七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ゆっくりと覗きながら見上げながら歩こう♪ 熊本城下「古町~新町」
昨日の続きですよ~^^

人力車を見送ると見えてくるのが
「塩胡椒」さんと「ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ」さん

240226 古町17

う~ん、何年もここを通ってなかったんだな~
前の雰囲気とはなんとなく違ってた ^^;

でも築130年の古民家はそのまんま、裏のほうの半地下は船着場だったらしい

240226 古町18

次から次におもしろいものがあるし、どんどん歩いていたので
ここでお茶すればよかったなと、しばらくして後悔^^;

ま、いっか、また来ようっと、近いし^^

そして次に見えるのが「西村邸」
ですけど、目的は煉瓦の防火壁(笑)

240226 古町19

こちらは東側の煉瓦壁、ん、白い線はなんだろう?
分厚い煉瓦にデザイン性も考えてありそう

240226 古町20

西村邸が煉瓦で囲まれているのは、以前油商をされていたから
大正6年築の煉瓦積み、数寄屋風のお屋敷を守ってたんだね~^^

240226 古町21

西側の煉瓦壁、ここはもしかして崩れそうにでもなったのかな^^;

240226 古町22

ここで発見、白い線を境に積み方が違うって!!
なぜ、きれいな所とそうじゃないところがこんなふうになってるんでしょうね

らぼっちが隣家と接していたところが素人積み
両側から作業できたところが職人積みとかなんとか言ってたけど・・・真実は如何に^m^

240226 古町23

斜め向かいにあるお宅も歴史がありそうです

240226 古町24

さて、この煉瓦壁から目と鼻の先にあるのが「明八橋」
言わずと知れた、明治8年に出来た橋だから明八橋です^^

240226 古町25

昨日ちらっと紹介した「明十橋」と共に
かの名石工、橋本勘五郎が手がけた橋と思えば感慨深いものが・・・^^;

240226 古町26

さてこの「明八橋」を渡れば「古町」ともお別れです
「新町」に入るとすぐに見えるのが「松石パン」さんです

240226 古町27

創業は明治21年、120年以上の歴史があるパン屋さん
お店を見たからには、入るでしょう♪^^

これだけのパンを買ったあと、奥のレストランでお茶できることを知りました

240226 古町28

コーヒーを飲みながら買ったパンを食べよう~
えへへ、大きいのを2個残してあとは全部食べちゃったよ(笑)

たくさんの調理パンの中で、興味本位で買った『たくわんパン』写真左
名前を聞いて顔をしかめていたらぼっち、ひとくち食べて「うまい!」

240226 古町29

写真右のカップはレストランにおられたオーナーと思われるおばあちゃまに
「どうぞ、召し上がって」といただいたもの

ふわっふわの食パンにきなこクリームがよく合っていて美味しかったです
おばあちゃま、おごちそう様でした~m(__)m

240226 古町30

電車で来たので、当然ながら電車で帰ろうと歩いていると
やっぱりこの建物は気になります

「長崎次郎書店」さんです、創業は明治7年
国の登録有形文化財に指定されています 

240226 古町31

普通の書店とは違うし、閉めてるのかと思ったら

国の機関としての諸報告や資料を公表する「国の広報紙」「国民の公告紙」などの
官報を今も販売しているらしいです
難しい読み物ばかりなんだろうな^^;

240226 古町32-1

そして洗馬橋の電停の近くにある印鑑屋さんでは
シャッターに絵を描いておられました

240226 古町33

新町ではこうやってシャッターに絵を描いているお店が多いですよね
こちらでも一家総出でしょうか?

240226 古町34

今回の古町界隈散策は新しい発見もあり、興味深く歩きました

ただ、前を通ったのに全く気付かずにいて
貴重な歴史的建物を見逃したというチョンボをやっちまったんです

ふたりともあちらこちらに気がいってしまう性格が災いしました
あ~あ、なにやってんだか・・・

落ち込むふたりに、中央郵便局のたぬきくんが慰めてくれました

「よっ、ドンマイ!!」

240226 古町35 


<松石パン>
[所在地]熊本県熊本市新町4-2-13
[TEL]096-354-1255
[営業時間]8:00~21:30 ランチ営業、日曜営業
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
(≧∀≦*)
最後に狸君がすっごいナイス 相当受けてます いいわぁ
やっぱりさすが熊本 町が大きいし古い建物残ってますね
古町(こまち)と読むのかな?
若者にはできない熟年のデートスポットな感じです^m^
まだまだあちこちありそうですね
歩くからこそ目に入るものがありますもんね
とってもいいですね
2012/03/04(日) 22:01:41 | URL | KIKO | [ 編集 ]
長崎次郎書店、生前父が好きでよく通ってた本屋さんです。
何かあると、すぐ自転車でこの本屋さんまで行ってたんですよ。
我が家の女3人は「わざわざ、馬鹿じゃないの?」って(^^;


レンガの白線、お隣に立っていた家屋の屋根の後じゃないでしょうか?
たしか万田抗にもそんな跡があったような・・・
2012/03/04(日) 22:20:55 | URL | mam | [ 編集 ]
わぁ~、いつも、この辺うろうろしてるのですが、
七転び七起きさんの画像で見ると、オシャレです。

ここの松石、仕事してるときお昼ご飯にかっていってましたねー。早くから開いてるんで助かりました。郵便局の船場たぬきさんも、衣装持ちなのでよくみにいきます。(イベントごとにかわってますよね。)
2012/03/04(日) 22:35:28 | URL | a-tan | [ 編集 ]
新町はまだまだ昔の風情が残る町並みがあっていいですね~。
そう言えば私は先日臼杵は、コメントも頂いてましたが、まさにらぼっちさんにうってつけの場所かと。ホントに風情があっていい町並みでしたよ。
2012/03/05(月) 16:44:47 | URL | たいじ | [ 編集 ]
こんばんは。
是非バナナ屋さんも
ご紹介してもらいたいです。
2012/03/05(月) 17:07:24 | URL | あかちん | [ 編集 ]
KIKOさんへ
”ふるまち”って読むんですよ
熟年のデートスポットは受ける~^^
この良さが分かるのもやっぱり熟年♪
時間かけて路地までゆっくり歩いたら
まだまだきっと熟年物件ありそうです^m^
2012/03/05(月) 22:25:25 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
お父さんが通っていた書店なんですか
今度中に入ってみよう
でも正直、開いてると思わなかったんですよ^^;

赤煉瓦の素人と職人の境はやはり屋根ですよね^^v
でもということは赤煉瓦の方が後でできたということですよね
西村さん、そんなせぎせぎに造らなくても壁♪
2012/03/05(月) 22:30:50 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
a-tanさんへ
この辺りで仕事されてたんですか
それだけでなんだかお洒落感が♪

松石パンさんはひっきりなしにお客さんが
出入りしてましたよ
ファンが多いみたいです
大きなメロンパン、超長いケーキ
ショーケースを眺めるだけでも楽しくなります♪
2012/03/05(月) 22:41:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
たいじさんへ
新町、古町の歴史ある風情も現代建築に
浸食されているようでなりません
住んでる人にしてみれば当たり前かもしれませんが^^;
臼杵の町並みはワクワクさせられます♪
日本人の血が流れているんですね、一応^m^
2012/03/05(月) 22:45:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
あいやー、しまった(>_<)
すっかり忘れてました、すみません
松田青果さんですよね、ぽきっと折れる^^;
場所を確認したので、次回はぜひ行ってみます♪
2012/03/05(月) 22:58:58 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog