は屋台で焼きおにぎり焼いてましたよ
女の子の方が華があっていいかな♪
2012/04/19(木) 21:38:52 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
はいーっ、楽しんでますよ
人生で今が一番楽しめる時じゃないかと思って
飛び回ってます^^
熟年夫婦のマニアックスポットは
ぜひ県内や市内の方に行って見て欲しいですね♪
2012/04/19(木) 21:46:27 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
domingo.さんへ
子供たちをひっくるめて良い企画ですよね
苓北も子供が一緒になって楽しむお祭りがあるじゃないですか^^
郷土の良いところを子供達に伝える、感じてもらう
大切なことです♪
2012/04/19(木) 21:58:24 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
この案内してるの私もはいってるんですよー笑
とても懐かしいですっ
こんなところで紹介されていて有り難いです!(-д☆)
2014/11/29(土) 21:06:16 | URL | | [ 編集 ]
名無しさんへ

コメント有難うございます。
もしかして、女の子の中のおひとり?
間違っていたらごめんなさい。
もう2年半経つんですね、こちらも懐かしいです。
小学生の案内人はまだ続いているんでしょうか?
2014/11/30(日) 00:55:30 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog