fc2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
やっと干せた
土用になって13日経ち、梅雨も明けた今日
やっと梅干しの土用干しができた



ふふ、なかなかいい感じじゃないかいな(*´꒳`*)
これから3日間干して本格的に梅干しに!



ところで今日で7月も終わりやん
暑い夏がやって来るな






スポンサーサイト



やっと晴れた
梅雨が明けたー!
草刈日和だった



暑かったぞー!







えらいこっちゃ
とうとう3日前、福岡県の新型コロナ感染者が90人という数字が出てしまった
いつも福岡県のポータルページで近隣の市郡で感染者はいないかと確認している

24日に我が町が入る郡部に感染者が出ていたので気になっていたけど
2日間更新が途絶えていて状況が分からなくなっていた

やっと更新されて詳細を見てみると
また隣の市で感染者が出ていた

気にはなっていたけど、わかる人がいるのね
なんと結構近くの販売店のアルバイトの人が感染したらしい

じわじわと忍び寄って来ている新型コロナ
本当にいつ誰がどこで罹ってもおかしくないような状態

今日は全国で新規感染者が初めて1000人を超えたとか
そして岩手県で初めて感染者が出たとか、今までよく耐えてきたよな

長男の住む大阪は1日の感染者が最高の220人ほどだって
長男は先週からリモートで仕事してるようだからまだよかった

昨夜から今日にかけては東北で大雨、河川増水氾濫してるし
コロナの感染拡大と、今後どうなっていくんだろう…







したたかなヤツら
昨日の被害
食べ頃だったみたい



こっちはまだ青いのにどっかり座って食べていた
そして今朝はカラスが3羽で突いてきれいに平らげて…



敵もサルもの
蔓を引っ張ってスイカを引きずり出すようだ



これはカラスの仕業だろうな
まだ7、8cmの小さいスイカを食べている



あ~あ、マクワウリもやられていた
ちぎったところから違うところに持って行って



どうせならもっときれいに食べてほしいよ~(◞‸◟)




戦闘開始
ギャオエーーーーー!
猿に威嚇されること、1mちょっとの至近距離!!(>_<)

とっちん、ここで逃げてなるものかー!
チャーン、ゴングが鳴った


朝からパンパン爆竹の音がしていると思って畑の方を気にしていたら
グループじゃなく1匹でやってきて中が赤くもないスイカを食べていた

一度はどこかへ行っていたものの
しれっとまたやってきていた

濡れそぼって畑に行こうと道にいたので
上のテラスのところから追っ払おうと爆竹を手にしたところ

あれ?消えたと思ったらテラスの塀に上がってきて
目の前に猿が!の最初の場面になったのだ

目を合わせてはいけないとか言うけど
状況的に背中を見せるほうがヤバイような気がして…

思いの外デカい猿は真っ赤な顔で目をひんむき口を大きく開けてギャーギャー
テラスの雨樋をガタガタさせて今にも飛びかかってきそう

この時とっちんが手にしているのは点きの悪いチャッカマンだけ
武器にさえならないと頭では思っていた

なので、お前には負けない!という気持ちだけで立ち向かう
人間、こうなったらヤケクソになるもんだ

10秒くらいのにらめっこの後
猿はテラスから屋根に上がって行った

勝った⁈猿負けた⁈
飛びかかっては来なかった、とりあえずよかったヽ(;▽;)







午後のハス
先週の旅で今年初めてゆっくり見れたのは…



むふっ(#^.^#)
これです



午後だったのにしっかり咲いていました



きれいだ~♪



満足!満足!╰(*´︶`*)╯♡





生きたカブトガニ
カブトガニに会えたらいいな
そんな気持ちで伊万里湾カブトガニの館に行ってみました



朝イチで開いたばかりの建物に入っていくと
中にある水槽では、おおしっかり交尾しているじゃないか



それだけでも来て良かったと思ったんだけど
館のおばちゃんが「今日は1組いらっしゃってますよ」

「え⁈」最初は何のことかわからなかったけど
産卵のためにつがいが見られるということ

「えーーー!!!!」
おばちゃんに案内されて海のほうへ

途中「あ?あそこに浮かんでいるのはもしかしてカブトガニですか?」
おばちゃんはすかさず「あの方はご臨終あそばされています」

(⌒-⌒; )、そ、そうですかと言いつつ砂浜がある場所へ
「ここに1組おられます」

カブトガニさまさまの感じがよく伝わってきます
肉眼ではよく見えるんだけど…





波とブクブク出している泡で微妙な写り
こんな近くにいるのにね



せっかくだから他にもいないか、いやいらっしゃらないか
足場が作ってある先の方へと進んでみる

「いたーーーーー!」
らぼっちは気づかなかったけど、とっちんが見つけました



あら~、もっと微妙な写り
早速おばちゃんに「もう1組いらしゃってましたよ」と報告

「あら、私もこれから見に行こうとおもってたんですよ、有難うございます」
カブトガニを守る会の方であろうおばちゃんも嬉しそうでした

カブトガニは片時も離れず常に夫婦で一緒にいることから
夫婦円満、子孫繁栄にご利益があるという神社が
(^人^)

カブトガニって感じで書くとこうなるのかしら?



旅に出る前、らぼっちが
「瀕死の状態のミミズを助けたので恩返しはあるかも」

生きたカブトガニが見れたのがそうかも!なんて言っていたけど
たまたまじゃない⁈とっちんにしてみればね(´・ω・`)






長崎の福島
昨日書いた記事の最後、長崎県の棚田があるところ
実は島なんです

東松浦半島を南に下ったところにある島
佐賀県伊万里市と橋で繋がっているので佐賀と思うじゃない



福島という島
なぜらぼっちがここを選択したか、聞いてません



時間があったので宿に入る前に島を1周
昨日の土谷棚田のほかにも名もない棚田があちらこちらに







ここはつばきの島
花が咲いていないのが残念



その代わり実がたっくさんついていました



あ、そうそう
福島国家石油ガス備蓄基地なるものもありました



2008年8月に国家備蓄石油ガスの受入れ
立地地点の特色に合わせ地上低温タンク方式を取り入れているとか

基地はここを併せて全国に5ヶ所あるようで
現在、約19.5万トンの石油ガスが保管されているとのこと



そして島で唯一と思われる「つばき荘」にてチェックイン
しっかり体温チェックもありいろいろと感染予防は徹底していました



夕食を美味しくいただきました





1番乗りだった朝食も見事に完食



いつもは考えられない上げ膳据え膳で天然温泉もゆっくり入れたし
日頃の疲れを癒すことができました、らぼっちありがとう









棚田めぐり
知らなかった
佐賀の東松浦半島に棚田が多いことを

とっちんがちょっと寄ってみたかっただけだったのに
結局棚田めぐりをすることに相成りました

まずは「浜野浦の棚田」夕景が有名なところ



大小283枚の棚田が重なり合っているとか



ご多分に漏れず、放棄地もある
でもでも、何か植えてある



たぶん、ひまわり



そうであって欲しいと思いつつ…



続いて「大浦の棚田」



こちらは約30haに約1000枚の棚田が広がっているらしい



海と棚田、素晴らしい



そしてちょっと変わった「満越の棚田」



ここの道は狭くて行き止まりまで行っちゃった



海の向こうにも棚田



そして佐賀県かと思いきや、長崎県の「土谷棚田」



約400枚の水田、写真家も集う有数の棚田らしい



畦の草刈り日だったのかたくさんの人が草刈りしてた、お疲れ様





どこも田植え時期には夕陽が映えてきれいだろうな
そして黄金色の季節も♪

いろんな棚田、観るには癒されるけど維持するのは大変
農業後継者はいるのかなあ






イカ三昧
今回、旅に出たのは長崎県がGo To トラベルキャンペーンに先駆け
「ながさき癒し旅 ウェルカムキャンペーン」をスタートしたのもあったから

県をまたぐ移動自粛が緩和となったのは6月19日
3月の2泊3日の旅行がキャンセルせざるを得なくなってくすぶっていた

そこでお出かけしたくてたまらなかったらぼっちが先月末に1泊の宿を予約
緩和からひと月もすればかなり落ち着くだろうと…

今また第二波と思われるコロナ感染者がここまで増えるとは思っていなかった
大丈夫か?と不安はあったけど、車なので十分気をつけて出発



ナナカマド…ではなく七ツ釜を堪能して遊覧船が戻ってきたところ
やっぱりここ(呼子)に来たらイカ!でしょ



「今、イカが獲れんらしいから食べれんかも」とらぼっち
それならそれで仕方ないよね

案の定、歩いて行ってみた有名店は休業の看板
途中開いていたお店は1時間半待ち

ありゃ~、やっぱり食べれないか…
とぼとぼ歩いて通りの端っこに開いてるお店発見!

入ってびっくり、お昼時なのに人がいない
これって…もしかしてイカじゃないメニュー?一抹の不安がふつふつ

お店の人にイカの不漁を問うと「獲れてますよ」
え~?あれだけニュースでも話題になっているのに?

イカはあるらしい
もちろん、活き造りのコースを注文



コリコリ、ケンサキイカやっぱり美味しい~!
色が変わったりゲソが動いたりを楽しみながら(#^.^#)

そして、肝とゲソのお造りが出てきた
何度もイカの活き造りを食べてきたけど、これはお初



初めてこういうふうに食べた肝は誠に美味
そしてゲソ、吸盤が舌や上顎にへばりついて食べるのにひと苦労

らぼっちと笑いながらも、変顔をする羽目に(^^;;
ついさっきまで生きていたので小さい吸盤でもかなりの力

あとは全然しつこくない天ぷらと



らぼっちベタ褒めのイカ焼売



いやー、満足、大満足!
1時間半も待たなくて良かった~



今日から始まったGo To トラベルキャンペーン
見切り発車状態でどうなることやら、とっちんたちは何も言えないけど…


神秘の洞窟
おおー!凄い!!



柱状節理のてっぺん
このポコポコがたまらん



らぼっちが行きたいと言ってた、ここは「七ツ釜」
それなのにらぼっちはずっと「ななかまど」と間違って言ってた(◞‸◟)



実はここに来たら遊覧船に乗れると思っていたのに乗れなくて
上からの景観を見ていたら、あれ?遊覧船が…



行きたいと言う割には今回下調べしてなかったらぼっち
行き当たりばったりでイカ丸に乗船



いざ!!



これは眼鏡岩、らしい



こんなところで釣り、考えられん…



さて「七ツ釜」



陸からも良かったけどここまでは見られないもんね





入るぞー!



おおおおおーーーー(*≧∀≦*)!!



真上はこんな感じ



人が結構乗っていたのになんで上に出てこないんだろう





あ、きれいな六角形みーっけ!!



いや素晴らしい



この海洞は向こうまで続いているとか…
あらホントだ!



どこを見ても凄い凄いの連発



さすが国の天然記念物だわ









いいのか⁈
土曜日は…
ここを突っ切って…



ここも突っ切って…



ここも突っ切って…



こんなところに…








祝開通
今日開通したばかりのバイパスを通ってみた
途中までは随分前にできていたけど、やっとといった感じ



ほうほう、開通した区間は信号がほとんどなくてなかなか快適
これで買い物も楽になる








一番成りスイカ
昨日のスイカを切ってみた
猿より先に一番成りを食べなくちゃ!



あら?割れてる、タナ落ち気味?ンなわけないよね
味は…?

うん、このままで食べれなくはない
甘いといえば甘いけど、足りない

ぬか漬けだな(^^;;






また来た
招かれざる客が…

畑の上側で草刈りしててそれなりの音を響かせていたのに
その間に大きいやつが6、7頭



下の畑でトウモロコシにむしゃぶりついていたので近くまで行って
上の土手から草刈機の爆音をさせて振り上げるとやっと散り散りになった



トウモロコシは今朝、これはというのを2本採っていたので
もう仕方ないか、と諦めもついた



けど、よくよく見たら…
ナスも枝豆も食べられていた





きれいに鞘を剥いて(-_-;)



まだ半分以上残ってはいたので、すぐさま根元から全部採った
猿の残り物を人間がいただくという羽目に

先日2株は食べていたので猿に先を越されるということはなかった
そういえばトウモロコシもナスも先に我が家では食べていた…

近所のおばちゃんは何もかもやられたと嘆いて
爆竹持ってあっちこっちに追いかけて行った

あっ、そうだった!一番なりの大きいカボチャを3、3日前に採って
勝手口の台の上に隠して置いたのも夕方にはしっかり無くなっていた、悔しー!

その話を仕事から帰ってきたらぼっちにすると
「スイカとマクワウリも明日にはやられるから採ってこよう」



スイカはマダーボールだし、ウリもどっちも大きさは十分
スイカの蔓がまだ枯れてなかったので問題は中身だな

明日切ってみて赤ければいいけど
そうじゃなかったら、ぬか漬けだな

猿も来たら来たで挨拶してくれればちゃんと分けてあげたのに
「ホー、ホー」って

知ってた?猿って「キャッキャッ」とか「キーキー」とか言わないで
「ホー、ホー」とか「ヒューヒュー」って鳴くの

しかし今回の猿はどれも大きかったなあ
爆竹で随分脅かしたけど、ヘでもなかった

ちょっと痛い目に遭わせないと同じことが何度でも起きるよな
何かいい案はないものだろうか







この花は…
裏の畑の石垣に白い花が見える
そこはユキヤナギがあるところ

まさか、ユキヤナギが狂い咲き?
それにしては花の付き方が違う



なんだ?もしかしてフジ?
フジにしても時季が違うけどね

近くにフジがあるわけでもないのに
突拍子もないところから蔓を伸ばしてくる

ツワブキやユキヤナギ、それにフジ
取っても取っても出てくる、厄介なヤツたちだ








いつのまにか巨大
我が家で採れたズッキーニですが、なにか?







雨よ、止んで!
令和2年7月豪雨
今回10日くらい前から降り続いた大雨がこう名付けられた

今年の梅雨前線による大雨は長く、日本列島の広範囲に影響を及ぼし
ニュースを観る度に被災地が増えていき犠牲になられた方々も多くなっていった

雨が止んでの片付けもショックと暑さで精神的に肉体的にも
疲労困憊の様子が見てとれ、ただただ無理されないようにと心配している

コロナのせいでボランティアも人数が限られているとか
そして無情にも今日もまた被災地に大雨が降るという予報

もう大雨は嫌だ!
太平洋高気圧、頑張って!
















猿騒動
昨日の夕方、すぐ近所で「バババババン、バババババン」と爆竹の音
「え、猿?」ちょうど外にいて見渡すけど姿は見えない

「違ったんじゃない?」
たいして気にも止めず夜を迎える

そしたら朝食準備ができた6時前
またすぐ近所で「バババババン、バババババン」と爆竹の音

早朝から賑やかだなと思っていたら
「猿がおる」とトイレの窓から外を見ていたらぼっちが叫んだ

あれま!ホントに猿がいたんだ



最近はやりたい放題
所構わず歩いたり登ったり作物を盗み食いしたり



猿たちを見ているらぼっちのそばから我が家の屋根へ( ̄◇ ̄;)



棒を振り回しても大きな音をたてても驚きもせず堂々としてる
お隣さんが数ヶ所で爆竹を鳴らしたので猿たちは山へ



朝食後、らぼっちが歩きに出かけて畑の前を通った時
LINEで画像を送ってきた、やられた(/ _ ; )



家から反対側のネットが緩んでいるじゃない
でもまあ4、5本のようだから仕方ないかと…

ところが!



こんな陰でコソコソとやってくれてるじゃないの!
しかも5本以上、くーーーーー!(>人<;)

昼食には猿が折って取りきれなかったとうもろこし2本が食卓に
なんだかこっちがおこぼれ頂戴的な形となった



今日採ろうとしていた大きなトマトも!
どうせならかじるだけじゃなく全部食べろよ、腹立たしい( *`ω´)



猿たちも忘れた頃にやってくる
災いみたいに…




夏の味覚が…
またまた昨日も書いた茗荷の話
裏の畑で一段と生長著しく広がる茗荷に異変が…



いつぞやは義母が草取りを完璧にしたため全く茗荷が採れない年があった
でも今回は歩き回り根っこ辺りをかじって茎が折れている

どうやらこれはアナグマの仕業か…
もしかしたら人間さまがいただく茗荷を食べてしまった?

こりゃいかーーーん!
と、違う目的で買っていた網で防御



サツマイモだけじゃなく茗荷も網だなんて…
敵はたくさんになったぞ、やれやれ(◞‸◟)







物忘れ無し
庭の白南天の下に茗荷
どうしてこんなところにあるんだろう



誰も植えた形跡はないのに毎年出てくる
抜いても抜いても出てきて3個くらいは収穫できる

3年前、ここの茗荷を数本だけ裏の畑に植えた
見事に生い茂って今では買わずに助かっている

だからここにはもう要らないのにしつこく出てくる
どうしたものか…





あれもこれも
ヤバイ!ヤバイよ!

昨日義伯母のかかっている病院の職員が新型コロナに感染したと発表された
発症日の日に義伯母が受診したのよね、ゲゲッ!(>_<)

うっそ~、29日に診察に行ったよ
60代の男性看護補助職員らしいけど外来には関係ないんだって

とりあえずは検査しなくていいかなとは思うけど
大丈夫かな、その病院…

この土日には同じ郡内に3人の家族が陽性になっていたし
なんだか知らないうちに忍び寄ってきてるコロナ

どっか行ったんじゃないの?東京とか…
検査を増やしているとは言うけど、地方にも徐々に広がっている

水害も心配だけど、コロナも気になる…









今夜も心配
朝から我が町に土砂災害警戒情報のレベル4が出された
住んでいるこの地域もハザードマップでは危険区域になっている

「ここはあんまり降らんきいいね」と義母は
「お義母さん、そんなこと言っとる場合じゃないかも」

ここも過去に水害があったと今でも自分で言ってるのに…
前野の家だった時で幸い家には影響がなかったらしいけど

横の水路はその頃、溝で草が生い茂っていたのをとっちんも覚えている
そこに直径が1m近くある石が流れてきたというから凄い



それなのに「ここはいい」の言葉はないわ
「今はどこがどうなるか分からん状況でしょ」と言うと「そうやね」

その後、義母はテレビを観ていても「うわー、大変、かわいそう」
今日もまだ人ごとのような言葉に呆れてしまう

そんな話をしていたらけたたましいスマホの音
この地区にレベル3の避難準備、高齢者避難開始の緊急速報だった

でも、前にもコレが発令された時に義母も義伯母も避難させていない
らぼっちからも大丈夫か?と会社から電話をしてきた

高齢者2人抱えているから少しでも周りに異常があったら連絡する
もうそれしかないと言って電話を切った

その後急に居間の隅に雨漏りが!(OvO)
でも急に来たと思ったら急に止まった、なんでだろう?



今日もまた朝からテレビの中継で河川カメラの映像をずっと見ていた
だんだんと大雨の地域が広がっていき午後は中部地方でも被害が出たという

大雨はまた今夜、九州地方を襲うという予報
これ以上被害が出ないことを切に願う

とっちんは午後になって雨が上がった時間に、それ行け!とばかり畑に
大雨に打たれた野菜も気になるし、収穫しないといけない野菜もたくさん

そして採れた野菜はこんなに!
ズッキーニはほぼヘチマ、トマトは大量



どうやって冷蔵庫に入れよう…( ;´Д`)
考えに考えてどうにか納めた





特別警報
良いことあるかと昨日ちょっぴり思ったのに
早朝かららぼっちが腹痛でトイレ通い、不吉な予感…



やっぱり・・だった
朝のうちに大雨警報が出た

ガビチョウもハナモモに雨宿り



それくらい午前中は大雨だったり小康状態になったり
ヤバイんじゃないかと思ったのは午後



昼間なのに暗くなって横の水路がゴーゴーと音を立て始めた
裏山の里道はザーザーと水が流れ、すぐそこの山が雨で見えない



またしても線状降水帯が北部九州に発生
これ以上水害が起こるのは勘弁してほしい

どうか大きな被害が出ませんように
命を守ることに最大限の行動を!




聞こえた
昼前にせみの鳴き声を聞いた、今年初!
春ぜみの鳴き声を聞いてなかったので「おっ⁈」と思った

そしたら夕方、今度はひぐらしの鳴き声
こちらも今年初めて

今日1日で初めてがふたつ
なんか良いことあればいいけど…








また集中豪雨
朝から大変なことに!

球磨川が!

芦北が!人吉が!球磨村が!津奈木町が!

またしてもこんな水害…

あそこが!

ここが!

知っている場所が無残な姿になっていた

この時期が線状降水帯になりやすいんだろうか

毎年水害がどこかで起こる

新型コロナも心配されているのに

これ以上日本を苦しめないで欲しい







犬っころ草とも言う
猫じゃらしがいっぱい



何を隠そう、ここはかぼちゃの畑
く~、いつの間に…(ーー;)



この種が落ちるとまたとんでもないことになる
かぼちゃ救出せねば!



エビスかぼちゃ



ミニかぼちゃ



大きくなあれ!!





実がかわいいのに
ない!

ひとつもない!

見事にない!



ヤマモモが赤くなる時季だというのに
実は全くありません



らぼっちが剪定し過ぎたからなあ
来年に期待…いや来年も同じ運命かも(-。-;








7月だあ~
「今日は(デイケアに)行く日かね?」
朝食後に義伯母が聞いてきました

「今日は水曜日!」
とっちんは、行かないとは言わず曜日を伝えます

「行く日?」と、また聞くので
「水曜日!」とっちんはちょっとは考えて欲しくて再度言います

「行くのは月曜日と木曜日だったかねえ」
ちゃんとわかってるじゃないの(^_^;)




そしてーーー!
今日からホームでのバド練習が再開、4ヶ月ぶりですわ

4日ほど反対隣の市の体育館でバドをしたけど
大きいだけに良かったり悪かったり…

やっぱりこの体育館がいいわあと改めて感じる
慣れているし明るいし

だけど明るければ明るいで困る
シャトルがたまに消える(見えなくなる)のよね

ま、そんなことはどーでもいい
いつものメンバーでシャトルを追うのは楽しい



隣町ではこんな団扇も作っていた
余裕あるのね~(´ω`)








Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog