七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
歴史を感じさせる二重屋根の駅舎♪ 平成筑豊鉄道田川線 「油須原駅」
今日は久しぶりにグループでの農作業の日、里芋を植えました(*^^)v

今日集まった9人のうち、鍬を使える人間が3人っていうのもちと辛いもんがあるけど
それはそれで仕方ないというもの、とっちん汗だくになりました(^_^;)

先月植えたじゃがいもは、これでもかとたくさん芽を出し緑の葉を茂らせ
今月初めに植えたかぼちゃの苗もマルチの中で大きく育っています

これからはひたすら草取りのシーズンに入ります
今日は我が家のまわりの草取りもしたけど、やれやれといった感じ

草取りって取りながら座ったまま動くので、結構膝に堪えるんですよね(>_<)
膝を痛めないよう気をつけて雑草と戦いたいと思います



さて、らぼっちの実家からの帰り道に寄り道したところがまだあったんです
タイトルにある平成筑豊鉄道田川線の「油須原(ゆすばる)駅」です

実は先月も寄っていたのですが、アップしそびれていました
なぜかって? それはね~

記事にあげようと思って何かを見た時に
行っておかなきゃならないものを見つけてしまったからなんです

この平成筑豊鉄道田川線は初代豊州鉄道によって
行橋 - 伊田(現在の田川伊田)間の全線が1895年(明治28年)に開業、来年が120周年!

石炭を苅田港などへ運搬するために敷設されたものですが
1987年にJR九州に承継された後、1989年に平成筑豊鉄道に転換された路線です

一般公募とした社名は1989年1月7日が社名決定日ということで
新元号「平成」が発表されるや否や、急遽「平成筑豊鉄道株式会社」に決定したそうです

ま、とりあえず先月の「油須原駅」をば・・

260219 油須原駅1

1895年(明治28年)に豊州鉄道の駅として開業、相対式ホーム2面2線を有する駅
無人駅ですが、駅舎は開業時からのもので貴重な存在なんだそうです

260219 油須原駅2

ありゃ?これって旅行者の忘れ物?いまどき?
先週行った時になかったってことは、う~~ん(?_?)

260219 油須原駅3

260219 油須原駅4

オバちゃん達が話していた、ここはなに?

260219 油須原駅5

まわりをぶらぶら(*^_^*)

260219 油須原駅6

260219 油須原駅7

260219 油須原駅8

260219 油須原駅9

260219 油須原駅10

260219 油須原駅11

260219 油須原駅12

260219 油須原駅13

260219 油須原駅14

折よく列車がきました
ん?なにか描いてある~

260219 油須原駅15

平成筑豊鉄道のキャラクター「ちくまる」のラッピング車両でした
411号「ちくまる号<グリーン>」 というんだそうです

260219 油須原駅17

260219 油須原駅18


先月はこれで満足していたんです
先週の「油須原駅」はこんな感じ(#^.^#)

260328 油須原駅3

260328 油須原駅2

260328 油須原駅4

だけど、来年120才を迎えるのは駅舎だけじゃなかったんですよね~
続きは明日にしましょう(^^ゞ






<油須原駅>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

寄り道は以前住んでいた所の近く♪ 知らなかったよ「巨瀬川の桜並木」
今日は県外までお出かけしてきました
いつものメンバーで、と言いたいところですが、ひとり足りなかった

日曜日なのにご出勤の方を置いて、3人の女子(この歳で女子と言っていいのか?^^;)が
大分の女子と合流して花に食にと満喫してまいりました

楽しかった~、美味しかった~、きれいだった~ヽ(*^∇^*)ノ
どんな話かはまた後日・・


今日も昨日と同じ寄り道のお話です
それは今日、もしかしたら行くかもしれなかったところ

今日は雨の予報だったので、急遽取りやめになりました
らぼっちの実家から帰るのに、ちょっとばかりはずれると行けるのでした

話に聞けば、結構有名な桜並木があるということでした
それにしても25年前、この近くに住んでいたのに知らなかったな~

ていうか、その頃が桜を植えた頃だったんだろうね
さくらのさの字も聞かなかったもん

期待大で目的地に着いたのは、なんと午後5時
写真映えなんか期待できるはずもないし、おっかなびっくりのラボも連れている

ま、いいかロケハン、ロケハン♪

う わ~~~~~~~お!
なんじゃこりゃ、長~~~~~~~~~い桜のトンネル(^○^)/

260328 浮羽巨瀬川桜並木1

ラボはまったく興味がないみたいだけど
とっちんはおもわずスキップしたくなっちゃった(*^^)v

♪み~ぎ~を~向いて~も

260328 浮羽巨瀬川桜並木3

♪ひだり~を見~て~も

260328 浮羽巨瀬川桜並木2

続いてる桜並木
巨瀬川(こせがわ)の南側に延びる約2kmに渡って約1000本の桜が咲き誇っています

260328 浮羽巨瀬川桜並木5

ちぇ、ちぇ、やっぱり太陽が上にないとダメだべ(>_<)

260328 浮羽巨瀬川桜並木7

仕方ない、今日もつまんない写真をどうにか駆使して
現場の雰囲気だけでも掴んでもらおう~っと♪

260328 浮羽巨瀬川桜並木6

260328 浮羽巨瀬川桜並木8

260328 浮羽巨瀬川桜並木9

260328 浮羽巨瀬川桜並木10

260328 浮羽巨瀬川桜並木11

260328 浮羽巨瀬川桜並木12

260328 浮羽巨瀬川桜並木13

260328 浮羽巨瀬川桜並木14

260328 浮羽巨瀬川桜並木15

260328 浮羽巨瀬川桜並木16

260328 浮羽巨瀬川桜並木17 

260328 浮羽巨瀬川桜並木22

こちらは近くにあった桃の花~(#^.^#)

260328 浮羽巨瀬川桜並木18

260328 浮羽巨瀬川桜並木19 

よ~く見ると、近辺の山にもたくさんの桜が見えるじゃな~い!

260328 浮羽巨瀬川桜並木20

260328 浮羽巨瀬川桜並木21 

そしたら、やっぱりどのくらい長いかを見てみたくなって
ちらっと山のほうに上ってみました

う~ん暗いな~、もう6時だったもんな(>_<)
真ん中の端から端までが桜並木なんだけど・・・

260328 浮羽巨瀬川桜並木23

うきはは桜の花、桃の花が満開でピンクピンクしていました

260328 浮羽巨瀬川桜並木24

うう、消化不良だったな、寄り道が多過ぎたからね
来年はみんなで来てお花見したいもんだわ(^_-)-☆

260328 浮羽巨瀬川桜並木25 






<巨瀬川の桜並木>
[アクセス]地図はコチラ



テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

知る人ぞ知る?通りがかりの枝垂れ桜
やっぱり雨でしたね~
満開だった桜はいたるところでハラハラと花びらが舞っておりました

哀しいかな、散った花びらは真下で静かに雨に打たれていた
う~ん、あまり見たくない光景だったな

だから今日は、昨日らぼっちの実家からの帰り
いつもと違う道を通っていて、思わず車を止めたところのお話

260328 枝垂れ桜1

真下からなので、ここからの写真はイマイチですが
遠目から高台に咲いているこの枝垂れ桜は、寄らなくちゃと思わせるものがありました

優に車も通れる幅の急坂を登ると
ありゃま、『関係者以外立ち入り禁止』の文字のついたチェーンが張ってあった(-.-)

これって、車で入っちゃいけないってことよね
と勝手に解釈したとっちん、あらよっと跨いで入っちゃった(よい子は真似しないように!)

260328 枝垂れ桜2

260328 枝垂れ桜2-1

おおー、思った以上にスゴイんじゃ?v(#^.^#)v
ん?なんじゃこの建物は・・・

260328 枝垂れ桜3

あれれ?ここ、どこそこ草が踏みしめられています
やっぱりみんな観に来てんジャン、なんだなんだ心配して損した(^^ゞ

それにしても見事です♪

260328 枝垂れ桜4

260328 枝垂れ桜5

260328 枝垂れ桜6

もうね、貸切だと思って「凄いよ、いいじゃん」とブツブツ言いながら撮ってたんです
そしたら、誰もいないと思って振り返るとなんと人影が・・・

260328 枝垂れ桜7

げげ、げげげ~~~っ!(@_@;)
いつからそこに??声をかけてよ、幽霊かと思ってビックリするでしょ

だって、お墓らしきものがあったんですよ
あの建物の横に・・・

後で写真を見たら、ちゃんと写っていらっしゃった(・・;)

260328 枝垂れ桜9

え、わかんない?
ほら、ほらここよ(^_^;)

260328 枝垂れ桜9 -1

間違い探しじゃあるまいし
わかんないよね~~~(ーー;)

聞けば、とっちんと同じで通りがかったからとおっしゃってた
う~ん、下にあったバイクがこの方のものだったのかな?

貸し切りじゃなかったので、ちょっと恥かいたけど
やっぱり、ここはどうしても寄りたくなるよね~

260328 枝垂れ桜10

く、夕方4時になっていたので
光が、太陽の光が足りない(*_*;)

260328 枝垂れ桜11

何本あったんだろ
枝垂れ桜ばかりじゃなかったけど、良いところでしたよ

お墓さえなければね・・・(*^_^*;)

260328 枝垂れ桜12 




テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

らぼっちの実家のまわりは花だらけ~♪
今日の夜、熊本に戻ってまいりました~(^o^)/
寄り道しながらだったんですけど、ラボがいると思うようにいかず・・・

いつもなら、ちゃちゃっと帰るところを
ラボにしてみれば、迷惑だったんでしょうけどね(^_^;)

しかし、今日も暑かったですね~
ちらっと車のエアコン入れちゃいました、ラボのために(・・;)

明日からは雨ですか
やれやれ、せっかく桜が満開なのに残念ですね

雨の桜って、どうなんですかね~
写真撮りに行ってみようか、それとも家でおとなしくしていようか

どうしよっかな~(・へ・)



1ヶ月と1週間ぶりのらぼっちの実家に行くと
あらま、お義父さんって秘かに鍛えていたの?

260327 田川1

実は、炬燵布団を押さえるためだけに置いてあった鉄アレイでした
あ~、ビックリしたー!(@_@;;)

そしてまわりは花だらけ!!
よく考えると、この時季に行ったことってあまりなかったのね

260327 田川2 

これはイクリ
短く刈り込んだ芸術的な木には、白い可憐な花

260327 田川3 

KIKOさんに教えてもらったハナズオウ

260327 田川4 

雪柳

260327 田川5 

らぼっち、とっちんの木瓜、ボケ

260327 田川6 

貝母 (ばいも)かな?

260327 田川8 

芝桜もぼちぼち

260327 田川9 

義伯母ちゃんと話しながら草取り~、1時間も経ってた(*^^)v

260327 田川10 

え~っとこれは?

260327 田川11 

オキザリス~♪

260327 田川12 

花芽もいっぱい(#^.^#)

260327 田川13

260327 田川14

260327 田川14-1 

お、ハナバチ発見!!

260327 田川15

260327 田川16 

らぼっちの実家の近くには、七曲りといってカーブが七つ(数えたことないけど)ある道があります
下から桜が咲いているのが見えたので、ラボと散歩に行ってみました

260327 田川17

260327 田川18

260327 田川19

260327 田川20

260327 田川21 

去年は花芽を鳥が食べてしまったようで、すごく花が少なかったけど
今年は見事に咲いていました、満開まであと少しヽ(^o^)丿

お義父さん、お義母さん、義伯母ちゃん
また来月ね~(^◇^)/

260327 田川22 







テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

ここは来たことある・・・はず、あれ?「毛利邸」と「毛利氏庭園」

まだらぼっちの実家にいます

今日の病院はスムーズに進み
いつもよりとても早くに終わったのでビックリ!(◎_◎;)

義父の肺炎はすっかり良くなっているとのこと
ステロイド剤ともやっと縁が切れました

でも経過観察をしっかりしないと
いつ再発するかもわからないので要注意です

それよりももうひとつの病院でかかっている病気の数値が上がって
義父はちょっとショックだった模様

薬を貰ってきたものの、気分があまりよくないようです
頑張って服用して数値を下げましょうね、お義父さんヽ(´o`!


さて、今日も防府市のお話です

ここには来たことあるぞ、叔父と祖母とヽ(*^∇^*)ノ
「毛利宗家の本邸」

明治維新後に爵位を得て公爵となっていた旧長州藩主毛利氏の毛利元昭が
国許に建てた邸宅と庭園なんです

260319 毛利邸1

駐車場からは赤松の並木を通り、表門へ

260319 毛利邸2

立派!!

260319 毛利邸3

サツキの並木、咲いたらきれいなんだろうけど
まだ花の芽も出ていなかったわ

260319 毛利邸4

石橋を渡り、くね~っと曲った道を歩くと
わわっ、広っ!!ここまで車で来れるんじゃ? (;¬_¬)

260319 毛利邸5

やっぱ、全然記憶にございません
来たと思ったのにな~(ーー;)

ささ、写真がいっぱい、今日も手抜き!
ダダーっと写真を貼ってしまおう*\(^o^)/*

260319 毛利邸6

260319 毛利邸7

260319 毛利邸8

260319 毛利邸9

260319 毛利邸10

260319 毛利邸11

260319 毛利邸12

260319 毛利邸13

260319 毛利邸14

260319 毛利邸15

260319 毛利邸16

260319 毛利邸17

260319 毛利邸18

260319 毛利邸19

260319 毛利邸20

260319 毛利邸21

260319 毛利邸22

260319 毛利邸23

260319 毛利邸24

260319 毛利邸25

260319 毛利邸26

260319 毛利邸27

260319 毛利邸28

260319 毛利邸29

260319 毛利邸30

260319 毛利邸31

260319 毛利邸32

260319 毛利邸33

260319 毛利邸34

260319 毛利邸35

庭も広くて素晴らしい~(≧∇≦)
でも、訪れる時季間違えたぞ~、花が何にも咲いてない…

260319 毛利邸36

260319 毛利邸37

260319 毛利邸38

260319 毛利邸39

260319 毛利邸40

260319 毛利邸41

260319 毛利邸42

260319 毛利邸43

260319 毛利邸44

260319 毛利邸45

260319 毛利邸46

260319 毛利邸47

260319 毛利邸48 


ま、とにかくとても素晴らしいところでした(≧∇≦)




<毛利邸>
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

日本三天神のひとつ「防府天満宮」にお参りしてきました♪
今日はらぼっちの実家にきています

明日は義父の月一かかる病院の日
今回は薬の処方箋、スムーズに行くといいな(^_^;)


早速、防府市のお話とまいりましょう

防府市には「防府天満宮」があります
京都の「北野天満宮」、福岡の「太宰府天満宮」と共に日本三天神と称せられています

え~~っと、子供の頃に行ったような気が・・・
く、遠~~~~~い昔の話、全く覚えておりません(笑)

260319 防府天満宮1

へ~、こんな入口だったんだ
でも昔とはまた変わってるんだろうな

あ、そうそう、これこれ!

260319 防府天満宮2

『幸せます』・・・しあわせます
山口の方言です、意味は下に書いてある通り

「〇〇していただくと大変、幸せます」というふうに使います
当たり前に聞いていた言葉だけど、今聞くとほんわかします

「幸いです」「助かります」よりも、もっと気持ちが伝わるというか
方言にはそういうところがありますよね~(#^.^#)

260319 防府天満宮3

こちらは萩狛犬、同様のものが北野天満宮、太宰府天満宮にもあるんですって~
やるじゃん、長州藩(*^^)v

260319 防府天満宮4

お茶室や圓楽坊跡があるようです

260319 防府天満宮5

260319 防府天満宮6

260319 防府天満宮7

260319 防府天満宮8

階段を登ると立派な楼門があります

260319 防府天満宮9

その横にある梅の花は・・・遅かったか(^_^;)

260319 防府天満宮10

天満宮にはお馴染み、牛ちゃん(*^^)v
反対側にはお馬もいたけど

260319 防府天満宮11

菅原道真公が文才に秀でていたことやいろんなことが書いてある
防府市内でいちばん古い石碑だそうです、ケイオウザクラのような桜が♪

260319 防府天満宮12

さ、楼門をくぐりました
拝殿です、門に比べるとちょっと地味っすね(・・;)

260319 防府天満宮14

狛犬は何で造られているんだろ、ピッカピカ!

260319 防府天満宮13

季節柄、ここは賑わいますよね(#^.^#)

260319 防府天満宮15

灯明台と演舞場

260319 防府天満宮16

こちらは春風楼

260319 防府天満宮17

当初は五重塔になるはずだったのに、不慮の支障のため現在の重層の楼閣様式になったとか
当時の面影を残す床下の木組み

260319 防府天満宮17-1

大きな絵と彫刻

260319 防府天満宮18

260319 防府天満宮19

春風楼の名にふさわしい眺望です

260319 防府天満宮20

他にも観音堂やクス、太鼓楼などがありました

260319 防府天満宮21

260319 防府天満宮22

260319 防府天満宮23

260319 防府天満宮24

260319 防府天満宮26

260319 防府天満宮25

とっちん、どこも思い出すことなかったな

受験じゃないけど次男のためのお参りと
観音堂でのらぼっちととっちんのボケ封じのお参りもしておきました

260319 防府天満宮27

「知らないオバちゃんに声かけられて、ボク怖かったよ~」
ずっとビクビクでうろうろしていたラボでした(-.-;)

260319 防府天満宮28 






<防府天満宮>
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

今頃ホワイトデー?赤い宝石ってか~^^;
今日、らぼっちからのプレゼントが届きました

ホワイトデーにとのことだったのに
なんじゃかんじゃ言いながら十日も遅れてますや~ん(^_^;)

贈ってくれたことに感謝しながら外箱を開けると
中には20cm角の箱、なんか高級お菓子でも入っていそうな感じ(・o・)

260325 トマト1

んん?キタチロッソ?ロアッソの前身はロッソだったけど・・
ロッソは赤という意味ですね

おお~~!
KIKOさんの故郷、おおいた佐伯の文字と塩熟農法って書いてある

260325 トマト2

キタチロッソが商品名で~す(^o^)/
さて、なんだと思います?

これでした~!

260325 トマト3

はい、『トマト
トマト大好き~、らぼっちありがとう!ヽ(*^∇^*)ノ

実はとっちん、メールのやり取りを見てたので
中身を知っていたんですけどね~、うふ(*^^)v

これタイトルに赤い宝石と書いたのには理由があるんです
このキタチトマト、1個440円というお値段、高級でしょ(^^ゞ

それにしても色が、思いのほか色が・・・あまりよくない
赤というより、オレンジっぽい、これが甘さの秘訣?

大きさはというと、Iphoneと比べてみましょうか

260325 トマト4

直径も5cmあるかないかだから、ミディトマトくらいでしょうかね
切ってみました

260325 トマト5

ありゃま、普通(笑)
特別な色ではありません

糖度は果物並みで、8~12度あるらしいですよ
普通のトマトは4~5度ってことなので、期待です

いてもたってもいられず、早速食べてみました

・・・皮も実もかたい、水分を極限まで与えないから?
でもそんなことは全然大丈夫、甘いと評判の味のほうは・・・

260325 トマト6

塩熟と書いてあるからか、味は確かに濃い!
甘いを通り越して、塩からい感じそして酸味も結構ある~(@_@;

想像していたのとはちょっと、いえかなり?違ってた
ひとつ食べただけじゃわからないのかも、もう1個食べてみよ

パクッ!!う~ん最初のよりはしょっぱくないかも
まあまあかな、らぼっち、KIKOさんちょっと辛口批評でごめんなさい

あっという間に2個880円食べちゃった、ランチ食べれるな(笑)
明日になったらもうちょっと美味しくなってるといいな~、ね、らぼっち(^^ゞ

260325 トマト7 

トマトだけじゃおもしろくないので、最後に昨日の散歩で見た夕景をヽ(^o^)丿

260324 散歩9

260324 散歩10

260324 散歩11

260324 散歩12

260324 散歩13

260324 散歩14 






テーマ:日記 - ジャンル:日記

防府市の小学校にある「向島の寒桜」 「蓬萊桜」だって♪
今朝、ホームセンターに買い物に行ってちょっとあれ?と思うことがありました
値段が二つ付いている商品があったのです

レジを打つ時に気がつき、なんかよくわからなかったので聞いてみました
ひとつは通常の値段、色の違うもうひとつは税抜き価格でした

そうか来週からは消費税8%になるから、そろそろ準備しているんだな
ここっていつも思うんだけど、バーコードでレジをしないのよね~

いちいち商品に値段を貼るのって大変だと思う
あ、そうか今日は店員さんがやけに多かったのはそれをしてたのか

そりゃそうと、帰ってからもっとおかしいと思ったことが・・・
同じ会社の色違いのリップクリームを買ったのですよ

で、1日からの税抜き価格は218円で一緒だったのに
今日の値段はひとつが228円で、もうひとつは298円だったのだ(・・;)

なんで?どう考えても298円ておかしいだろ!
お買い得セール商品でもなかったけどな、んもー70円返して~(T_T)


そんな自分のチェックのマズサにいらついていた夕方
ラボの散歩に出かけた際、我が家の近くの学校で見たソメイヨシノです

260324 さくら1

結構咲いているでしょ~、3分くらいでしょうかね
下から咲くので、まだ木の上の方はつぼみばかりですけど(*^^)v

260324 さくら2

自衛隊通りの桜もこんなもんでした
30日の歩行者天国になる桜まつりの頃は、いい感じになるんじゃないでしょうかね


で、先週、山口に帰った時、ちょっと寄り道をしてみました
寄り道といっても、山口市よりも南下したんですけどね、あはは~(^_^;)

寄った先は、防府市
国の国が置かれた場所だから、防府

そして、日本三天神のひとつである防府天満宮があり
そうそう、種田山頭火の生誕地でもあります

今日はその防府市向島にある山口県指定の天然記念物、寒桜のお話です
ちょうど良い時季でもありますからね

ここは向島小学校です

260319 蓬菜桜1

ふ~ん名前がついているんだ「蓬莱桜(ほうらいざくら)」ね
おお、平日にもかかわらず結構人がいる

260319 蓬菜桜2

え、え、思ってたよりもちっちゃいじゃん(-_-;)
でも、満開~~~!きれ~~~~♪

260319 蓬菜桜3

さすが、桜よね~(#^.^#)

260319 蓬菜桜4

あ、見えちゃいました?(笑)
小学校の校舎に近いところにもっと大きいのがあります

この「蓬莱桜」はあっちの大きい桜の二代目なんですって
樹齢は20年、まだまだ若い桜ちゃんでした

保存会の方々でしょうか、見守り隊がおられます
お揃いのさくら色のジャンパーがとてもかっわいい~♪

260319 蓬菜桜5

ほ~、枝振りが良いですよ
樹高約8.0m、目通り幹囲2.55m、半径13mくらいだとか

260319 蓬菜桜6

約90年前に当時の卒業生が植樹したという話があるそうです
これは言葉はいらないでしょう(はい、これを手抜きと申します^^;)

260319 蓬菜桜7

260319 蓬菜桜8

260319 蓬菜桜9

260319 蓬菜桜10

260319 蓬菜桜11

260319 蓬菜桜12

260319 蓬菜桜13

260319 蓬菜桜14

260319 蓬菜桜15

260319 蓬菜桜16

この日の次の日が卒業式だったらしい
満開の桜の下で学び舎を後にした卒業生は、毎年これを見に来るんだろうな~(*^.^*)

260319 蓬菜桜17 






<向島の寒桜>
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

沖永良部島の春の海♪ ついにクジラ発見!
ちょう~お久しぶりの沖永良部島特派員、らぼっちです

この堤防に上るのは3回目かな
クジラをより近くで広角度で海を見渡せる場所

260323 クジラ1 

ここは知名港の外堤防の上
教室からクジラが見える小学校で有名な知名小学校はすぐ後ろ

260323 クジラ2 

沖永良部島の海岸近くでは2~3月の時期に
沖縄の慶良間諸島へ下っていくザトウクジラがよく見られます

観光でホエールウオッチングやホエールスイームも行われていますが
お金高いし、岸から見えたら嬉しいじゃないですか^^

田皆岬とか半崎とかいろいろウォッチングポイントを探してみたけど
約180度見渡せ、海の中に突き出たここはベスト

ちょっと危険ですが、そこは自己責任です

時間は午後4時
天気は良いが相変わらず風は強い

260323 クジラ3 

干潮まであと1時間ほど

260323 クジラ4 

沖ではホエールウオッチングでもしているのか
ゆっくりとじぐざぐに走行する小型船

260323 クジラ6 

またいつもの風景、いつもと変わりない時間が経過する
ミステリーの文庫本を片手に読み始めてすぐのこと (本気で見つける気あるんか)

260323 クジラ5

ふと見上げた海原に大きな水しぶきが上がった
いつも、もしかしてと見間違っていた白波とは明らかに違う

クジラだ~!!

260323 クジラ7 

距離は約1kmはあるか、望遠にしてたけど遠い
必死に連写

260323 クジラ8 

あれっ、帰ってから気が付いたけど
潮の吹き出しと、水しぶきが離れてますね

もしかして親子?

260323 クジラ9 

連写の1枚になにやら個体っぽいものが見えてました、これ1枚のみ^^;

260323 クジラ10 

高速連写にしておけば尾ひれが見えたかも、残念!

260323 クジラ11 

まるで、海の噴水だね♪

260323 クジラ12 

時間にしたら2~3分といったところか

260323 クジラ13 

この後、1時間以上粘りましたが、海はいつもの白波が走るばかりでした
 



<知名漁港前>
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

行きはひとりと1匹、帰りはひとり増えた
今週、実家に行ったのは父の七回忌の法要があったからです
命日は5月なんですが、実家は農家、籾の消毒も始まって忙しくなるので早めにと

父の誕生日は20日、生きていれば86歳
七回忌の法要は次の21日、彼岸の中日に行いました

寒いなと思いながら、朝起きて外を見ると(;一_一)

260321 七回忌1

偏屈者の父にふさわしいと言えるかもしれません、この雪!
幸い道路に積もることはなく、来てくれる親戚の人たちに影響はありませんでした

どうしたことか、そのうちに段々晴れ間も出てきて良いお天気に
なんだなんだ、晴れるのなら雪で脅かさないでよね

260321 七回忌2

昨年の祖父の25回忌はそりゃま~いろいろありましたもんで、今年は大丈夫よね~?
それでもご住職にちゃんと来ていただけるよう、甥っ子がお寺までお迎えに行きました

年寄りや足の悪い人が多いということで、畳の間だけど椅子を借りたとのこと
これならみんな楽だし、足も痺れなくていいよね~

260321 七回忌2-1

時間になり読経が始まりました
いつもご住職は経本を持ってこられるので、今回もみんな手にとりました

ご住職と一緒にお経を唱えます
最初はうまくいっていたのですけどね・・・

こっちはしっかり経本を読んでいるからわかるのですが
ご住職は何ヵ所かお間違えになるんですよ(^_^;)

そして一ヶ所はなかなか次の言葉が出てこなくて咳払いばかり
終わらないかと思っちゃった(笑)

そんなこともありながら、どうにか読経が終わり焼香になります
行ける人は仏壇の前まで行って焼香していました

とっちんもと後ろで順番を待っていたのに
直前になって足が悪くて立てない人にと、香炉が持っていかれたよ~~

「ちょ、ちょっと待って、ワタシまだ焼香してない!」
慌てて叫んだとっちんでした(-。-)

そしてお墓参りです
とっちんと父のいとこに当たるおじさんは歩きで、他の人たちは車で乗り合わせ

今年はちゃんと父の戒名が書かれた卒塔婆をご住職は持ってこられてました
当たり前といえばそうなんですけど、昨年のこともあるしね(^_^;)

260321 七回忌3

途中で雪がちらついてきました
もう晴れたり、曇ったり、雪が降ったり、なんて忙しい天気なんだ

お斎はいつもとは違う日本海側のお店から義姉がとってくれていました
ほとんどお魚で目新しく、とっちんにはとても良かった

その間に天気は最悪の雪
積もりはしません、地面が濡れていたし、ゆるい霰だったから

260321 七回忌4

こうしてどうにか法要も終わって、やれやれと伯母たちと話していたら
義姉がすごく慌てて部屋に入ってきた

「ご住職にお布施を渡すのを忘れてた!!」

え、えーーーーーー???(@_@;)

「どおりで住職さんがいつまでも席を立たなかったわけよ」
「そうよ、それでよ!」

「いっぱいビール飲んでたしね」それ関係ないと思うけど(笑)
伯母たちは口々にいつもより長かったお斎の席の話をしていました

やれやれ今回は兄がとんでもないポカをやらかしました(>_<)

260321 七回忌7

で、とっちんは今日まで山口に居るつもりだったんです

んが!!

20日の夜に長男から「友達の結婚式で明日帰るからよろしく!」
とLINEが入ってきました

なぬ?前の日に言うなよ!と返したら
正月に言っといたでしょ!って(・・;)

どうするよ?鍵も置いてないし・・・
新幹線?そうかそれなら新山口で降りなさい、母が拾って熊本に帰ろう

急にそういうことになったのはいいけれど
新大阪を出る時間の連絡が全くこない(>_<)

260321 七回忌6

まだ時間があるからと94歳になった母の一番上の姉、つまり伯母と話す
「デイサービスには行かない、公民館の講座や集まりが忙しくて」\(◎o◎)/!

小学校の教員をしていた伯母
正座はきついけど、今でも杖もつかずに颯爽と歩いている

88歳を越えた父の姉(つまりこちらも伯母)とも話した
ひとりで暮らしているけど、今月初めまで3ヶ月ほど東京の長女の所にいたとか

「東京でも大丈夫、上等な服を着てはおらんかった」
伯母は東京の人間はみんなフォーマルな恰好をしていると思ってたみたい(笑)

260321 七回忌5

久しぶりにそんないろんな話をしていたら、長男からやっとLINEが!
「〇時に新山口に着くから!」

おい、ちょっと待て!
後1時間ちょっとしかないじゃないか、新山口まで1時間近くかかるというのに(ーー;)

荷物はすでに載せていたけど、バタバタと車にラボを乗せ
残っていたみんなに挨拶して、慌てて迎えに行きました

新幹線の到着時間より5分くらい遅れて駅に着いたので、即行
「どこ?」とメールすると「トイレ」って(;一_一)

そんなこんなで長男を連れ、夕べ遅く熊本に帰ってきたのです

めでたく長男は今日の結婚式に我が家から出かけて行きました
二次会、三次会に行ってんだろな~、何時ごろ帰って来るのやら・・・




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こちらの復旧もまだまだです
山口で今日通った国道
一応国道

車は驚くほど少ない
雨だからか

人は全く見かけない
雨だから?

そして、昨年の水害の爪跡が・・



大雨のため野外活動センターで宿泊研修の子供達が孤立と
全国ニュースで流れた山の麓はまだこんな状態



復旧に向けて工事はしているようだけど



線路や鉄橋の復旧もまだまだ
それほど酷い水害だったんだと改めて思い知らされる

フットパス弁当食べて絶景を~♪ 「うと網田満喫コース」後編
今日はとっちんの実家に行きます
なので、予約投稿で~す(^o^)/

早速、昨日の続きでございます

みかん山の頂上にあります「山の神」に寄ったあと
道のようで道じゃないようなところを歩いて下ります

260316 網田フットパス42

後で聞いたけど、これが本来の道だったらしい
こんな足元のおぼつかない狭い道を登り降りして仕事していたなんて、相当な体力だよ(@_@。

260316 網田フットパス43

梅でも桜でも桃でもない、白くてかわいい花の下を通る
ここって民家の庭先よね、いいの?(笑)

260316 網田フットパス44

丸裸のイチョウに守られしは地蔵堂
ぷっくら太ったワンちゃんが出迎えてくれました

260316 網田フットパス45

こんな坂道もいいんじゃな~いヽ(^o^)丿

260316 網田フットパス46

そして昼食場所、田平公民館到着!
外観の写真は全部ボツ、きゃ~(>_<)、中にはこんな紙が貼ってありました

260316 網田フットパス47

こういうのって、なんか嬉しい♪
そして、フットパス弁当はこちら~(*^_^*)

260316 網田フットパス48

おにぎりは網田産の海苔を巻いて食べます
うわ~お、パリッパリッですよ!厚みがあって美味しくてパリッパリッヽ(*^∇^*)ノ

260316 網田フットパス49

煮物が少しばかり、しょっぱかったけど
大根の酢の物や高菜漬けなど、美味しくいただきました

切り通しを通って

260316 網田フットパス50

国道を横切り

260316 網田フットパス51

「塩屋天神の泉」なるところを曲がると

260316 網田フットパス52

すんごい急坂、やれやれと年配者からはため息が漏れます(-_-;)

260316 網田フットパス53

この後もちょいちょい登り坂があったんですが
若者は達者な足取りでタッタカタ~(^○^)

260316 網田フットパス54

干潟景勝地に行く車道に出ました

260316 網田フットパス55

「最後の坂で~す、頑張りましょう」とガイドさん
にもかかわらず、その後にマジかと思うほどの登り坂に遭遇、あはは(;一_一)

260316 網田フットパス56

前にはアラサー3人、後ろには残りの6人
真ん中にひとりのとっちん、おや?あそこの海も・・♪

260316 網田フットパス57

御輿来海岸景勝地に着きました

260316 網田フットパス58

時刻は13時15分、干潮は15時15分なので、もうちょっと潮は引くだろうな
ちょこっと下りてみました

260316 網田フットパス59

佐賀から来られたカメラマンさんたち
普賢岳はまったく見えなかったけれど、夕陽との良いコラボ写真が撮れたかな?

260316 網田フットパス60

休憩すると言われたので、安心して後班の美里フットパスのスタッフさんと話していたら
やばい、3班いない!!置いてかれたーー(>_<)

いつ「3班出発!」って声がかかったんだ~?
わ~急げ~~!と走り下りました

260316 網田フットパス61

前にひとりで勝手にフットパスしたので、道は知ってるもんね
戸口神社で追いつきました、お、珍しい!水菜の菜の花じゃん(#^.^#)

260316 網田フットパス61-1

そろそろゴールです

260316 網田フットパス62

13時40分、網田駅に到着です

260316 網田フットパス63

続々と参加者がゴールされた後
今回最年長、御年80ン才の方もとっちん達より40分遅れで到着されました、素晴らし!

260316 網田フットパス64

いやいや、今回もたいへんおもしろいフットパスでした
途中でサプライズもあり、平地、坂道、山道、小道、どこも楽しかった(#^.^#)

ガイドさんもユニークな感じで一生懸命案内してくださいました
他のスタッフさんもお世話になりましたm(_ _)m

お土産は網田ネーブル、はるか、フットパスタオル
ぷっちょは熊本県産かんきつ中間母本農6号、ちゅうかんぼほん のうろくごう、だって(笑)

260316 網田フットパス64-1

ということで、アンケートにいっぱい書き込んで
今回のフットパスモニターは終了~(^^)/

ってよく考えたら、とっちんはJAうき網田支所を出発したんだった
フットパスはスタートに帰るのが基本、それで本当にゴールです

260316 網田フットパス65

そして車に乗り込み、そこからまた御輿来海岸を見に後戻り~(*^^)v

260316 網田フットパス66

さっきよりは潮が引いてるね

260316 網田フットパス67

菜の花との写真も撮り直し~

260316 網田フットパス68
260316 網田フットパス69

ん?夕陽?
撮りませんよ、早く帰ってボツ写真を分けなくちゃ(笑)

260316 網田フットパス70

長部田海床路にも寄ったよ~
それにしても霞み方が激しかったぞ(ーー;)

260316 網田フットパス71 




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

みかん山をわいわい登る~♪ 「うと網田満喫コース」前編
熊本城の桜、ソメイヨシノが開花し始めたそうですね
ここのところ暖かかったからでしょう

でも今週末は寒の戻りがあるという予報になっています
もう寒くなるのは御免蒙りたいところだけど、それもないと春にならないか(>_<)

なのでこの時季は、何を着ていいかって相当考えます
花も咲こうかどうしようかと迷っているかもですね~

桜、いつが見頃かな~♪


さて~、日曜日も晴天の中、フットパス参加のため宇土の網田に車を走らせました
JR三角線を使って行こうかとも思ったんですけど、ちょっと便利がね~(^_^;)

260316 網田フットパス1

ってことで、ガイドスタッフさんよりちと早めに着いたJAうき網田支所駐車場
網田駅が本来のスタート地点なんだけど、人数が多いらしくて

260316 網田フットパス2

う~ん、やっぱりカメラの調子が悪いんだよね~(+o+)
どこも触ってないのに、どこにもブチ当ててないのに、おっかしいな

今回もボツ写真が多かったけど、どうにか残した500枚を駆使してアップです
お見苦しいのもありますが、そこは愛嬌で・・・・あ、とっちんにはないか(笑)

集まった順にガイドさん含め10名のグループで
朝10時5分前、3班だけど一番のスタートです

アラサーの若い女性3名に、準備してあった杖を持たれたちょこっと年配の女性が5名
それよりもちょっとだけ若いとっちんに女性ガイドさんと男性スタッフさんです

260316 網田フットパス4

この日はPM2.5の影響で、近くの山さえ霞んでよく見えなかったのよね(ーー;)

260316 網田フットパス5

出発して10分、網田神社に到着です

260316 網田フットパス6

260316 網田フットパス7

久しぶりだね~、仁王さん♪
ちょっと太った~?んなわけないよね(笑)

260316 網田フットパス8

みんなそれぞれにお参りしました

260316 網田フットパス9

神社の裏でちょいと道に迷われたけど、とりあえず地図通りで(*^^)v
えんどう豆かな?海苔網に守られた畑の中をてくてく♪

260316 網田フットパス10

わ~~、ビニールハウスの中に真っ赤ないちご発見!!ヽ(*^∇^*)ノ

アラサーの3人とかわいい~とかきれい~とか言って写真を撮っていたら
このビニールハウスの持ち主さんがすぐそばにいらっしゃった

260316 網田フットパス11

「食べていいよ」

えっ??(・o・) 今なんて??

「食べてって!」
うわ~、いいんですか~? それじゃひとつだけいただきます

260316 網田フットパス12

こ、これは・・・今まで食べたいちごの中で一番美味しいんじゃないの、感激~♡
通りすがりの人間にご馳走してくださってありがとうございましたm(_ _)m

260316 網田フットパス13

思いがけず良い写真も撮れました(*^^)v
どんどん歩いておられた方々の分もいただき、みんな2個ずつお口の中へ、笑顔~♪

260316 網田フットパス14

六地蔵まで来ましたが、素通りして先に「網田焼きの里資料館」へ

260316 網田フットパス15

この日は春祭りが行われていました

260316 網田フットパス17

ここは予定にはなかったところなのですが、一応宣伝のため?に寄られたようです
あれ?なんだかすご~くきれいになったような気がする(・・;)

260316 網田フットパス16

そして、雲仙が噴火した時の津波での犠牲者を供養するための六地蔵
メジロに与える餌をこの土台で擂っていたので穴が大きくなったとか(^_^;)

260316 網田フットパス17-1

水路の横を通ります

260316 網田フットパス18

そして真っ直ぐな道を歩き、みかん山を目指します

260316 網田フットパス19

草花のいろいろを話しながら、まだまだ余裕で坂道にさしかかりました

260316 網田フットパス20

1時間ほど経ちました
かなり見晴らしがよくなってきました

260316 網田フットパス21

しか~し、こっちの山もまだなのに
あっちの山にも登らなくちゃならないんです

260316 網田フットパス22

もう3月も半ばだというのに、ま~だみかんがこんなに生っている~(@_@。

260316 網田フットパス23

みかん畑にはよく見かけるという水を入れてある甕を見ながら

260316 網田フットパス24

眼下を見下ろすと、見えるかな?後続のグループが・・・

260316 網田フットパス25

この辺りもまだみんな余裕があったのに・・・

260316 網田フットパス26

若い彼女たちはさっささっさと登っていく~
必死で追いかけるガイドさん

260316 網田フットパス27

さあ、ここからが「無言坂」
登りがきつくて誰もしゃべらなくなるから・・・だって(^_^;)

260316 網田フットパス28

とっちんより前方にいらっしゃらない方々はかなり後ろを歩いておられることでしょう

260316 網田フットパス29

とうとうアラサー2人は姿が見えなくなり(ひとりはとっちんと一緒^^)
代わりにみかん木剪定真っ最中の農家の方が下りて来られた、「こんにちは~」

260316 網田フットパス30

無言にはならず、なんのかんのとおしゃべりしながら登りきる
わ~~、みかんのコンテナがいっぱ~い、いいね、こういうの♪

260316 網田フットパス31

早速いただいたポンカンを持って「無言坂」を振り返る(#^.^#)

260316 網田フットパス32

甘すぎない、とっちん好みのぜんざいもいただきました
元気出た~、ご馳走様でしたm(_ _)m

260316 網田フットパス33

く~~、カメラもイマイチだけど、見通しも悪い(>_<)

260316 網田フットパス34

11時半、それでは3班の皆さん行きま~す!とガイドさん

260316 網田フットパス35

エネルギー補給したので、みんな一緒です

260316 網田フットパス36

しばらく行くと、道がわからなくなりました(>_<)
今回は特別コースということで、目印のリボンもありません

260316 網田フットパス37

行ったり来たりしました(笑)
ガイドさんが電話で道を確認してから、さっき途中まで登りかけた坂道を進みました

260316 網田フットパス38

そのうちに後の班がすぐそこに(^_^;)

260316 網田フットパス39

寄り道は「山の神」さまのところ

260316 網田フットパス40

ここはめっちゃロケーションの良いところ・・・なんだけどな~(ーー;)

260316 網田フットパス41

たいした写真じゃないところで、今日はここまで~(^^ゞ
後半は、お昼ご飯と絶景だよ~ん♪




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

吉無田高原の里山を散策♪ 磨崖仏に揚げたて天ぷらとコレ?^^;
土曜日に参加した吉無田高原散策会ですが
昨日すっかり書き忘れておりました

昨年11月に行われた緑川流域フットパス「吉無田高原コース」でお世話になった
「愛郷吉無田活性化委員会」の方々の主催で開催されたフットパスでした

“愛郷”とありますが、この会の会員さんはこちらの出身ではない方々もおられます
この吉無田高原を心底愛している気持ちは他所から来られても同じなんだと思います

他所からわざわざ移住してこられてるんですよ
それだけ素晴らしいところだということなんですよ、きっと!

それに今回の散策会ではスタッフさんが専門ごとにネームが色分けしてありました
たとえば植物の専門家は緑、地質が茶、歴史が赤、その他が黄色で(^○^)

そうそう看護士さんも青で3名ほどいらっしゃったとか
至れり尽くせりです、何があっても安心~(*^^)v



じゃあ、昨日の続き、いってみよ~~~ヽ(^o^)丿

滑りそうだった急坂を下ると矢形川のほとりを歩きました

260308 吉無田高原散策会32

この矢形川は見てのとおり、河川改修が行われています
道横の石垣には改修する前の川の石が使われているんですって、素晴らしい!

260308 吉無田高原散策会33

阿蘇山が噴火した時の石なので、元々丸いんだそうですよ
この辺りの棚田の間にも石や岩がごろごろしています

260308 吉無田高原散策会34

こちらの石垣もそういう石で築かれているんだろうな~

260308 吉無田高原散策会35

あれ?とっちんたち何名かは若干早かった?(^_^;)

260308 吉無田高原散策会36

そして着いたのが、「九十九(つづら)のトンネル」です
言っておきますが、人が歩いて通るトンネルではありませんよ(笑)

260308 吉無田高原散策会37

文化12年(1815年)から30年もかけて250万本もの杉を植林して森を築きあげ
今では有名な湧水、吉無田水源をも作りだした惣庄屋・光永平蔵という人の偉業だそうです

260308 吉無田高原散策会38

873mあるこのトンネル、あっちとこっちから手で掘り進めたと言います
かかった年数はわかりませんが、貫通した時は30cmしかずれていなかったんだとか

因みにこのフットパスが終わって車で行ったトンネルの入り口はこちら!

260308 吉無田高原散策会39

ここからは矢形川の反対側、棚田の上方を歩きます

260308 吉無田高原散策会40

行きに手を振って応援?してくれたかわいい姉弟のふたり
今度は道まで出てきて挨拶してくれました、嬉しいな~(#^.^#)

260308 吉無田高原散策会41

こんなに棚田があったんだ(・・;)

260308 吉無田高原散策会42

しばらく歩くと、またしてもカフェ出現♪
ってか、1回目の縁側カフェから1時間半経過してすでに12時をまわっていた

260308 吉無田高原散策会43

こちらは急遽おもてなししてくださることになったんだとか
あらま~、なんて奇特な地区の方々んでしょう、17軒の地区だそうです

鶏のセセリと唐芋が焼いてありました、温かいのが嬉しいですね
お芋が美味しかった~、ありがとうございましたm(_ _)m

260308 吉無田高原散策会44

で、その前にあったのが磨崖仏ですヽ(*^∇^*)ノ
こちらは2体ありました

260308 吉無田高原散策会45

川向こうにはちょっと空気の違う場所が\(◎o◎)/!

260308 吉無田高原散策会46

話によると右から数えると12体、左からだと13体なんだとか
1、2、3、4、5・・・ん?

260308 吉無田高原散策会47

1、2、3、4、5、6・・・んん~?

260308 吉無田高原散策会48

ここはパワースポット、うんうん、そうだろな~(*^^*)
よく聞いたら、ジーちゃんバーちゃんの縁結びだそうな、じゃ先に行ってみよ~(笑)

井手は九十九のトンネルから矢形川を使って流れ、ここでまた取水しています

260308 吉無田高原散策会49

のどかな風景~♪
こういうふうに言うと、何が!って農家の方に怒られるかも(>_<)

260308 吉無田高原散策会50

棚田、水、気候、人、TPPなど問題はたくさんあるはずです
暢気なことばかり言ってちゃダメ、いろんな事を考えながら歩かせていただきましょう

260308 吉無田高原散策会51

260308 吉無田高原散策会52

「あと残り300mですよ、頑張って歩きましょう」

260308 吉無田高原散策会53

何か石碑がありますね~、「通学道路開通記念碑」だって(@_@。
山を開いて念願の通学道が開通した時の喜びが伝わってきます

260308 吉無田高原散策会54

木立の登り道、マイナスイオンばっちり\(^o^)/

260308 吉無田高原散策会55

最後の登り坂、ゴールはもうすぐ!
あ、とうとう山菜を採ることなく着いちゃったゼ(-_-;)

260308 吉無田高原散策会56

公民館では豚汁、いや鶏肉だったから鶏汁か?
孟宗竹の器に入れられておりました、で、でっかい(^◇^;)

260308 吉無田高原散策会57

あらま~~、山菜はどっさりこんとあるじゃないですか(@_@;)
なんだなんだ、とっちんは食べられないかと心配しちゃった(笑)

260308 吉無田高原散策会58

すでに山菜の天ぷらを揚げておられました

260308 吉無田高原散策会59

260308 吉無田高原散策会60

「く、ください!!!」

260308 吉無田高原散策会61

猫舌です、とはおくびにも出さず大きな器を差し出すとっちん(笑)
むふふ、抹茶塩か岩塩(たぶん^^;)でいっただっきま~す(#^.^#)

大きな椎茸にフキノトウ、ヤブカンゾウ、あとはクレソンにセリなど
まさに早春の味ですな~、ハフハフう、うま~い♪

へへ、火傷しなかったもんね(≧∇≦)

260308 吉無田高原散策会62

ひとしきりいただいた後、とっても珍しいものとご対~面!!!

260308 吉無田高原散策会63

蜂の子ですよ~、何蜂かはわかりません、アハハ
高級品ですよ~、凍らせてあります(^_^;)

「食べてみて」と言われたとっちん
ここは遠慮なく白いヤツを1匹、頂戴しました

まわりの人からは「え~?」と驚かれましたが
こんな貴重な体験はできませんからね、半解凍状態の蜂の子ちゃん初体験!

う~ん、ほんのり甘~くてクリーミーです♪
これを食べる人は少なかったんでしょうかね、残りは容赦なく油の中へ(+o+)

260308 吉無田高原散策会64

カラッと素揚げされた蜂の子の無残なおすがた・・・美味しそう(笑)

260308 吉無田高原散策会65

こちらもあまり食べる人がいなかったのかな?
とっちんにもまわってきました、それじゃまたまた遠慮なく今度は成虫に近いほうを(^^)/

260308 吉無田高原散策会66

こちらは小エビの素揚げの食感
もちろんエビの味はしませんが、香ばしくてイケます、ビールで(*^^)v

青空の下、この時季ならではの美味しい天ぷらに混ぜご飯
とても美味しくいただきました、ご馳走さまでしたm(_ _)m

今回、天ぷらを揚げたのはこのロケットストーブ、手作りなんだそうです
右側のわずかな薪で充分天ぷらも揚がっていました、これ使えるな(^^)v

260308 吉無田高原散策会67

前回の吉無田高原のフットパスでも、まだ知らないところを歩けておもしろかったのですが
今回はそれ以上に、地元の方のおもてなしの温かさを感じました

スタッフの方々の人数も半端じゃありませんでしたし
地元をあげての意気込みも十分伝わってきました

天ぷらをいただきながら、同じテーブルの方々とお話しましたが
皆さんフットパス初心者ではなさそうで、話がはずみました

そんなこんなでとても有意義な一日となりました、楽しかった~♪
これだからフットパスはやめられないんだよね~、むふふヽ(*^∇^*)ノ

260308 吉無田高原散策会69 





テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

吉無田高原の里山を散策♪ ここは滑るよ気をつけて^^;
今週になってなにげなく県のHPを見ていたら、ふと目に留まった記事
『早春の吉無田高原の里山散策会(フットパス)が開催されます!』

よく見たら3月15日開催とあるのに載っていたのは10日、目にしたのは12日
申込み締切日も書いてないし、参加者が少ないのかとそくメールで申し込んでみました

そしたらすでに定員には達しているということでしたが
有難いことに、たいへん快く受け入れてくださいました

何がとっちんの心を揺さぶったかというとですね~

「山菜を採りながらの散策」
「元禄・嘉永井手と磨崖仏」
「揚げたて10秒以内の山菜天ぷらと山菜おこわの昼食」でした

超猫舌のとっちんが“揚げたて10秒以内”に喰いついたんですね~(笑)
やっぱ天ぷらのうたい文句として、コレは効きます(^_^;)

準備として書いてあった山菜採りに必要な鋏、手袋、ビニール袋をしっかり持って
いざ、集合場所の旧田代東部小学校跡地にある田代公民館へ!

260308 吉無田高原散策会1

結構早めに着いたのに、ぞくぞくと参加者が集まっていました
そして開会の挨拶のあと、出発です♪

260308 吉無田高原散策会2

旧小学校の体育館の横を歩きます

260308 吉無田高原散策会3

この日の朝はとっても寒かった、土手には霜、田んぼには氷が張っていた
熊本市内とは寒さの度合いが違うのね~(>_<)

260308 吉無田高原散策会4

元禄井手の水不足を補強するため開削されたという嘉永井手(たぶん^^;)

260308 吉無田高原散策会5

御園城跡、阿蘇の扇状地の地形を利用した高台に築かれていたとか

260308 吉無田高原散策会6

あら会長さん、腰にはちょっと物騒なものが!
たぶん邪魔な木がある時は、これでバッサバッサと・・(*^^)v

260308 吉無田高原散策会7

穏やかに晴れ渡って、足取りも軽快です
いつものフットパスよりもかなりゆっくりめ(#^.^#)

260308 吉無田高原散策会8

再び井手の横を歩きます

260308 吉無田高原散策会9

お天気はいいのだけれど
PM2.5のせいで見えるはずの金峰山も見えまっしぇ~ん(>_<)

260308 吉無田高原散策会10

扇状の入り組んだ棚田、実におもしろい(*^_^*)
しかし、維持がたいへん!

260308 吉無田高原散策会11

今回はけっこう前方から写真を撮ってみました

260308 吉無田高原散策会12

豆腐工房「山里」さんの前を通り過ぎます

260308 吉無田高原散策会13

ここの桜は咲き始め、きっと寒緋桜(^_-)-☆

260308 吉無田高原散策会14

ん?ここは井手ではないようですね

260308 吉無田高原散策会15

ここは三段滝、途中にある岩がこういう形で水を落しているんですね

260308 吉無田高原散策会16

と、この辺りからカメラの調子がおかしくなってきたんです
途端に写欲のなくなったとっちん(ーー;)

へんな写真もあるでしょうが、そこは大目に見てちょ(^_^;)

三段滝から右手上方を見上げると、いろり付きお堂がありました

260308 吉無田高原散策会17

ありゃ~ん、煙の出るところが違ってるんじゃない?

260308 吉無田高原散策会18

この日のために地元の方が火を入れてくださったとのこと
有難き幸せヽ(*^∇^*)ノ

260308 吉無田高原散策会19

その後、さくらんぼの花の横を通り

260308 吉無田高原散策会20

サイフォン式の水路(よくわからなかったけど)の横を通ったら

260308 吉無田高原散策会21

縁側カフェ~♪

260308 吉無田高原散策会22

から芋の石垣だご、ニラ入り味噌だご、手作りこんにゃく、巻干し柿、ざぜん豆などなど
さっき通った「山里」さんのざる豆腐もあって、どれも美味しかった~(#^.^#)

260308 吉無田高原散策会23

残ったものはお土産としてお持ち帰りしていいと聞き、争奪戦が始まった!
もちろんとっちんも参戦してしっかりとだごを手にしました(笑)

しばらく歩くと、こういうものがありました
この辺りではほうぼうで見られるということです

260308 吉無田高原散策会24

水神様を祀ってあるということでした、さすがですね
藁苞の中にはお米などのお供え物が入っているとか

260308 吉無田高原散策会25

こんなに高いところでも稲作が出来るのは井手のおかげ、素晴らしい(^o^)/

260308 吉無田高原散策会26

高いところに上ったからには下りなくてはいけません(笑)

260308 吉無田高原散策会27

さあ一挙におりますよ~、あの集落まで(;一_一)

260308 吉無田高原散策会28

前日の雨で滑る滑る、気をつけなくちゃ(^_^;)

260308 吉無田高原散策会29

すると前を歩いていた年配のご夫婦

ご主人が優しく「こっちが滑りにくいからこっちを歩きなさい」と奥様におっしゃった
奥様すかさず「あなたの言うことは信用できない」

( ̄▽ ̄;)

まるでとっちんがらぼっちに言っているみたいで
思わず笑いがこみ上げてきて、しばらくはくすくすしていました

260308 吉無田高原散策会30

すごいでしょ、このクネクネ坂道
日陰で水分が残っていたり、落ち葉が濡れていたり、人の歩いた後は滑りやすい(>_<)

260308 吉無田高原散策会31

こんな過酷な運動だった坂道下り、思い出して少々疲れました(笑)
ということで、前半はここまで!

そういえば、まだ山菜を採ってないな~(・・;)

260308 吉無田高原散策会31-1 




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

これって大丈夫なの?「大窪橋」
今日はまたまたフットパスに参加してきました
美里町じゃないんですよ(^o^)v

明日もまたまたフットパスに行ってきます
美里町じゃないんですよ(笑)

今夜はバドの練習に行ったので、写真の整理もできていませ~ん
なのでそのお話は次回ということで、簡単に美里町の「大窪橋」のお話をば!

260308 大窪橋1

菜の花は咲いているけど、桜には全然早いね(^_^;)

260308 大窪橋2

おや?

260308 大窪橋3

おやおや?

260308 大窪橋4

なんと\(◎o◎)/!

260308 大窪橋5

あなた!大丈夫なの?
思わず声をかけてしまいました

260308 大窪橋6

「よいしょっと!大丈夫よ、ワタシみたいに根性あるから」

260308 大窪橋7

それでもちょっと心配なとっちんです

260308 大窪橋8 




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

お馴染み美里フットパス、のどかで美味しい砥用まちなかコース♪
夜中2時、びっくりしましたね~(>_<)

本を読んで起きてたんです
さあ寝ようかと思い横になった途端、どどどどーっと地鳴りがしました

最初は何か大きな物体が押し寄せてきているのかと思った
ぐらぐらぐらーーー、あ、地震だ、結構大きいぞ

すぐに『ギューンギューンギューン』の緊急地震速報がけたたましくなった
これには2度びっくりしました、地震より心臓に悪い・・・

以前、訓練で昼間鳴ったことがあったけど
予告がされていたし、こんなもんかと思ったけど、真夜中にこれはね~(+o+)

しか~し突然の地震、何もできなかったというか何もしなかった
起きあがることさえも・・いいのかこれで、とっちん!

30年位前に長野県に住んでいたとき、震度6並みの王滝村の地震を経験したことがあります
あの時は本当に凄かった、なぜか近くの冷蔵庫を倒れないように押さえてたっけ

そんな経験もしながら、そして東日本大震災も記憶に新しいのに
未だ防災用品も揃えていないのよね~、あ、ペットの水と蝋燭、懐中電灯はあるか(-_-;)

腹をくくり過ぎなのか、はたまたいい加減というべきか
もう何が起こっても不思議じゃなくなっていますよね、考えなくちゃ!



さ、思い残すことがないよう、昨日の続きとまいりましょうか
美里フットパス「砥用まちなかコース」を満喫中で~す♪

昔、砥用の重要な役所があったのは今の町よりも東の高台でした
そこは昨日ご紹介したとおり、美しい苔で高台とはお別れ(#^.^#)

260308 砥用まちなかフットパス30

なぜ今のところに場所が移ったのか?
それは水があって、生活に便利だったから・・・たしか(^_^;)

260308 砥用まちなかフットパス31

街中は生活感にあふれていて楽しい♪
いやいやこういう道も歩かせていただけるんですから、有難いことです

260308 砥用まちなかフットパス32

ここ、とっても素敵~(*^。^*)
でも、お庭なんですよね、すみませ~ん

260308 砥用まちなかフットパス33

中心地の大きい通りに出ました
うわ~~~、このお家は大きくて古そうです

260308 砥用まちなかフットパス34

あら、お店だったんですね
船原ガイドさんがお店の方とお話されていました

260308 砥用まちなかフットパス35

そしたら、中を見せていただけることになって(*^^)v
文具が並べてある下は・・・

260308 砥用まちなかフットパス36

きゃ~~~懐かしい、土間!!
これって苔?これまたいい雰囲気です

260308 砥用まちなかフットパス37

このウネウネ感が堪りませ~ん(#^.^#)
昔のようにビー玉を置きたくなった(笑)

260308 砥用まちなかフットパス38

快く奥の写真まで拝見させていただいたんですよ
突然お邪魔して申し訳ありません、ありがとうございました

いろんなところでいろんな花が咲いている横を気分よく歩いていきます
う~んいい香り~(#^.^#)

260308 砥用まちなかフットパス39

260308 砥用まちなかフットパス40

ここでは川のせせらぎを聞きながら
船原ガイドさんが「五木の子守歌」と「正調五木の子守歌」を歌ってくださいました

260308 砥用まちなかフットパス41

民謡をされているので、さすがです、いい声です
そしてみんなで「春の小川」を気持ちよく歌いました、楽しい~♪

260308 砥用まちなかフットパス42

歌い終わると目に入るのがこの大きな杉の大木
「明水(みょうじ)の夫婦杉」です

260308 砥用まちなかフットパス43

んん?なぜに夫婦杉?1本でも人参・・とは違うか(笑)
どこぞにもう1本あったんだろうと見渡せども、発見に至らず(>_<)

260308 砥用まちなかフットパス44

あ~あ、光の加減で全然違う木に見えるな~(・・;)
この大杉から道を上るとビニールハウスがあります

今回はそこにお立ち寄り~♪
お花農家さんのご好意でハウス内を見学、購入が出来るということでした

260308 砥用まちなかフットパス45

いや~春の装い、春の香り「サイネリア」です

260308 砥用まちなかフットパス46

いろんな色があります、きれいでしょ~(*^^)v

260308 砥用まちなかフットパス47

260308 砥用まちなかフットパス48

とっちんも買って、お持ち帰りしたかったのですが
ほら、財布には小銭しかなく、ここでそれを使ってしまうと後が・・・(^_^;)

フットパスですから、買って持ち歩くには大変
っということで、交流センターひびきまで配達してもらえるというこでした、さすが!

そして再び本通りに

260308 砥用まちなかフットパス49

最終目的地、初市の会場に着きました
地域の方々で賑わっていました

260308 砥用まちなかフットパス50

餅つきもされていましたよ
えへへ、残った小銭で餡入り餅を買っちゃった(*^^)v

260308 砥用まちなかフットパス51

フットパスならではの昼食はこちらで~♪

260308 砥用まちなかフットパス52

たかってる、たかってる(笑)
あれ?このお方は何を撮っていらっしゃるんでしょう?ひとり浮いてる(^m^)

260308 砥用まちなかフットパス53

箸が伸びる伸びる!
らぼっちの知り合いさんもしっかり食べてね~

260308 砥用まちなかフットパス54

美味しそうな手の込んだお料理がた~っくさ~ん!!
争奪戦ですヽ(*^∇^*)ノ

260308 砥用まちなかフットパス55

美味しいですか?お二人さん(^o^)/

260308 砥用まちなかフットパス56

おっと、とっちんもいっただっきま~す!(^ヘ^)!
取りすぎだろって?気にしない気にしない、だって間違いなく美味しいだもん(笑)

260308 砥用まちなかフットパス57

皆さんももくもくと食べておられます
絶対に元取ってるよね(笑)

260308 砥用まちなかフットパス58

今回お世話になった美人揃いの奥様方です(*^_^*)
立ち食いカフェのぜんざいも作ってくださいました

260308 砥用まちなかフットパス59

心のこもったお料理の数々、本当にご馳走様でした
ありがとうございましたm(_ _)m

260308 砥用まちなかフットパス60

今回もまた趣向を凝らしたユニークなフットパスとなっておりました
楽しい、美しい、美味しい、おもしろい、素晴らしいと何拍子も揃っていました

地域の皆さんや参加者の方々と楽しく交流もできました
そういうイベントに参加できて、この場にいられて幸せだと思います

スタッフの皆さんにも感謝です
ご苦労は数々あると思われるのですが・・・

暖かくなり、歩きやすい季節になりました
さあ、あなたもフットパスしてみませんか? なんちゃって\(^o^)/  

260308 砥用まちなかフットパス62 





テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

お馴染み美里フットパス、桜満開の砥用まちなかコース♪
昨日は暖かかったのに、今晩はまた寒くなりました
朝よりも午後から冷え込むって、そりゃないよ~って感じ(・o・)

それも雨が降ったり晴れ間がでたり曇ったり、どうなってんの?
来週からは今度こそ春になってくれるのかしら(--;)

そういえば、今夏はエルニーニョ現象が発生の可能性が高まったらしく
そうなると不順な天候になるんだそうです

全国各地で珍しい深海魚が現れていることもそれに影響しているのだろうか
いったい地球はどうなっていくんでしょうね


さて、今日はお久しぶりフットパスのお話です♪
先週8日の日曜日に開催された「砥用まちなかコース」

天気もよく皆さんに会えるのを楽しみにしていたのですが
なんとるり子さんはインフルエンザでお休み、え~ん寂しいよ(T_T)

でも受付しなくちゃね、と参加費を掃おうと財布を出してみたら
ありゃりゃん、鹿児島旅行から帰ってそのままだったのね~

お札は参加費分しか入ってなかった、後は小銭(ー_ー;)
でもよかった、参加費が払えて・・

ツケで参加なんて前代未聞だもんね
つーか、その前に参加できないっちゅうの!

260308 砥用まちなかフットパス1

で、受付した後に例のおっさんに紹介されたのがこのお二人
たまげたことに、らぼっちのよ~く知っている前職場の人たちだった(@_@;)

260308 砥用まちなかフットパス2

参加者は8人ずつ4グループに分かれることに
幸か不幸か、とっちんはこのお二人や例のおっさんと同グループにはならず(笑)

260308 砥用まちなかフットパス3

とっちんは船原ガイドさん率いるおもしろい?グループ(*^^)v
美里文化交流センターひびきを出発~♪

260308 砥用まちなかフットパス4

初っ端から楽しそうなお二人ヽ(^o^)丿

260308 砥用まちなかフットパス5

桜の横を歩き

260308 砥用まちなかフットパス6

材木の横を歩き

260308 砥用まちなかフットパス7

花を見上げる

260308 砥用まちなかフットパス8

咲き始めの桃の花でした

260308 砥用まちなかフットパス9

このあたりはちょっと坂が続きます

260308 砥用まちなかフットパス10

260308 砥用まちなかフットパス11

んん?何の説明だろか(?_?)

260308 砥用まちなかフットパス12

ほ~、立派な標識ですわ~!

260308 砥用まちなかフットパス13

メジロがたくさん集まっている、あれはたぶん河津桜

260308 砥用まちなかフットパス14

街並みを下に見ながら、フットワークも軽く♪

260308 砥用まちなかフットパス15

立ち止まってユズリハの説明

260308 砥用まちなかフットパス16

春に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することから譲葉
それが代々続いていくように見立てて縁起物とされているとか

横には橙の実も生っていて
船原ガイドさん曰く「お正月はここでなんもかんも揃う」(^○^)

260308 砥用まちなかフットパス17

さ、砥用中学校に着きました、今回は縁側カフェならぬ立ち食いカフェらしい
米粉と小麦粉のだんご入りぜんざいとたくあんと高菜のお漬物

260308 砥用まちなかフットパス18

とっちんももちろん座っていただき、あ、ぜんざいの写真撮り忘れた~(>_<)
もっちりだんごのぜんざいは甘く、お漬物もと〜っても美味しかった♡

ご馳走様でした〜m(__)m

お三方揃って何のお話?らぼっちの噂でもしてたりして(笑)

260308 砥用まちなかフットパス19

プールの横にあるビニールハウス、前回はシクラメンだったけど
今は違う花になっていた

260308 砥用まちなかフットパス20

砥用小学校の門から見る砥用の街並み

260308 砥用まちなかフットパス21

車も通らない狭い道
そ、こういうところを歩ける、これがいいのだ!

260308 砥用まちなかフットパス22

幼稚園の横、満開の花が(#^.^#)

260308 砥用まちなかフットパス23

どうも寒緋桜のようですね
満開~、きれいだわ~(*^。^*)

260308 砥用まちなかフットパス24

このあたりは昔、町の役所があったところ
あんなところに「砥用御手永会所跡」の石碑が!!

260308 砥用まちなかフットパス25

辛夷と木蓮の咲いているお宅

260308 砥用まちなかフットパス26

どっちがどっちでしょう?という話になり
みんなそれぞれにあーだこーだ・・・

とっちんは花の付け根に葉っぱがあるのが辛夷と思って見てみた
だけど、まだ蕾だったからかよくわからない

260308 砥用まちなかフットパス27

左が辛夷、右が木蓮、みんなは枝振りの違いってことで一件落着
辛夷はあっちこっちに向かって咲くけど、木蓮はみんな上を向いて咲くんだって(*^^)v

またまた桜~♪

260308 砥用まちなかフットパス28

本当に満開の良い時季に来れてよかった~(#^.^#)

長くなりそうなので、今日はこのへんで
続きはあ・し・たヽ(*^∇^*)ノ

260308 砥用まちなかフットパス29





テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

鹿児島旅行へ♪ イルカ、灰、桜島、灰・・・
ツツジが満開♪
田植え始まる(*^^)v
じゃがいもの収穫(#^.^#)
ウミガメの大群が海岸にヽ(^o^)丿

これ全部、沖永良部のお話です
でも、らぼっちはそういうこと全然教えてくれません

知らないのかな~、知らないんだろうな~ (;¬_¬)
そんなに大きくない島で何を見ているのか、不っ思議~!(笑)


さて、今日は鹿児島旅行の最終章で~す

さつま揚げとかるかんの製造販売のところに寄ったあと
いおワールドかごしま水族館へ

ジンベエザメ~(^o^)/

260304 イオワールド1

さすがに去年見た美ら海水族館のジンベエザメよりは小さいね
餌やりの最中ということだったけど、よくわからなかった

260304 イオワールド2

イソギンチャクに隠れるクマノミがかわゆい♡

260304 イオワールド3

色とりどり~(#^.^#)

260304 イオワールド4

なんだなんだ?お食事中でっか?

260304 イオワールド5

え~っと~、これはまだ残ってると言えるのかな(^_^;)

260304 イオワールド6

イカって写真を撮るのが難しいのね(>_<)

260304 イオワールド7

タコは簡単、だけどおもしろみに欠ける(-_-)

260304 イオワールド8

高級魚、クエ!
って食べたことないのよね~(笑)

260304 イオワールド9

これはヒラメ
目が見えるでしょ!ほら、ヒレも・・・

260304 イオワールド10

そして『イルカの時間』が始まります
ここではなぜかイルカのショーとは言わないんだそうです

始まる前からサービス精神の旺盛なハンドウイルカたち

260304 イオワールド11

みんなわくわく♪

260304 イオワールド12

全部で5頭

260304 イオワールド13

最初のジ~ャンプ!!!
あれ、1頭いない

260304 イオワールド14

そして、ごあいさつm(_ _)m
やっぱりいない

260304 イオワールド15

仰向けのイルカ(・o・)
なんで1頭いないんだ?

260304 イオワールド16

1頭はまだ子供なんだって
デビューはまだみたい(^_^;)

260304 イオワールド17

背中をたたきつけるジャンプ!
あり、ピンボケじゃん(>_<)

260304 イオワールド18

最後のジャ~~ンプ!

260304 イオワールド19

あっという間の20分
最後のごあいさつは1頭で(^_-)-☆

260304 イオワールド20

水族館を出ると、桜島が噴火したって!
小規模じゃないぞ、この灰は・・・こっちに来てるじゃない(@_@;)

260304 イオワールド21

その後、仙巌園へ

260304 仙巌園0

この桜、元旦桜っていうらしい、初めて聞いた(・・;)

260304 仙巌園1

すぐさま昼食、あ、やばい、カメラの電池が(+_+)

260304 仙巌園2

ひょえ~、マジで電池が・・・

260304 仙巌園4

あ~、無くなる~
桜島、また噴火したのか~?は、は、灰が・・・

260304 仙巌園3

灰がサラサラ、サラサラと降ってる、ごほごほ

カシャ・・・あ、切れた(T_T)

最後は灰には降られるわ、カメラの電池は切れるわ
そのうえ、人の買い物にさんざんつき合ったのに、結局買わなかったという

とっちんは、ちょっとがっかりな状態でバスに乗り込みました

しか~し、灰が降ろうが、長く歩こうが、待たされようが
誰も文句ひとつ言うことなく、明るく楽しい旅行になりました

帰りのバスはと~っても静かでした(_ _).zzz。o○(笑)






テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

2011.3.11を決して忘れない
3年が経ちました

2011.3.11 東日本大震災のあった日から・・・



東京で行われた三周年追悼式

午後2時46分、正座をして東北を向き1分間の黙祷

その間、頭の中ではあの日TVで見た大津波が蘇ってきていました

そして中継で遺族代表の方々の追悼の言葉を聞きました

聞きながら思ったのです

遺族の方々の気持ちは、3年前のあの日のままで止まっているんじゃないかと

頭ではわかっていながら前に進めていないんじゃないかと



3年という月日がどういったものか

東北から遠く離れて生活している人間にはわかりづらいものがあります

あまりにも被災地が広すぎてメディアが報道する場所は限られてきます

いつの頃か、簡単に復興という言葉を使っていけないと気付かされました



一向に進まない復興に人生を諦めたような人たちのため息

復興とはなんぞや、そう言いたげなお年寄りの不満そうな顔を見ました

3年間、前向きに生活しているつもりでも溜まった疲労が出てくる時期

明るく振る舞う子供たちに、本当は表に出せない辛さがあるといいます

必死に何かにしがみついて生活している人たちの苦しみは計り知れません



今なお10万4千世帯が仮設住宅で暮らし

26万7千人が避難生活を強いられ、熊本県内にも400人弱の方が避難されているとか

震災犠牲者は1万5884名、行方不明者は2633名

震災関連死は3048名と言われているが、実際はもっともっと多いはずです

数字だけを並べるとまるで人ごと、他国のことのように思えてしまうかもしれません

だけどひとりひとりの大切な生活、尊い人生が失われてしまいました

もし自分の身内がこの災害に見舞われていたとしたら

今ここにこうして同じように生活してはいないでしょう



原発の問題も一向に進んでいません

廃炉に向けての作業はどうなっているのだろう、汚染水が漏れるニュースも度々

除染が終了しても、放射性廃棄物の土嚢はこの春に町民が帰還する町に仮置きされたまま

避難区域外の瓦礫の処理も68%にとどまっているとか

人々が不安でないはずがないと思います



2年前に訪れた気仙沼は今どうなっているんでしょう

事あるごとにTVに映ってはいるけど、人様の生活の細部まではわかりえません

どんなに九州から思いを馳せても、どんなふうに言葉をかけても

現地の人たちの生活が変わるわけではないのです

こうやって書いていることもきれいごとになるのかもしれません

だけど2011.3.11を忘れないためにも書かずにはいられません



明日は我が身、みんな無事に明日の朝が迎えられるとは限りません

やり残すことがないように今出来ることは、今やっておこう

今日の感謝は今日のうちに伝えよう



そして、偶然託すことができた先日の山鹿中合唱部の義援金だけでなく

東北のために継続してできる応援を、自分にできることをこれからも考えなくては!



テーマ:日記 - ジャンル:日記

鹿児島旅行へ♪ う~アツイよ、焼酎に宴会に砂むし風呂
「ここ1週間、胃を悪くして食べられず〇キロ痩せました」
と言った人間に、あなたはどういう言葉をかけますか?

「それは大変でしたね、今は食べられるようになったのですか?」
「風邪?それともストレス?無理しないほうがいいですよ」

普通はこういう言葉が出てくると思うのですが
昨日はちょっと考えさせられる言葉を聞いてしまいました

「自分は最近〇〇で食欲がなくて〇キロ痩せたんですよ」
同じようなことが自分の身にも起こったという横にいた方のお話でした

とっちんはその人を心配する言葉がでてくるものだとばかり思っていたので
えっ?と一瞬耳を疑いました

その後にもそういう言葉はなく、その人との会話は途切れました
それだけのことなのですが、とっちんには蟠りが残ったのです

最近、人の会話を聞いていて感じることがあります
お互いが自分のことばかりを話しているなあ~って

言いたくないことを聞かれるのも嫌だろうけど
自分の話ばかりで会話が成り立ってないと思うこともしばしば

そういう会話は相手を傷つけることはないでしょう
だけど、どことなく違和感や寂しさを感じるのはとっちんだけかな・・・

細かいことだけど
小さいことだけど(-_-)


さて、痛いところも平気で突っついたりできる
30も年の開きがある野菜作りグループの鹿児島旅行の続きです

フェリーで桜島から鹿児島港に着いたバスは一路南へ
そのまま行くのかと思ったら、急きょ計画にないこんなところに寄っちゃったよ♪

260303 焼酎工場1

へへ、焼酎工場でやんす
飲まない人には全く興味のないところですよね(^_^;)

260303 焼酎工場2

麹室と書いてある小窓を覗いてぎょっとした
ひ、人がいる(@_@;)

260303 焼酎工場3

なんだ、人形じゃん(笑)
でも、びっくりした!

260303 焼酎工場4

とっちんにしてみれば工場でどんなふうに作られているかなんて問題じゃない
美味しければそれでいいのだヽ(*^∇^*)ノ

260303 焼酎工場5

いろいろ試飲はしたものの、焼酎を生でそのまま飲んでもよくわかりません
「お湯割りにしてください」そう言いたかったとっちん(笑)

飲んだ人も飲まない人もみんなそれなりにお買い上げ~!

260303 焼酎工場6

再びバスは南下、JX日鉱日石石油喜入基地が見えてきました

260303 焼酎工場7

高さ22.6m、直径が100mと81.5mのタンクがそれぞれ24基と30基
高さ21.3m、直径58.1mのタンクが3基あるんだとか、ほ~(・o・)

フェニックスのような木が模様のように見える
桜島とのコラボ(^_-)-☆

260303 焼酎工場8

このまま宿泊地n指宿に直行かと思いきや
バスはなぜか山のほうに曲っていった

260303 焼酎工場9

そうそう、今ではかなり懐かしい池田湖のイッシーよ(#^.^#)
昔、ここではハブとマングースのショーを見たことがあったな~

開聞岳の姿を写真に収めたのはこの時だけだった
後で真横を通り過ぎたんだけど、近すぎて撮れず~残念(ーー;)

260303 焼酎工場10

開聞岳って登山道は蛇行して登るんじゃなくて
渦巻き状に登るんだってね、時間かかりそ~(>_<)

回り道をしたのに、午後3時半にホテルに到着~♪

260303 白水館1

ロビーにはお雛様が飾ってあり、そうだ今日は桃の節句だったんだって思った

260303 白水館2

ホテルに早く着いたのには訳があります
その訳とは・・・

260303 白水館3

ただの温泉じゃありません、ここは指宿、砂むし風呂に入るんです
写真はNGなのでホテルのHPから拝借しました、屋内なので傘は使いません

260303 白水館4

んまあ~、そりゃ~、重いし、熱いし(>_<)
「熱ければ手足を砂から出してください」

あの~、とっくに出してるけど熱いよ~!
15分が限度でした(笑)

おまけに浴衣の首のところにもどっぷり砂をかけられていたもんだから
うなじの髪の毛のあたりまでじょりじょり(・・;)

そんでもってこれも厚めの温泉に浸かってそそくさと上がり
宴会に突入~~~~♪

260303 白水館5

お料理は鹿児島の美味しいものがたくさん(^o^)/

260303 白水館6-1,3

260303 白水館6-5,7

ひととおり食べて飲んで、そして最年長御年82歳のオバちゃん登場!
役者なんですよ、このオバちゃんは(^_-)-☆

260303 白水館7

それから、歌うわ踊るわ、みんな年を忘れてハジケまくり
仲居さんをヤキモキさせるほど時間も忘れ、ようようお開きに(^_^;)

260303 白水館8

最後はみんなで記念撮影~♪
諸処の事情により、全体をボカシてあります(笑)

260303 白水館9

こうして一日目の夜は更けていくのでした~ヽ(^o^)丿





テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

鹿児島旅行へ♪ まずはずら~っと並んだ壷から
今日は先週野菜作りのメンバーで旅行に行ったお話(*^^)v

この野菜作りをしているグループにはれっきとした〇〇〇会という名前があるのですが
とっちんとしては、公表するにはちょっと面倒なこともありましてねえ・・・

なので、今回もグループとだけ書いときます(^_^;)

さて、一行は3日の朝8時に出発
メンバーを道々乗せながら一路、鹿児島を目指して高速を南下しました

農作業の少ない毎年この時季に旅行をすることになっているのですが
夏ごろにどこに行こうかと相談するんですよね

昨年は2泊3日で沖縄でしたが、そこはみんな主婦(若干違う人もいるけど^^;)
今年は家族に迷惑をかけないようにと1泊で計画

東京スカイツリーや倉敷、他の案もあったのですが
今年は指宿に決定、だけど計画は旅行社まかせなんです

260303 黒酢0

中型バスの後ろはサロンになっていました
飲兵衛はここでと言われ、なぜかとっちんも後ろに座ってた(笑)

260303 黒酢1

最初に着いたところは桜島がこんなふうに見えるところ
わ~、何度も小噴火しているじゃないの!

260303 黒酢2

なんだか知らないけど、連れてこられた
壷だらけ・・・・・もうおわかりですね

260303 黒酢3

ここは霧島市福山町、はい、黒酢で有名なところでございます
こちらには20000壷あるんだそうです

260303 黒酢4

お~っと、蓋の形もいろいろあるのね~(@_@。
「アマン壷」と言われる壷には、ちゃんと番号や日付が入っています

260303 黒酢5

こちらの会社では最低三年、最長五年と長期の熟成をさせているんだとか

260303 黒酢6

熟成中(-_-)zzz

260303 黒酢7

みんな真面目にお話を聞いています

260303 黒酢9

この後、1年経った黒酢と3年物の黒酢の味見~♪
1年のものはキッツ~イ、3年物は少しまろやかになってた

260303 黒酢10

味見したオバちゃんたちの顔を正面から撮っとけばよかったな
めちゃおもしろい顏ばかりだったのに(*^_^*)

260303 黒酢11

ここですべてに(コーヒーを除いて)黒酢を使った昼食をいただきました
メインは酢豚、ご飯も酢入り、でも酸っぱくはなかったよ

260303 黒酢12

ここでみんなお土産を購入
いつもたんまり買い込む最年長のオバちゃんは早速宅配便を手配、どんだけ買ったの?

お腹いっぱいになった一行は、桜島へ

260303 黒酢13

どこにも寄らずにバスはフェリーに吸い込まれていきました(^_^;)

260303 黒酢14

これから目指す指宿方向、天気が良かったわりには見通しがあまりよくないか
開聞岳~、ほら船の上にう~っすらと見えるでしょ?

260303 黒酢15

桜島よ~、噴火しないでよね~ヽ(^o^)丿

260303 黒酢16 





テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

百華百彩☆さくら湯物語
パラリンピックが始まりましたね~

日本は早速、男子滑降座位で金メダルと銅メダルを獲得しました
金メダルの狩野選手は2大会連続での金メダル獲得ですよ、凄いです~!

これに続いて日本人選手も頑張って欲しいですね
だけど、とっちんは冬季パラリンピックの競技についてはよく知らないんですよ

それでも応援したいなと思うんですが
放送はNHK独占だし、おまけに毎日30分くらいしかないって(>_<)

う~ん、これでいいのか?
いつも思うけど、ちょっと寂しいんじゃありません?

パラリンピックについてもっと教えて欲しいですよね(-_-)


さ、今日は百華百彩の最後です

さくら湯にやってきました、まだまだ準備中(^_^;)

260228 さくら湯百華百彩1

これも毎回変わってるいんだろ~な~

260228 さくら湯百華百彩2

点灯すると、あ、残念!
温泉の“温”が消えてる~(>_<)

260228 さくら湯百華百彩3

さくらを切り抜くのって、たいへんだろうな
でも、きれい♪

260228 さくら湯百華百彩4

交差点側の準備風景

260228 さくら湯百華百彩5

点灯し終わった中を覗いてみると、あら不思議(^_-)-☆

260228 さくら湯百華百彩6

全体的にはもう少し色が欲しいかな・・

260228 さくら湯百華百彩7

さくら湯の建物が立派すぎるもんね

260228 さくら湯百華百彩8

山鹿灯籠も飾ってあるし

260228 さくら湯百華百彩9

で、この日は金曜日、「さくら湯物語が催されたのです(*^^)v
場所は「池の間」というところ

260228 さくら湯百華百彩10

またもや途中で帰ろうと敷地内の椅子には座らず、塀の外で立ち見
写真も撮りやすいと思ったのが大間違いだった(>_<)

260228 さくら湯百華百彩11

終始、このおっさんの影が主人公のごとく真ん中に、どっひぇ~~(@_@;)
少女舞踊団、theわらべ、こわらべによる踊りなんですけど・・・

でも、この彼女かわいいでしょ~(#^.^#)

260228 さくら湯百華百彩12

色っぽいでしょ~(*^^)v

260228 さくら湯百華百彩13

おっさん、邪魔!カメラ下げろっ!!

260228 さくら湯百華百彩14

下げろっちゅうに!!

260228 さくら湯百華百彩15

てか、ここは三脚が許されてるのか
三脚高すぎるだろ、少しはまわりに気を使ってくれ~!

260228 さくら湯百華百彩16

ん~ことごとく邪魔してる(;一_一)
こっちがずれようにも足を動かすこともできないほど、すし詰め状態

260228 さくら湯百華百彩17

隣は年配のご夫婦、奥さんを半身にさせてご自分は両肘を張っているご主人
奥さんはもごもご動き、おしゃべりもとっちんの耳元、やれやれ

260228 さくら湯百華百彩18

それにしても、全身が写らないよ~(>_<)
後ろからとび蹴りしたくなるけど、それもかなわず(笑)

260228 さくら湯百華百彩19

いや~ん、まだ子供でしょ
負けた(-。-;)

260228 さくら湯百華百彩20

休憩をはさんで・・・

260228 さくら湯百華百彩21

山鹿灯籠踊り保存会の娘さんが登場

260228 さくら湯百華百彩22

ん、おとなしくなったかな
って、やっぱ一緒か(ー_ー)!!

260228 さくら湯百華百彩23

そのうえに、とっちんの後ろではーーー連写かと思うくらいのシャッター音
バシャバシャバシャバシャバシャとず~~~~~っと、うるさかったのだ

260228 さくら湯百華百彩24

前も後ろも、も~~~~!!!!
え、前のおっさん同じ娘さんばかり狙ってるぞ、しかもアップで(・・;)

260228 さくら湯百華百彩25

この娘さんかあ~??

260228 さくら湯百華百彩26

暗くなるとどうやって灯りが点くんだろう
相変わらず、後ろはバシャバシャバシャ、ここで?ってところでもバシャバシャバシャ・・・

260228 さくら湯百華百彩27

あ、おっさん主人公がよけいカメラを上げた
おっさんのクライマックスか (;¬_¬)

260228 さくら湯百華百彩28

こうして『さくら湯おっさん物語』は幕を閉じたのでありました(笑)

260228 さくら湯百華百彩29

あっちこっちが気になりつつも身動きひとつできなかったとっちん
舞台はかわいかった、きれいだったの印象のみ

楽しむ余裕がなかった1時間でした
最後の最後にあ~、疲れた(-_-;)

260228 さくら湯百華百彩30 




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

百華百彩☆金剛乗寺と豊前街道
啓蟄も過ぎたというのに、なんですかねこの寒さは!
ひと月も前に逆戻りしたよう気温でしたね(>_<)

冬眠から覚め穴から出ようとした虫も、びっくりしてまた穴の中に入ったことだろうな
咲いている花たちも時季を間違ったと思ったに違いない

先週、灯油を買っておいてよかった~
お湯も沸いたし、お煮しめも炊けた、ストーブはまだ役に立ってくれそう(*^^)v

それにしても春はまだかいな?
明日の朝は零下の予報、もう霜も見飽きたんだけど(-_-)


さてさて、百華百彩のお話の続きで~す

まだ明るい時間帯の豊前街道は、まだ準備中(#^.^#)

260228 豊前街道百華百彩1

ひな祭りが近いので、“さげもん”があると思ったら・・・(笑)

260228 豊前街道百華百彩2

昼間見たほうが良さそうなところもあるけどね

260228 豊前街道百華百彩3

260228 豊前街道百華百彩4

どこかしこで灯をともしている人がいっらっしゃる中
金剛乗寺でも・・・「こんばんは、お疲れ様です」と声をかけた

260228 豊前街道百華百彩5

時間が経つと灯りが幻想的に浮かび上がります

260228 豊前街道百華百彩6

260228 豊前街道百華百彩7

260228 豊前街道百華百彩8

境内にはカラフルな竹灯籠が立っていました

260228 豊前街道百華百彩9

暗くなったら竹の色は?

260228 豊前街道百華百彩10

どっぷり暗くなったら、色はわかんないね(^_^;)

260228 豊前街道百華百彩11

260228 豊前街道百華百彩12

260228 豊前街道百華百彩14

手水鉢にも演出がされておりました

260228 豊前街道百華百彩13

再び豊前街道~♪

260228 豊前街道百華百彩15

260228 豊前街道百華百彩16

260228 豊前街道百華百彩17

260228 豊前街道百華百彩18

260228 豊前街道百華百彩19

260228 豊前街道百華百彩20

260228 豊前街道百華百彩21

260228 豊前街道百華百彩22

260228 豊前街道百華百彩23

ここからは小物特集~(#^.^#)

260228 豊前街道百華百彩24

260228 豊前街道百華百彩25

260228 豊前街道百華百彩26

260228 豊前街道百華百彩27

260228 豊前街道百華百彩28

260228 豊前街道百華百彩29

260228 豊前街道百華百彩30

260228 豊前街道百華百彩31

260228 豊前街道百華百彩32

とにかく超久しぶりの百華百彩だったもので、目新しいものが多いヽ(^o^)丿
でも手のじ行くばいでちょっと予習して行ったので助かっちゃった

ありがとさんでした~ヽ(*^∇^*)ノ

明日も続きがあるのよね、しつこいようだけど(^_^;)
でもね~、かわいかったのよ~(#^.^#)

260228 豊前街道百華百彩33 





テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

百華百彩☆八千代座あたり
八千代座では本日、くまモンが歌舞伎に挑戦しましたね
特注の袴にドデカイ足袋の連獅子姿にはウケました

ぐるんぐるんと豪快な毛振りでは最後には案の定ズッコケてしまっておりましたが
大見得を切る場面、う~ん、首がないくまモンには無理があったな(^_^;)

今日はタイトルのとおり、八千代座付近の百華百彩の様子
暗くなる前と灯りが点いてからの写真をバ~っと貼り付けま~す

260228 八千代座百華百彩1

260228 八千代座百華百彩2

260228 八千代座百華百彩3

260228 八千代座百華百彩4

260228 八千代座百華百彩5

260228 八千代座百華百彩6

260228 八千代座百華百彩7

260228 八千代座百華百彩8

260228 八千代座百華百彩9

260228 八千代座百華百彩10

260228 八千代座百華百彩11

260228 八千代座百華百彩12

260228 八千代座百華百彩13

260228 八千代座百華百彩14

260228 八千代座百華百彩15

260228 八千代座百華百彩16

260228 八千代座百華百彩17

260228 八千代座百華百彩18

260228 八千代座百華百彩19

260228 八千代座百華百彩23

260228 八千代座百華百彩24

260228 八千代座百華百彩25

260228 八千代座百華百彩26

260228 八千代座百華百彩27

260228 八千代座百華百彩28

260228 八千代座百華百彩29

260228 八千代座百華百彩20 







テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

チャリティコンサートと子供たちの作品に酔う♪ 「百華百彩」
先月28日に山鹿で開催されていた「百華百彩」に行ってきました
今年こそは早めに行こうと思っていたのに、最終日の一日前にやっとでした

前に行ったのは・・・えっと~~・・忘れるくらい前ですわ(笑)
写真を撮ったのは覚えているんですけどね~、なぜか行方不明で(・・;)

ま、いいや昔の話は置いといて・・・

とにかく、この日を逃すと来年まで見ることが出来ないとなると
行かなきゃ!と用事を早めに済ませて車を走らせました

着いたのはまだ明るい17時過ぎ(*^^)v

使用前使用後、う~んちょっと違うな
そうそう、点灯前と点灯後を見たかったからで~す(^_-)-☆

そんなことで、あっちこっち行ったり来たりしていたら
大きな声で「募金のご協力をお願いしま~す」と叫んでいる中学生がいたのです

よくよく聞いてみたら、福島への義援金を集めるために
山鹿中学校合唱部がチャリティーコンサートを行うってことでした

260228 チャリティー百華百彩1

それならととっちんもそれなりに奮発して募金しました
生徒さんはハミングでその時間を待ちます

260228 チャリティー百華百彩2

新聞で見ました

山鹿中合唱部は2011年に県代表として全日本合唱コンクールの全国大会に出場予定でしたが
東日本大震災で中止となったため、市内で集めた義援金を福島県に送ったとか

昨年も大会に出場し、義援金を持参したそうです
そして今年もいわき市の仮設商店街に届けるためのチャリティーコンサートが開かれたのです

260228 チャリティー百華百彩3

とっちんもちらっと合唱をしたことがあるのでわかるのですが
外で歌うのって、かなりキツイものがあります

声の共鳴しないこんな外で、しかもアカペラで
中学生のこの人数で声は届くのか?響くのか?

260228 チャリティー百華百彩4

だけど、そんな心配は無用でした
透きとおった声がきれいに響いてきました

260228 チャリティー百華百彩3-1

実を言うとですね、とっちんはコンサートが始まる前
ちらっと聞いたら、ふらふらとまた灯りのいろいろを見てまわろうと思っていたのです

260228 チャリティー百華百彩3-2

でも、みんなの真剣な眼差しと美しい歌声に動けなくなったんです
みんな純粋な気持ちで歌っているのがわかります

260228 チャリティー百華百彩5

不届きな事を考えていたとっちん、深く反省<(_ _)>
道行く人たちも足を止めて聞き入っています

260228 チャリティー百華百彩6

静岡にある大学の野球部員も聞いていました
うんうん、そうだろそうだろヽ(^o^)丿

260228 チャリティー百華百彩7

5曲の演奏のうち知っていた曲は「アヴェマリア」と「花は咲く」でした

最後の「花は咲く」は震災以降、何十回と聞いてきたと思うんだけど
外で聞く中学生のアカペラ「花は咲く」には涙が溢れてきました

ひさびさに感動する合唱を聞きました
山鹿中合唱部のみなさん、ありがとう!


そして合唱の舞台の後ろには、こういう作品が並べられておりました

260228 チャリティー百華百彩8

なかなかの力作が揃っていました
小学生の版画、細かいですよ~

260228 チャリティー百華百彩9

何枚かは字が逆になっていたけど
そこはご愛嬌(*^。^*)

260228 チャリティー百華百彩10

小学生の感性もいろいろ
絵心のないとっちんには、どれもすごいと思っちゃった

260228 チャリティー百華百彩11

中ほどには中学生の作品
艶やか、山鹿灯籠娘

260228 チャリティー百華百彩12

鯛、海の描写がおもしろ~い

260228 チャリティー百華百彩13

ハンドボール、オムロンチーム

260228 チャリティー百華百彩14

今月八千代座での公演がある市川海老蔵?

260228 チャリティー百華百彩15

中学生のは美術部だけあって、まさに芸術作品でした
和傘、おもわずもらって帰ろうかと(笑)

この日は子供たちに感動、いろんな参加の形があるんだろうけど
こんなふうにして市民みんなでつくり上げる「百華百彩」はいいですね~♪

素晴らしい!ヽ(*^∇^*)ノ

260228 チャリティー百華百彩16 




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

アケボノアセビが真っ盛り~♪
指宿から帰ってきました~!

野菜作りグループのオバチャンもオバアチャンもすこぶる元気\(^o^)/
どこちゃここちゃでお土産を買いまくり、しゃべり倒し、大笑いした二日間でした

とっちんも食べるわ、飲むわで胃が疲れました
おまけに今日は桜島の灰に降られちゃって、やれやれなことに(-_-;)

でも、楽しかった~♪
畑ばっかりじゃなくて、たまにはきれいにお化粧して出かけなくちゃね!



てことで、鹿児島のお話~~~
といきたいところですが、疲れているので今日はま~ったく違う簡単なネタで(笑)

「アケボノアセビ」

260220 馬酔木2

ピンクの馬酔木は園芸品種らしいです

らぼっちの実家で咲いていました
大きな木なのに、今回初めて気がついたんです(^_^;)

馬や鹿などの草食動物が葉を食べるとアセボトキシンという有毒物質により
酔ったような状態になることから馬酔木(アセビ)と名前が付けられたんですよね

別名をアシビ、アセボとも

260220 馬酔木3

花は寒い時期に咲くので、霜や雪を防ぐため下向きで入り口が小さいつぼ状

260220 馬酔木4

花言葉は「犠牲」「二人で旅をしよう」「清純な心」
う~ん、なんか脈絡のないそれぞれの言葉だな(-_-)


『我が背子に 我が恋ふらくは 奥山の 馬酔木の花の 今盛りなり』

な~んてね(#^.^#)

260220 馬酔木1 







テーマ:日記 - ジャンル:日記

真っ白いお雛さま♪
バドの研修で武雄に行ったとき、最後は有田まで足を伸ばしました

有田焼の里を、町を歩けるんだととっちんはウキウキヽ(^o^)丿
マイクロバスは国道35号は西へ~

煉瓦の煙突が見えてきた~
有田の町にやってきたよ~

・・・・・あれ?あれれ?
えーーーーっ!!(@_@;)

通り過ぎちゃった
なんてこったい


有田に行くっていうから
てっきり町を散策するのかと思ってたら、妙なところに連れていかれた(;一_一)

こんなのがあったよ

260216 有田焼卸売団地1

珍しいよね~、お茶碗ですよ
しかも有田焼の!

260216 有田焼卸売団地2

見事に積まれています
よ~く見たら、接着剤でこってりとくっついていました(^_^;)

260216 有田焼卸売団地3


そして、今日は桃の節句♪

写真はNGかと思いきや、いいですよ~と言われ
こんなのも見てきました

260216 有田焼卸売団地4

世界最大の白磁の座りびな七段飾りです
高さ約2.5m、幅1.8mだそうで、実際大きくてきれいでした

ひとりひとりの顔が個性的なんだけど
真っ白でツヤツヤしているので、ライトに光ってうまく写ってなかった(-_-)

260216 有田焼卸売団地5
 
少し暗くして見ると、少しは顔がわかるかも・・・
え~、ここでも時間がないの~?

260216 有田焼卸売団地6

みんな何を見てまわっているのかしら
せっかく佐賀に来たんだから、じっくり見ましょうよ~(ーー;)

そう思ったんだけど、もうお昼ご飯を食べたら帰るって・・・

ところがお昼を予定していたところが予約でいっぱいということで
高速のSAで遅い昼食を各自で食べ帰途についたのでした、チャンチャン(・へ・;)x


さて今日は指宿に行きます♪

野菜作りグループでの年1回の旅行なんですのよ
お~っほほほほヽ(*^∇^*)ノ

日帰りではありません、1泊して明日帰ってきます
さ~て、今度はゆっくり見てまわれるのでしょうかね~(*^_^*)





「武雄神社」の大楠は凄かった♪ 図書館にも行ったけど^^;
今日もバドの試合でした(^_^;)
ここんとこ毎週のようにあっちゃこっちゃの試合に出てるな~

パートナーは試合ごとに違うんだけど
女子で出たり男子で出たり・・・

結果はまあ、そこそこで(*^^*)
オリンピックじゃないけれど、参加することに意義がある・・ってことにしとこ(笑)


さて~、武雄でのお話のつ・づ・き~♪

午前10時ちょっと前にホテルを出発したバドの研修団体一向
すぐに向かったのは、ぶっさんか~ん(#^.^#)

260216 武雄神社1

お土産買うのに命かけてる方がいらっしゃるもんで(言いすぎか・・^^;)
たまたまこの日はぜんざいのふるまいや嬉野茶の試飲などがあり、お腹一杯!

そして武雄神社に行きました
御船山を見ながら、ぞろぞろ・・・ここは流鏑馬の場所だと誰かが言ってたな

260216 武雄神社2

駐車場からは結構距離があったので、年配者はふぅ~~って(-_-;)

260216 武雄神社3

上と下の二箇所がつながっているらしいけど、よく見るヒマがなかった夫婦檜
だあ~、みんな~、置いてかないで~~($・・)/~~~

260216 武雄神社5

立派な石垣、熊本県民なら武者返しか思うだろうな

260216 武雄神社7

肥前鳥居と言われる形の鳥居
注連縄も垂らさずにピシッと張ってあります

260216 武雄神社8

武雄神社(武雄五社大明神)は、735年(天平7年)に創建され、武内宿袮を祀ってあります
源頼朝が戦勝祈願をしたという由緒もあるようですね

260216 武雄神社9

由緒正しい神社ですけど、色にちょっとびっくりしちゃった

260216 武雄神社11

狛犬は斬新なマフラーを巻いていらっしゃいます(笑)

260216 武雄神社10

さ~、ここをくぐって・・・

260216 武雄神社12

公園のような小道を歩いて・・・

260216 武雄神社13

お、ここもオルレのコースか、カンセ見っけ!

260216 武雄神社14

あら~、竹林に入っていく~~(・・;)

260216 武雄神社15

涼しい風が吹いてきたと思ったら、おおおお出た~~~!!!

260216 武雄神社17

が、しかし、屋久杉のようにはるか遠くからしか見られな~い(>_<)
実際、屋久杉に行ったことはないんだけどね、たぶんこんな感じでしょ

260216 武雄神社16

龍が巻き付いていると言われているところは、あそこかな?
根元にある12畳の空洞も天神様もまったくわっかりっましぇ~ん

260216 武雄神社18

樹勢が衰えているのかもしれません(-.-)

囲いのある一番左側から見たところ

260216 武雄神社19

そして一番右側から見たところ

260216 武雄神社21

さすがに全国6位、昨日アップした塚崎の大楠とは規模が違うね
一行の貸切状態だったのに、あっという間に人がたっくさん

260216 武雄神社22

みんな、すごいすごいを連発!
これからもしっかりと守ってあげないといけませんね(^_-)-☆

そしてこの後は、マイクロバスへ・・ではなくて
同じ駐車場で行ける武雄図書館へ

260216 武雄図書館2

そう、あのスタバを含むツタヤが入った図書館
だから施設内を見てまわりたかったんです

楽しみにしていたのに、それなのに、ああそれなのに・・・
使いっ走りなんぞしてコーヒーを飲んでたら時間がなくなった~~く~~(泣)

260216 武雄図書館3

それでも大楠には会えたから、良しとしよう(*^^)v


 


<武雄神社>
[アクセス]地図はコチラ


慌てまくって会いに行って大満足♪ 「塚崎の大楠」
ぬぬ、今日からもう3月じゃありませんか(-。-;)
早い、早すぎるぞ!

なんだかしょっちゅうご飯を食べ、すぐに寝る時間がやってくるような気がする
幸い、ご飯を食べたのを忘れるってことはありませんけど(笑)

昨日は昼間が暖かかったので、汗をかきかきでしたが
夕方から県北の灯りの行事にでかけ、夜だというのに長居をして寒くなりました

この時季は油断すると体調を崩しかねないですよね
それに黄砂やPM2.5、それに花粉、飛んでくるものにも気をつけなくちゃならないし

そういえば、今日は高校の卒業式だったはず
巣立ちと出会いの季節になりました

3月、またあっという間に去ってしまうんだろうな~


今日は武雄の巨木のお話です
武雄市には樹齢3000年を超えるという大楠が3本もあるんですよね~

以前行ったことのある国の天然記念物「川古の大楠」は全国同率3位
全国6位の武雄神社の大楠は、あとでみんなで見に行くので後ほど・・

で、もう1本はというと
全国ランキングでは33位と、同じ3000年の樹齢でもちょいと下め

それでもせっかく来たので、拝んでおきたいな~と思いつつも
武雄温泉のあたりを朝からうろついていたのであります

歩いていけるようなところにはないよな・・・
そう、そんなに甘くはないだろ、地図をなにげなく見ていました

そしたら、あらあら、あるじゃないですか!
比較的近いところにヽ(*^∇^*)ノ

でも残り時間は30分、間に合うだろか
うんにゃ、時間内に行ってきたる、そうしなきゃ絶対後悔する(`ヘ´)

ってことで、武雄温泉の楼門からびゃ~~~っと急ぎ足
朝は寒かったので着込んで出たら、暑い暑い(^_^;)

とりあえず、7~8分で着きました
そうそう、武雄も九州オルレのコースに選定されていたんでした

260216 塚崎の大楠1

「塚崎の大楠」といいます

260216 塚崎の大楠2

街中にあるので落雷に遭ってしまったんですね

260216 塚崎の大楠3

武雄神社にもちかいんですけどね
小高い丘に姿を現した大楠の姿がこちら

260216 塚崎の大楠4

う~ん、幹に比べれば枝がちょっと寂しいね
根元にはお神酒が捧げられています、「ちょっと見せてくださいね」

260216 塚崎の大楠5

ありゃま、こんなところにぽっかりと穴が!(・o・)

260216 塚崎の大楠6

角度を変えてみると表情が全然違ってた
うわ~~~~~、クスが雄たけびをあげてる~\(◎o◎)/!

260216 塚崎の大楠7

まるでジブリ映画に出てきそうじゃありません?
長老が両手をあげて「待ってたぞー!!」って

260216 塚崎の大楠8

差し詰めこれは顎髭といったとこでしょうか

260216 塚崎の大楠9

樹齢が重なると多くの巨樹がそうであるように
この大楠じ~さんも中が空洞に、いえ、半分しかありませんでした

260216 塚崎の大楠10

260216 塚崎の大楠11

ちょっとお邪魔してみましょう
お髭に続いているところだけが、かろうじて繋がっていたんだ

260216 塚崎の大楠12

下は穴ぽこだらけだけど
しっかり栄養分を吸い上げているみたいでした

260216 塚崎の大楠13

260216 塚崎の大楠14

表の顔、裏の顏、作らざるを得なかったんだよね

260216 塚崎の大楠15

そして、年季の入った表皮

260216 塚崎の大楠16

長老~、会えてよかったよ(#^.^#)
いつまでも達者でいてね~!

260216 塚崎の大楠17

あ、ヤバイ!!
集合時間まであと10分しかない(@_@;)

急げーーー!!走った走った
どこがまったりと朝散歩だよ

暑いしきついし、バドのほうが楽だった
オルレのように楽しみながら歩くのとはかけ離れていたな

260216 塚崎の大楠18

よかった~、間に合って(*_*;)




 


<塚崎の大楠>
[アクセス]地図はコチラ



Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog