FC2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
更に暗くなる⁈
すっかり忘れていたけれど、そういえば…

ひと月前くらいに北九州市の「皿倉山」に
登って・・いや、行って来たことを思い出しました

というのも、この山にはいろんな登山コースがあるのですが
そこは熟年、登山とかする気もサラサラなく車で山麓駅までスイ~ッ(^-^)v

山麓駅からケーブルカーで行くという超楽~な行き方を選ぶ
これだからどこも鍛えられるはずがない( ̄▽ ̄;)



この山に登った神功皇后が下山するときに日が暮れていて
「更に暮れたり」と言ったらしく更暮山、更暗山→更倉山→皿倉山に転じたとか



北九州市の夜景スポットとして有名で
カップルには最高のシチュエーションのようです



ただ、登って行くケーブルカーでは木々が迫っていて
残念ながら見える景色は狭い(^^;;



全長1100m、高低差440mを5分で山上駅へ
そこからこんなスロープカーで622mの山頂の展望台駅に



すぐそこの距離なのに3分もかかる、50m/分(・・;)
中からの風景はこんな感じ



山頂では北に新日鐵住金から若松の町、遠くに響灘



ハートの向こう、南に英彦山



お山の上は各テレビ局の鉄塔も乱立



奈良の若草山、山梨の笛吹川フルーツ公園と並んで
新日本三大夜景らしい、どこも全然知らないけどε-(´∀`; )



登山もしていないくせにやたらお腹が減った熟年ふたり
カフェマウンテンなる展望台レストランに即入店



なかなかのロケーションでしょ(*^^*)
で、らぼっちは寒いと言ってうどんと焼きカレー、食べ過ぎだろ(¬_¬)



とっちんはガレットとコロッケ
え、足らないんじゃ?と言ったの誰かいな?( *`ω´)



最大傾斜度28度のケーブル
帰りはふたりでずーっと見つめて下りて行きました



さて、夜の皿倉山に行く時が来るのか~?(´-ω-`)





スポンサーサイト
歩いて越える
孫が使うために1ヶ月間レンタルしていたチャイルドシートとベビーカー
昨日返却しようと小倉まで行ってきました

返却には5分もかからず、さてどうしようか?…
あっちだこっちだとコンビニ前で考えた末に(*´∀`*)



門司の和布刈まで来てしまいました
そこですることは、地下50mくらいまでエレベーターで下り



あら、熟年と同い年だったんだ~!
そして、歩きます٩( 'ω' )و



構造はこうなっています



全長は780m、とっちんはずーーーーっと前に歩いた記憶が!
その時は青い舗装だったような気がする(^^;;



県境は真ん中じゃなく、10mくらいずれているんだな





下関側、みもすそ川公園



壇ノ浦古戦場の再現



海がキラキラ☆



結局、唐戸市場まで歩いて昼食はお寿司バイキング(*^^*)



帰りももちろん歩き、おかげで10000歩越えたわ(๑˃̵ᴗ˂̵)












人混みに酔う
贈り物を買うためにちょっくら都会へ



人が多くて田舎モンには疲れるので休憩も必要



だけど、こういう風景は好き



来月誕生日のあの人にこの人に
気に入ってくれたらいいな


モノレール
買い物に田舎から地方の都会へ



田舎モンは人に酔うわ~(^^;;






時季を間違えた
「あ、雪だ!」
ふわふわとした雪がクリスマスイブあたりに舞うなら気分も上がるだろうけど…

「また雪か、ひどく降らなきゃいいけど」
今年は雪の日が多すぎますなあ

朝9時過ぎから舞い始めた雪
出かけるかどうかで揉める、いや雪だからじゃなくて違うことで(-。-;

結局、煮え切らないらぼっちを乗せてとっちんが運転、着いたところが
日本最大のカブトガニの生息地、曽根海岸



2000匹は生息しているんですって(´⊙ω⊙`)
いつぞやは海水温の上昇で大量のカブトガニが打ち上げられたとか

小倉南区の曽根新田の海側に広がる517ヘクタールの干潟
そう言われてもよくわからないけど、かなりの広さがあります



干潟を分断して道が出来ているようです
そっか、遠浅なので漁港は沖合いにあるんだ(^-^;



北九州空港も見えるし、季節が良ければねえ
時間を忘れて居れるかもしれないと思った次第



だけど海岸は寒風吹き荒ぶ、北から雪がやってくる
こんな日に誰も来ないと思ったら、物好きはこの熟年だけじゃなかったのよね(゚o゚;;









Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog