七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
レトロとアートが同居する繊維問屋街♪ 「クリエーターの街 河原町」
昨日、熊本で今話題の『熊本県謎解き散歩』を買ってみました

熊本に来て18年、あちこちまわったしそれなりに勉強もしたし
この本に書いてあることは、だいた~いは知ってるんじゃないの~?

って感じで、気にもしてなかったのですが
本屋さんで見かけたとっちん、ちらっと手に取ってみてぱらぱらと・・・

そうしたら、えっ?なに?知らない!それほんと?ブツブツブツブツ
隣にいる人が怪訝そうな顔でこちらを見てた(笑)

かくして『熊本県謎解き散歩』は、今ここに!^^
仕事から帰ったらぼっち、「なーん、買ったんかコレ!」

「いやいや、勉強になるよコレ、知らんことが多いけん!」
決してマワシモノじゃございませんけどね^^;

3月、雲雀のさえずりも聞いたし、これ持って出かけることにしましょ、わくわく♪

240229 謎解き散歩


さてさて、日曜日は晴れ間はないものの雨じゃなかったので
またもや街あるきをしちゃったんですよね~^^
それも、車じゃなくて市電で♪

降り立ったのは「河原町」
行きたいところがあったのです

目的地に向かっている途中に六地蔵があり、足を止めて見ていると
シーズー連れのひとりのおじさんが近づいてきて「今どきは写真を撮る人が多かなぁ~」
と話しかけてこられました

「こん前は、ほ、ヤスダの件で写真がいかんてあったろが」
えっ、ヤスダ?何かあったっけ・・・ヤスダ、安田?・・・

すみません、結局よくわかりませでした^^;
きっと、やたら写真を撮るのは気をつけなさい!というご忠告だったのでしょう
ここは肝に銘じたいと思います!

240226 河原町0

おじさんを見送ってふと横を見ると

240226 河原町1

あれ?なんじゃ~?

240226 河原町2

ここは・・・
とたんにノスタルジックな世界に入り込んだ感覚に♪

240226 河原町3

やっとここが河原町、熊本の若手クリエイターが集まる街だと理解しました
降りた電停名が河原町だったのにですよ(笑)

地図がありました、手作りのユニークなもの♪
手前にマッチの大箱があったのが気になるけど^^;

240226 河原町4

「おーい、ここ迷路みたいだよ~」
どこからか、らぼっちの声がします

「知ってるよ、ここに地図があるもん」
おっさんおっさん、この地図が目に入らぬかー!(笑)

ほとんどがシャッターで閉ざされた中に
ところどころ開いている店が・・・

240226 河原町5

あり・・・?

240226 河原町7

閉まっています(><)

240226 河原町6

ここがどんなところかを知らずに迷い込んでいたので帰ってから調べました
そうしたら、ここは戦後のヤミ市跡に建てられた繊維問屋街だったんですね

240226 河原町8

2階建ての共同ビルが、繊維商らの共同所有の形で建てられたのは
ヤミ市一帯が燃えた1958年の大火災の直後だったそうです

240226 河原町11

おや、このビル熟年と同年代だったんだ^^
1960年代には商取引の中心地の一つとして約50店舗がひしめき合っていたとか

240226 河原町12

ところが石油ショックなどを境に徐々に空き店舗が増えていきました
現在のところ当初からの問屋は残っているのでしょうか

240226 河原町14

こちらは共同トイレ、外から覗いちゃった^^;
外は古いけど、中は清潔感がありましたよ~

240226 河原町9

なにげなく置いてあるバイクもストーブも
オラが主役と言わんばかりに存在感を醸し出している

240226 河原町9-1
240226 河原町13

ところで、この“迷路”をさまよっていると
なんとなくざわざわするんですよね・・・

240226 河原町10

誰もいないはず、らぼっちの他には・・・
もしかしてここって、何か出る?

240226 河原町16

あ、この店、何か書いてある

240226 河原町16-1

は、は~ん、ここは!
毎月第2日曜日に個性的なアートプロジェクト「河原町アートの日」は
賑やかに開催されるけど、そうじゃない日はこういうことなんだ

みんなこの街のどこぞで作品やアートに向かい合っている
空耳じゃなく、人の話し声が聞こえても不思議じゃないというわけ(笑)

240226 河原町15

おもいっきり昭和の匂いがするこんな街が存在していたとは
想像もしなかったし、全然知らなかった^^;

この独創的でおもしろい建物を維持、修復するだけでも大変でしょうが
いつまでも残っていて欲しいと思う空間でした

240226 河原町17


『クリエーターの街』 河原町
アートに生きる若者たちよ、自分を信じて頑張れ!!




 


<クリエーターの街 河原町>
[所在地]熊本県
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
言葉は悪いけど、今こういう廃れた空間をどうするかって問題ですよね。
行政に頼っていてもままならない世の中、
元気な若者に「夢」と「知恵」と「やる気」で頑張ってもらいたいですね。
2012/03/01(木) 22:01:32 | URL | mam | [ 編集 ]
こんばんは^^
表紙にくまもんで苦笑いしました^^
見ない日はありませんよ^^

レトロな雰囲気すごいですね!何か見ててドキドキしてきました^^
2012/03/02(金) 00:53:09 | URL | ★夢叶男★ | [ 編集 ]
こんばんは。
私が東京から熊本にきたときに20年前の日本だと思いました。らぼっちさんが昭和の匂いを感じるなら40年くらい前の日本って感じでしょうか。今となってはかえってたいへん価値のあるところになるのでは。観光客にもうけますね。たぶん時間があるときに行かせていただきます。先日知り合った道の駅の大将が東京のどこからかい?と聞かれ北千束と答えると大井町のニコンにいたんだよとにっこり。東京の1年は熊本の4年だな。熊本はゆっくり時間が流れている。東京ではいろいろ楽しんだね。懐かしいなと感想を話してました。外から物を取り入れればすぐに福岡以上にはなれると私は思うのですよね。私の体内時計は東京のまま、時差ぼけが治りません(笑)。
2012/03/02(金) 17:07:48 | URL | あかちん | [ 編集 ]
mamさんへ
このような壊れかけた建物は熊本県というところは
即刻壊してしまいそうなところなんですが^^
若者たちのがんばりを知らなかった熟年ですから
偉そうなことは言えませんね
いつか第2日曜日に出かけてみようと思います^^v
2012/03/02(金) 23:26:32 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
★夢叶男★さんへ
いつでもどこでも何にでも
人気絶頂!くまモンありです^^
どきどき、わくわくしますか
夢叶男さんもクリエーターの一人だと
言うことです♪
2012/03/02(金) 23:32:35 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
長いコメありがとうございます^^
熊本はそんなに時間の流れが遅いですかね
長いこと九州に住んでいるとその感覚も生じません
徳之島に住んでいるときは時間の流れのゆっくりさに驚きました
心にもゆとりが生まれますね
なので、東京のようなせかせかした生活に憧れはありません^m^
あかちんさんも熊本時計に合わせましょうよ
きっと長生きしますよ~♪
2012/03/02(金) 23:46:20 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
こんばんは
なんかとってもナイスな本だ
熊本県人ならずともなんか心惹かれるな
熊本にますます詳しくなって案内よろしくお願いします

ソーホーではないけど。。。
なんかこういうとこでアートは生まれそうな感じですね

2012/03/03(土) 00:27:57 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ
熟年のためのマニアック本ですね^^
はい、どんどん勉強して
どこでもご案内いたしますよ♪
ソーホー?思わず調べてしまった
KIKOさん、ニューヨークのことも知ってるんだ^^;
2012/03/03(土) 22:20:38 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog