七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
「石手寺」だけってどういうこと~? お疲れさん旅行⑧
昨日の義父は、足の痛みはそれほどではないものの
象さんのように膝下が赤くむくんでいて、とても不安がっていました

今日、仕事が休みのらぼっちとふたりで病院に着いたとき
駐車場でらぼっちの妹夫婦とバッタリ会ったので、4人で病室に・・・

すると、ベッドの上でこっくりこっくりしていた義父が「今日は抜糸した」と
突然のことだったのでびっくり、順調に回復しているってことよね?

思わず足を見ると、まだ多少のむくみは残っているけど
赤みもとれて、本人も言ってたようにかなりいい感じに思えました

足の調子は日によって良かったり悪かったり
それによって義母の精神的な具合も上がり下がりしているよう

60年近くも連れ添うとそんなふうになるんでしょう
明日も今日のように笑って話せるといいなあ


さてと~、旅行の続きです
道後温泉での宿泊は道後温泉本館の近くの小さな旅館でした

最初通された部屋は・・・ま、こんなもんかな~って
そしたら、お遍路さんじゃないとわかって違う部屋に移動したんです

へ?なに?部屋が二つになっちゃったよ(;゜0゜)
待遇違うのかな~、夕飯も?

280423 玉菊荘1

お遍路さんだと思しき方々がいらしたけど、違うのかどうかまじまじ見れなかった
さすが愛媛、鯛めしにみかんが入ってる~、美味しかった~♪

280423 玉菊荘2

次の日、8時前に宿を出発して寄ったのは、すぐ近くの「石手寺」

280424 石手寺1

ご本尊は薬師如来、四国八十八箇所霊場の第五十一番札所
通称「お大師さん」と言われているそう

280424 石手寺2

境内入口には、正座をして泣いているように見える衛門三郎の石像
この人にはなんだかいろいろと良からぬ話があるようで・・・

280424 石手寺3

おお~、こういうの好き

280424 石手寺4

280424 石手寺5

国宝の仁王門(*゚Q゚*)

280424 石手寺6

なのに、なのに、仁王さんの写真はこれだけ・・・なんでだ
らぼっち、なに頭掻いてんの?

280424 石手寺7

そして、2人してこれに釘づけ。゚(゚´Д`゚)゚。

280424 石手寺8

大きさもさることながら、これもスゴイ!!

280424 石手寺9

願掛けの大草履、健康健脚になると言われるのに
2人とも願をかけ・・・・・なかったのよね~(笑)

280424 石手寺10

三重の塔、なんか写りがへん(;'∀')

280424 石手寺11

本殿の裏手(本堂の写真・・・なし^^;)にあるマントラ洞と呼ばれる洞窟に入りま~す

280424 石手寺12

悟りのまえに、コ、コワイ・・・

280424 石手寺13

絵馬堂だったかな

280424 石手寺13-1

大師堂

280424 石手寺14

悪いところが治るという「香炉」、う、これもパスしちまった(´Д;`)

280424 石手寺15

あ、これが本堂、お遍路さんがいっぱい

280424 石手寺16

で、どうしてこの「石手寺」に来たかというと
ここだけで八十八ヶ所すべての霊場をまわったことになるとらぼっちが言うから(^^;;

さっきの三重塔周りには八十八カ所霊場と高野山金剛峯寺境内の砂の袋があり
それを撫でて四国霊場八十八ヶ所をまわったことにしようという安易な考えだったのです

280424 石手寺17

巡礼は、一番札所から番号順に巡る「順打ち」が一般的な方法
八十八番から巡礼することを「逆打ち」といい、順打ち3回分のご利益があるんだとか

その他にもいろんな巡り方があるみたいだけど
いくら時間がないといっても、石手寺だけで済まそうなんてね~(゚△゚;ノ)ノ

いいことがなさそう・・・と思いながらも
車はいずこへ~??

280424 石手寺18







<石手寺>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

昼の館、夜の館~♪お疲れさん旅行⑦
大雨という予報通り、今朝は降る降る、すごい土砂降り
当然のごとく大雨洪水警報が出ていました

我が家でも歩けるところの庭は一面が池、裏の細い山道は川
横を流れる山からの水路はゴーゴーと轟音で流れていってました

そんな中土砂災害警戒情報で、わが町の2地区で避難勧告が発令されたことで
スマホがけたたましく鳴り、20分くらい遅れて町内放送が流れました

もうすぐ梅雨が明けるこの時期に多い集中豪雨
またかという思いだけど、九州にこれ以上降らないでほしいもんです


さて、道後といえば
言わずと知れた坊ちゃん湯、「道後温泉本館」でございますよね〜

280423 道後温泉本館5

どっしりとした構え、わが国最古の温泉ですから当然でしょうか
木造三階建ての堂々たる建物です

280423 道後温泉本館1

重要文化財、風格ありますね~

280423 道後温泉本館2

屋根が複雑に重なってる~♪

280423 道後温泉本館3

どの角度から見てもいいわ~~~(*´∀`人 ♪

280423 道後温泉本館4

280423 道後温泉本館6

本館上の振鷺閣(しんろかく)には白鷺が!

280423 道後温泉本館7

足に傷を負った一羽の白鷺が岩間から噴出する温泉に足を浸したら傷が癒えた
有名な伝説、時刻を告げる「刻太鼓」も見えています

280423 道後温泉本館8

近くにあるこの日のお宿で夕食をいただき
夜は入浴のために、再度訪れました

280423 道後温泉本館9

また違った趣があります

280423 道後温泉本館10

280423 道後温泉本館11

むふ、ヘタなライトアップよりもこっちが良い(´∀`*)v

280423 道後温泉本館12

昼といい夜といい、ま~人が多いんでございますわ

280423 道後温泉本館13

え、お風呂?
もちろん入りましたとも(*^▽^*)

280423 道後温泉本館15

ただね、神の湯のみ・・・
2階や3階の休憩室は利用せず、なので写真もありません

280423 道後温泉本館14

こういうところをケチる熟年のお疲れさん旅行なのでありました~あはっ(^^;;







<道後温泉本館>
[アクセス] 地図はコチラ



テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

お茶を食してクルリンパ~♪お疲れさん旅行⑥
今日の病院、ベッドに座った義父はまだ痛いと言って顔を伏せていた
ん~~足の腫れも昨日より酷い、見てるのも辛くなる

点滴の針跡もさることながら、内出血が痛々しい
だからか、「もう検査は嫌だい」と言う義父を甲斐甲斐しく世話をする義母

「こっちの手から入れなはい」、いちいち言われる義父も「も~~!」
子供じゃないんだから、着替えくらい自分でできますって(^^;;



さ、今日は順調に昨日の続きです♪

四国に渡った熟年ふたり、なぜか計画していた今治城をパスしたらぼっち
で、早めに松山に行って、松山城へ・・・

え?松山城もパス?
何を考えているんだか、未だによくわかりません

で、ここにやってきました

280423 茶楽0

と、いうことは~v(o゚∀゚o)v

お茶です!(笑)

片岡鶴太郎さんの文字が躍るお店、「茶楽」さんで
顔に似合わず、お茶を愉しむなんていう風流な計画を立てていたらぼっち

280423 茶楽1

滅多にない玉露なんていうシロモノをふたりして注文
ここは山田まんじゅうさんに併設されたお店、とても素敵な器で出てきました

280423 茶楽2

茶葉にたいして使う言葉じゃないと思うけど、きれい~~♪

280423 茶楽3

らぼっちは一煎目からお湯を入れ過ぎ!
冷まして使うので、全部注がないとね(ノω`*)ノ

280423 茶楽4

それにしてもこのおまんじゅう、お上品な甘さでございます
あの~、もう少し大きいおまんじゅうないですか?(笑)

280423 茶楽5

メニューにあるように、徐々にお湯の温度を上げて五煎目まできちんと味わいました
が、らぼっちは「味の違いがよ~わからん」・・・・・・だめだこりゃ(;゜0゜)

280423 茶楽6

さて、ここからが本番
お店の方を呼ぶと、すぐに茶葉を違う器に移してもらいます

280423 茶楽7

この茶葉をポン酢醤油でいただくんです(´∀`*)

280423 茶楽8

これがなんとも美味しいんです
苦味もなくさっぱりと、なにかの青菜を食べているようでした

ついでに「ほうじ茶プリン」と「名水しるこ」も♪

280423 茶楽9

280423 茶楽10

味に疎いらぼっちにしては最高の選択だったわw
むふ、至福のひとときを味わっちゃった(*^_^*)

それからこちらの方に歩いたのは・・

280423 からくり時計1

もうすぐ5時だから~

280423 からくり時計2

ぐぐぐ、人が多くなってきたぞ、あ、始まった

280423 からくり時計3

ん、マドンナ?

280423 からくり時計4

いや~ん、凝ってる~(*゚ェ゚*)

280423 からくり時計5

えっと~、どれが誰?いっぱい居過ぎてわからないし・・・

280423 からくり時計6

おもしろいじゃない

280423 からくり時計7

あ~、もう終わり?

280423 からくり時計8

正岡子規像、「坂の上の雲」を思い出すな~

280423 からくり時計9

ちょっと寄ってみたかった石段
らぼっちが「そんな元気はない!」と突っぱねたので、通り過ぎました~(^^;;

280423 からくり時計10

次はあそこよ~!(*^^)v








<茶楽>
[アクセス] 地図はコチラ




テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

海賊のお城だって~♪お疲れさん旅行⑤
昨日、今日の義父は痛みから解放され晴れやかな顔をしていました
一昨日はどうなることかと思っていたけど・・・

最初からみんなの言うことを聞いてくれていればね~
夜中寝られないほど苦しむことはなかったのに

なんせ昭和ヒトケタ生まれ、思い込みも激しい
担当の先生からもちゃ~んと頑固もんのお墨付きまでもらってしまったし(^^;;

昨日は「寿命が延びたような気がする」と、のたまった
ほ~、変われば変わるもんだ

今日は隣組の方々のお見舞いをご機嫌で受けていた
このままリハビリもうまくいきますように!



さて、ひとまず状況もよくなったということで
お疲れさん旅行の2日目のお話とまいりましょう

尾道から、しまなみ海道を渡ります
向島を通過して、下りたのは因島

280423 因島1

ほえ~~~!
行き先案内板をも見落とす勢いの「万田発酵」の看板あり

280423 因島2

らぼっちはここで何が見たかったのか・・
これでした↓

280423 因島3

藤の花が満開できれい~~♪

280423 因島4

おっと、そこじゃないって?
なによ、この水軍って・・・

280423 因島5

日本で唯一の水軍城、村上海賊(村上水軍)の資料を見たかったらぼっち
ありゃりゃ~?時間が早すぎて開いてな~い(;´∀`)

280423 因島6

1時間以上も待つ気などさらさらないらぼっち、門の前であっちゃこっちゃから記念撮影し
近くにある村上水軍代々のお墓も撮りまくって、次へ

280423 因島7

時間潰しに行こうとしたのは「因島公園」、ナビに従うとだんだんと心細い道に・・・
農作業中の方に聞くと、どうにか行けるだろうって・・・ホント?

280423 因島8

う~ん、細くなった道でまたまた険悪な状況になったふたり
その気持ちを癒すまでの風景ではなかったかな、あはは

280423 因島11

280423 因島9

280423 因島10

続いて下りたのは、生口島を通過して大三島
なんでもお宝が観られるって、らぼっちの話・・・

280423 大三島1

へえ、神社で?

280423 大三島2

この木は・・・

280423 大三島3

おお、ここに最古の楠が!!

280423 大三島4

そしてこちらも、国の天然記念物♪

280423 大三島5

280423 大三島6

日本総鎮守の神額が掲げられた鳥居も撮ってないし
拝殿の写真もこれだけ・・・

280423 大三島7

お宝が収められている紫陽殿や国宝館の外観すら撮ってない、というより
国宝がたっくさんというらぼっちの話の割りには、2点しか確認できなかったよ~(;д;)

280423 大三島8

仕方ない、この上で記念撮影じゃ~~(*’U`*)

280423 大三島10

それから伯方の塩で有名な伯方島を渡り、大島へ
「村上海賊の娘」を読んで行きたくなったと言うらぼっちさん

280423 大三島11

ここもと寄ったところが「村上水軍博物館」、とっちんはもちろん写真は撮ってない
撮ったのは能島水軍のあった能島

280423 大島1

ほら、なんとなくそれらしい痕跡がわかるでしょ?

280423 大島2

ここでらぼっちは潮流体験の観光船に乗りたかったみたいだけど、とっちんはパス
そしたら他に客もいなかったようで、結局船は出ませんでした(´・_・`)

ごめんよ、らぼっち・・・
とっちんはこの島々での計画にはまったく興味が湧かなかったのよ

さて午後2時もまわったし、そろそろ四国に上陸することにしましょかね~(o‘∀‘o)*:◦♪

280423 大島3







<因島水軍城>
[アクセス] 地図はコチラ

<大山祇神社>
[アクセス] 地図はコチラ

<村上水軍博物館>
[アクセス] 地図はコチラ





テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

無事に終了
とりあえず今日、大きな山を越えた

280707 空2

ここからが正念場!!

280707 空1

頑張るしかない!!







テーマ:日記 - ジャンル:日記

尾道でタイを感じた夜~♪お疲れさん旅行④
天気が良かった今朝は洗濯物や片付け、掃除が忙しかった~
その後、義母はバスで歯医者へ・・・車で送ることはしないのです

「バスに乗らんと廃止されるき」義母の自論
地元のことを思っての行動、素晴らしき精神(*^^)v

早めのバスに乗ったのは、町の中心部を用事でうろうろ歩くとのこと
歯医者が終わったら携帯で連絡があるはず・・

鬼の居ぬ間に・・・・・あ、いえ・・・優しい義母がいないので
この記事を書いています

迎えに行ってそのまま義父の病院へ行き
義母と2人、ランチにでも行こうという予定になっています(o‘∀‘o)*:◦♪



さて、お疲れさん旅行③から10日も経っちゃっいました
なので、まだ初日の夜のお話でございます(^.^;)

岩国、呉、竹原と飛び飛びで廻ってきて、ようよう到着したのは尾道のホテル
初日から半端ない移動距離ですな~

ひょ~、びっくらこいた!!
間近に尾道城よ~~~♪

280422 尾道1

トゥクトゥク?こりゃまた、アジアンチックな(*’U`*)
初日からおもしろいところを選んだわね、らぼっちさん

280422 尾道2

ふむふむ、なんだって?と言いつつ読んでない(笑)

280422 尾道3

全室オーシャンビュウらしいですぞ
だからビュウホテルなんだ(^^;;

280422 尾道4

夕焼けには遅かったか、着いたの6時半だもんな
4月の夕暮れは早かった

280422 尾道5

向島との尾道水道にかわいいフェリーが行きかっている~

280422 尾道6

黄色い電車も通って・・・

280422 尾道7

20分後、月が見えてきた

280422 尾道8

そして、夕飯へ

280422 尾道9

食事はタイ料理~(#^^#)
まずはタイのビールでしょ♪

280422 尾道10

これ、何かの魚、だったような・・・

280422 尾道11

これスープ、後を引く美味しさ

280422 尾道12

この魚は辛かった、結構大きかったけど完食

280422 尾道13

炒めもの?だったかな(笑)

280422 尾道14

グリーンカレーが自慢のこのお店、はい絶品でございました(*^^)v

280422 尾道15

タケノコのシーズンだったもん

280422 尾道16

デザート、素朴な甘さで大満足でした

280422 尾道17

夜の帳が下りると、ロマンチックな光景

280422 尾道18

そして、朝は幻想的な光景に

280422 尾道19

あ~、食べてお風呂入って寝るだけだった尾道市街

280422 尾道20

歩いてみたかったな~。゚(゚´Д`゚)゚。








<ビュウホテルセイザン>
[アクセス] 地図はコチラ



テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog