七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
地域と人の絆で伝承されるお祭り♪ 「勢井阿蘇神社の願成祭」
一昨年のワーホリでお世話になって以来、フットパスやどんどやなど
イベントの際には呼ばれたり、押しかけたりしている美里町大井早の「井澤家」

行きたい、見たいと思いながら機会がなかった
勢井(ぜい)阿蘇神社「願成祭」に初めてお邪魔してきました^^;

天気は良かったけど、いやー風が強くて寒かった
でもそれを感じさせないほど地域の人々の熱気の方が勝っていたかも^^

到着は9時頃、井澤家の数多いお客さんの中では一番乗り♪

朝から弁当作りの仕事があるのは、とっちんなので
らぼっちは周辺をぶらぶらっとしていました
あっ、もちろんちゃんと作業もしましたよ

240407 願成祭6

勢井阿蘇神社は1460年に阿蘇家の勧請で創建されたと伝えられていますが
キリシタン大名として有名な小西行長の兵火を被り、その後現在の場所に移設されたそうです

240407 願成祭7

境内には神殿・拝殿のほかに、道を挟んだ下には公民館のような建物があります
この勢井阿蘇神社では桜の花見の頃に、「願成祭」という賑やかなお祭りが行われますが
この建物は公民館ではなく、その時の芝居舞台なんです^^

240407 願成祭1

すでに準備は整っているようですが、屋根の上でも掃除していました
風が強いので杉の葉を片付けるのも一苦労の様子
数日前の暴風の時は枝葉が10cm以上も積もったらしいですよ

中央は自由席なんですね

240407 願成祭4

桟敷席も出来上がってます
こちらは本当に入札をして場所取りをするそうです

240407 願成祭2

井澤経信さんやるり子さんに聞いたところによると
このお祭りは伝統芸能というのとは違いますが、継承していくのがとても大変とのこと

この地域は4地区15集落くらいあって、このお祭りの準備は年番さんという
その年の集落が全て受け持たないといけないそうです

一度当番になると地区によって違いますが、次は12~20年後だとか
もう年番の段取りを知っている人はいなくなる?ので
如何に若者と一緒に準備をして伝えていくかが大切とのこと

年番は竹や藁の確保など、この会場造りの準備を半年以上も前から始めます
そして、竹を組んだ枠組みに、藁を編んでしきりを作り、上部は檜の葉で飾ります

240407 願成祭3

この藁の編み方なんて、10年以上もすれば忘れてしまうでしょう^^;
しかし、こうやって藁が確保できるのもこの地域で稲の掛け干しが行われているからでしょうね



さーて、そろそろ見物客も集まってきましたよ

240408 願成祭9

こちらは八代白百合学園写真部のメンバー、狙いは何?
狙われることもありですよ^m^

240408 願成祭8

お待たせしました、14時開演です、パチパチパチ・・・

240408 願成祭10

井澤ファミリーは総勢20人くらいいたかな
皆さん、いろんな縁でつながっている方々

桟敷席は例年どおりの定位置♪
他の皆さんは遠慮して札入れしない場所だとか^m^

240408 願成祭11

まずは隣地域のお姉さま達の芝居「笠地蔵」
自分たちのお祭りは日曜日が本番らしいので、前日のリハーサル?

240408 願成祭12

爺様のお尻に縫い付けたくまモンがかわいいね
最後まで笑いが絶えない舞台でした^^;

240408 願成祭13


さて、本番は福岡の一座「劇団わかば」

240408 願成祭14

昔、親分を守って眼を切られ失明した勝太郎、祝言も断られ、父親も切られ・・・
ちょっとほろっとさせるストーリー

240408 願成祭15

最後は勝太郎に万雷の拍手♪
おひねりも芝居の邪魔になりそうなくらい投げ入れられてました

240408 願成祭19

中入りでは、持ち寄ったお弁当を広げますが
これは明日のとっちん記事で^^

食事中は地元のお姉さま方の煌びやかなダンス♪

240408 願成祭16

中入り後は、一座の舞踊が続きます
座長の剣舞?

240408 願成祭17

勝太郎役の華麗な舞

240408 願成祭18

最後は来年も頼むぞーの声に
座長は何よりも嬉しかったようです^^

240408 願成祭20


このお祭りも、昔一年だけやらなかったことがあったそうです
するとその年は大干ばつになったとか
それからは毎年必ず開催しているとのこと

そして地域の若者の参加やお客さんを迎えやすいように
土曜日に開催するようになったそうです

その若者が少なくなり高齢化していくのは、どうしようもありませんが
お客さんを増やして盛り上げていくことは、工夫次第でなんとかできるかも

美里NPOのワーホリ等の活動は生産者と消費者をつなぐ一つの工夫かな^^

我々、熟年夫婦にできることはこういった地域の活動を
このブログで紹介していくことくらいですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

240407 願成祭5

まさしく地域や人の絆があるからこそ伝承されている「勢井阿蘇神社の願成祭」
皆さんも、来年は見物に行ってみませんか^^v




<勢井阿蘇神社>
[所在地]熊本県下益城郡美里町大井早3897
[アクセス]地図はコチラ



いいよぉ、って方はポチッしてね^^
 

いいなぁ、って方はポチッしてね^^
人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
高校生の写真部ってかっこいいですね。昔と違いインターネットがあるおかげで作品を見てもらう機会も多いだろうから、テクニックなどを学べるいい部活だんぁ。

下記事の桜きれいです。これぞ満開って感じでいいなぁ。もうすぐ桜吹雪や花筏を見れますね。週末には一心行もそろそろ見れるだろうし行ってみようかな。チューリップもきれいだし、春は楽しいです♪

もちろん団子の方も大好きですが
2012/04/09(月) 01:13:22 | URL | おにぎり太郎 | [ 編集 ]
こんばんは。
このような盛り上げ方大好きですね。
どんどん盛り上げて行きたいですね。
地元の人も主役になるというのがミソです。
メディアはこういったことに積極的に加担して
あげて欲しいです。
2012/04/09(月) 18:32:58 | URL | あかちん | [ 編集 ]
すごい
こういったお祭りって大変なんですよね
何より続けるっていうことが
色々な決まり事もあるんでしょうね
時代に合わせながらずっと続いてほしい物ですよね
来年あたりらぼっちさんは舞台に立っているのかな?
2012/04/09(月) 20:45:40 | URL | KIKO | [ 編集 ]
おにぎり太郎さんへ
この女子校の写真部は結構知られているんですよ
部員数も多かったな、10人以上はいたかな^^
おにぎり太郎さんも団子が好きですか
花や女性、美しいものを見ながら美味しいものを
食べられたらこれ以上ない幸せだよね^^

2012/04/09(月) 21:32:41 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
行政が下手に助成するよりも
地域の方たちが自らの手で作るお祭りだからこそ
継承できるのでしょうね^^
確かにTVカメラはなかったかな
マスコミの活用もしたいところですね^^;
2012/04/09(月) 21:45:33 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
時代に合わせながらというキーワードがきっと大切なんでしょうね
分かったのはやはりかあちゃんの方が元気だということ^^
パワーが漲ってました♪
らぼっちですか、真打ちは後10年先でしょう^^;

2012/04/09(月) 21:53:53 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog