FC2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
こんなタイミングあり~♪ 平家の子孫が建立 「白木神社」
さて伊佐市をぶ~らぶらのお話

伊佐市街地を東に向かうと白木地区があります
そこに古~い神社があるということで行ってきました

240204 白木神社1

「白木神社」とあります

鳥居は新しいですね
参道はゆったりとした坂道で、登りやすそうです

ん?何か話し声が聞こえる
下に車が何台かあったので、参拝の方が多いのかと思っていたんです

あり?

240204 白木神社2

こ、これは、萱?
もしかして・・・♪

このトラックが目の前にあってちょっと窮屈そうな仁王さんたち^^;

240204 白木神社3

“たち”って書いたのは、手前と奥に上半身のない方々がおられたから
う~ん、ここもちょっと痛ましいな

神社の前の山は高い木々が茂る森林だったと思われますが
一帯が伐採されたようで鬱蒼とした感じがなくなっていました

境内の木々はそのまんま^^

240204 白木神社4

こちらが社殿

240204 白木神社5

はい、茅葺きの屋根に魅せられてやってきたというわけです^^
むふ、かなり良さげな雰囲気でしょ♪

240204 白木神社9

この建物は、応永15年(1408年)の足利時代に建立されたもので
鹿児島県内では数少ない中世仏教建築物の遺例なんだそうです

平家滅亡後、平宗盛の曽孫清祖が元享2年の白木観音を守って京都をのがれ
薩州山門院(今の出水郡)の港を経てここに到り、泉寺院(長福寺)を建立しました

240204 白木神社5-1

そうなんです
ここは元々「白木山長福寺」と言う寺だったんです
現在神社の本殿となっているのは、その寺の観音堂でした

明治2年(1869年)に廃仏毀釈を逃れる為に白木神社と改称
中にあった寄木造の観音像(木像)を天草に避難させて難を逃れたんだとか

ひと目お会いしたいと思ったものの
社殿の中にある観音様の扉はしっかりと閉じられておりました

これも鹿児島県の指定文化財ですもんね
なので、説明の写真だけ^^;

240204 白木神社8

いや~、昔はいろいろ観音像を守る工夫をしたんですね
今は安産祈願や縁結びの神様として信仰されているようです

ちゃんと見るとやっぱり観音堂ですよね^^

240204 白木神社7

おお~、やっぱり♪
萱葺き屋根の葺き替え中でした

足場が組んであるけどこちら側の作業は終わっています

240204 白木神社6

裏にまわってみましょう

240204 白木神社10

おっと、こちらは真っ最中でした♪

240204 白木神社11

ひょえ~、あんな高いところで黙々と作業中の仕事人
もちろん命綱がちゃんとついてます!

240204 白木神社12

よくよく見ると仕事着の背中に何か書いてありますね

『きのこ』?
いやいやそれなら『茸』だろ!(笑)

『かや』?
いやいやそれだったら『萱』だろ!(笑)

すみません、遊びすぎましたm(__)m

240204 白木神社13

萱を葺くの『ふく』ですよね!
萱葺き専門の方達なんでしょうかね

「何年ぶりに葺き替えされているんですか?」
下におられた方にらぼっちが聞いてみました

「いや~私達は請け負っただけでよくわかりません」

240204 白木神社14

どのくらいで吹き替えされるんでしょうかね
降ろされた萱はどう見てもそんなにぼろぼろには見えなかったけど^^;

240204 白木神社15

横にあった手水鉢には昼過ぎなのに、ぶあっ~つい氷が張ってました
朝、寒かったもんね~(><)

240204 白木神社16

屋根の葺き替えがされていることで
仁王さんも喜んでいるように見えました、ほんと?(笑)

240204 白木神社17

600年を超えて静かに佇む観音堂
見てるだけで何かを語ってくれているようでした

240204 白木神社18

滅多にない萱の葺き替え作業にも立ち会えてよかった~♪
喜んでいるのは熟年夫婦だった^^;

 

<白木神社>
[住所]伊佐市大口白木813
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト



テーマ:【鹿児島】 - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは^^

すごいタイミングでしたね^^狙ってもいけないですもんね^^

毎回写真が多いブログで楽しませていただいております^^1回書くのにどれ位時間かかりますか??
2012/02/10(金) 01:28:03 | URL | ★夢叶男★ | [ 編集 ]
始めまして
初めてコメントしますmasaと申します^^

いつも粋な文章とプロ並みwwの写真で楽しませていただいております。

熊本市在住ですが仕事の都合で人吉や水俣に行く機会が多く参考にさせてもらってます。

また飲食店も参考にさせてもらっていて昨日は家族で健軍の「ふとっぱら」さんにお邪魔しました。
評判通りとても美味しく頂きました。

これからも美味しいお店情報よろしくお願いします。

追伸 我が家にもM.ダックスの仔犬がおります。
週末には江津湖公園に散歩に行っています。





2012/02/10(金) 10:08:49 | URL | masa | [ 編集 ]
茅の建物って、雰囲気がありますよね(^-^)
いい感じです。
2012/02/10(金) 12:00:43 | URL | JOKER | [ 編集 ]
こんばんは。
600年ですか。
仁王さん確かに何か言っている感じがします。
熊本にいてもなかなか目に触れない文化財がこのように発信されて喜んでいるんではと私は感じましたね。
2012/02/10(金) 20:26:23 | URL | あかちん | [ 編集 ]
茅葺の社殿、いい!!
素晴らしいですね~。
それに引き換え、仁王様が痛々しすぎる(>_<)
仁王様も修復してあげて欲しいですね。
2012/02/10(金) 20:51:46 | URL | mam | [ 編集 ]
こんばんは
読んでいたら「天草」の文字が出てきて
驚きました

天草のどこだったんでしょう?
御所浦 上天草?それとも牛深?だったんでしょうか?気になります
茅葺き屋根の観音堂情趣を感じます
地域の方から大事にされてるのが伝わってきますね
2012/02/10(金) 20:58:25 | URL | domingo. | [ 編集 ]
すごいね
なんてばっちりなタイミング
めったに見られませんよ
見たことないです
だいたい茅葺のおうちなんてないし
しかしここには何軒かありそうですね

2012/02/10(金) 21:14:57 | URL | KIKO | [ 編集 ]
確かに☆
ほんとすごい
タイミングですね(*'o'*)

これはらぼっちさん達だけに
与えられた貴重な機会ですね(^^)
印象深いお写真です(*'ー'*)
2012/02/10(金) 21:46:45 | URL | MILK | [ 編集 ]
★夢叶男★さんへ
毎回書いているとっちんでだいたい2時間
ときどき書いているらぼっちの手抜き記事で1時間
といったところでしょうか^^
写真選びに時間がかかりますが
選びながら構想を練るので後は早いです♪
2012/02/11(土) 08:22:33 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
masaさんへ
コメありがとうございます^^
うちはグルメブログではないので
数は少しですが熟年二人が気に入ったお店ばかりです
その中でもふとっぱらはうちらの一押しです♪
ママさんがひょうきんではなかったですか^m^
江津湖で散歩されてるんですか
ほんと近くなんですね
もしかしたらMDワンコ同士は知ってるかも♪
今後ともよろしくお願いします(^-^)/
2012/02/11(土) 08:56:38 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
JOKERさんへ
ナイスタイミングでした
こんな職人技が継承されることを
ただただ願うばかりです♪
2012/02/11(土) 09:01:05 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
仁王さんの腕を叩き落としたのも人間
きれいに補修してくれたのも人間
そしてバチバチ写真を撮りまくる熟年のような人間
いろんな人間がいるものだと思ってることでしょう^^
2012/02/11(土) 09:05:37 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
ほんとラッキーでした
神社巡りもご褒美がありますね、めったにないけど^^
仁王様は二体とも破壊されていたので
壊れてないのは他から持ってきたのでしょうね

それにしても廃仏毀釈の政策が恨めしい(/ _ ; )
2012/02/11(土) 09:13:09 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
domingoさんへ
天草のどこへ避難したのか?
すみません、分かりません^^;
でも天草の人がお国に逆らってそこまで
してくれたことに深く感謝です
仁王さんはさすがに避難させられなかったのでしょうね♪
2012/02/11(土) 09:19:13 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
ほんと、ご褒美でしたね
法被の文字は二人ともカヤとばかり思ってました
恥ずかしい^^;
この技術が途絶えるがないないように
願わずにはいられません♪
2012/02/11(土) 09:25:09 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
MILKさんへ
プロのカメラマンさんだったら
どんなテクニックと構図で撮るのでしょうね^^;
熟年二人は屋根に上がって近くで撮りたい衝動を
抑えるのに必死でした♪
2012/02/11(土) 09:29:16 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
平家の真実

平家の真の姿は大国主によって歪められているのではないでしょうか。

http://outfromu.blog9.fc2.com

http://cloudbe13.blogspot.com/

大国主=地獄の存在が
瀬織津姫の振りをして
自分を増々確立し悪しき陰陽を根づかせようと企んでいる。

それは平家にとっては最も腹立たしいことであると思っています。
平家はユダヤであるからこそ
イシスの真の裏のない正義と真理の象徴として宮島を建設したのではないだろうか。
そこに裏も表だという陰陽をベースとした大国主が入り込み
法華経すら無惨に真理をはぎ取られ大国主の日蓮聖人によって
全く異質な真逆のものと化している。
加害者が被害者の振りをしてヒーローと化している日本。
歴史の上で加害者とよばれたのはじつは卑怯な大国主によって
嵌められた一族で被害者かもしれない。と思っています。
2012/02/27(月) 03:46:27 | URL | サニー | [ 編集 ]
サニーさんへ
申し訳ありませんが
勉強不足で無知な私にはよくわかりません

歴史が変わることも少なからずありますが
今の日本にとって大事なのは何か
日本人としての誇りを持って
歩んでいきたいと思っています
2012/02/27(月) 22:16:01 | URL | とっちん | [ 編集 ]
日本の誇り
私のブログは難しくないですよ。是非読んでみて下さい、
今の日本に誇りを見いだすのは難しいです。本当に誇りを持てる
日本に変わってほしいですね。
2012/03/01(木) 00:59:30 | URL | サニー | [ 編集 ]
サニーさんへ
我々、熟年夫婦は馬鹿なので
記事の内容はまったくもって意味不明です
ごめんなさい
でも、誇りを持った国民でいたいと思っております
2012/03/01(木) 21:32:13 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog