FC2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
カンガルー
カンガルーは群れるんだって



猿のようにボスがいて1、2年で交代するらしい
ボスの周りは安心感があるみたい



雌は繁殖に適さない環境だと受精しても
子宮へ着床するのを遅らせたりコントロールできるとか



カンガルーの赤ちゃんは2cm、1gくらいで生まれ
総排出腔から育児嚢の中へ自力で移動し乳首を見つける



7ヶ月くらいになると袋から出て



親から離れて自由に動き回ったりする



時には骨折といった怪我をするカンガルーもいる
後ろ足なんて致命的かと思いきや、尻尾で器用に立ったり歩いたりするらしい



後ろ足のないこの子は群れから離れているけど
ちゃんと生活できているんだって



尻尾擦りむいたようになってる、ちょっと痛々しい



ケナガワラルーなんていうのもいるんだ



カンガルーは柵内の広い場所から出たりしないけど
珍しいシマオワラビーなんて園内を自由に飛び回っている





いや~、飼育員さんから聞いたカンガルーの生態にもビックリだったけど
直に触れるのにもビックリの日だったわ(@_@)





スポンサーサイト



師走の街を歩く
時間を知らない人に右往左往させられた昨日の鬱憤を晴らすため…
というか、小倉に行く用事があったのでついでに息抜き

用事を済ませ、師走の旦過市場に突入
と、入ってすぐのたこ焼き屋さんで小腹を満たす



市場の右側を眺めながら行って帰る
途中で小倉名物のぬか炊きを購入、今回はサバ

それから、これまた小倉発祥の焼うどんを昼食にと探す
らぼっちは「今日は焼うどん!」と言うのでお付き合い

店が夜しか開いてないところも多く、結局前に入ったお店に
小倉発祥焼うどんはその時に食べたので、ちょいと変わったモノを注文

らぼっちの「牛すじとネギの柚子味噌焼うどん」
こちらは和風で合うのも頷ける



とっちんは「カルボナーラ焼うどん」



味付けはパスタと同じなんだろうけど
パスタとはまた違ってもっちもちの焼うどん、美味でござった



さてそこからぶらぶら
あっち行ったりこっち行ったり



こんなのを見て寒いのが余計に寒くなったり



ここの横も通ったり



らぼっちのおかげで気は晴れたものの
帰ったら帰ったでまたひと悶着、やれやれだ







昼食食べに?
昨日は朝から地区育成会のレクリエーション行事
公民館に集合した後、JRの駅まで各家の車で移動



今現在、我が地区は軒数も33軒と減り
育成(子供会)には小学生0人に中学生2人

その中学生たちにも夏休みに何かしてあげないと…
昨年は計画倒れになってしまっていたので、今年こそはと…

育成部長は中学生1人の親御さん、計画を立ててもらいました
そしてこの行事も公民館行事、区長も公民館長も行かなくちゃ、です

とはいえ、区長の奥様はパスということで本日は
中学生の2家族6人と区長、公民館長のらぼっちとお供のとっちんで9人



乗り継いで着いたところは・・



さてと…着いて記念撮影したところで、自由行動だって
???え、もう?帰りのJRも自由?あらま(・・;)



中学生2家族はそれぞれ、区長、らぼっちととっちんは3人で行動
まあ中学生ともなれば他人、それも熟年たちと一緒は嫌なんだろうな

ということで、門司港レトロ展望台でコーヒータイム
計画ではサイクリングだったんだけど…



結果、予定通りだったのは計画者のところだけ
3人でコーヒーを飲んでいるこの時間、チャリを押してトンネルを歩いてたかな⁈



そして熟年3人、これにて下関側へ



そして当然、ここでご飯を食べ…



なくて、こちらで食事



もはや外国語は飛び交いすぎて日本にいる気のしない場所で
人混みの中で寿司とか食べる気分になれない3人でした



そしてゆっくり海鮮丼やらうにいくら丼など食べて門司港に引き返し
とっとと帰路に着いたんですが



なんせJRに乗り慣れてなくローカル線だということを認識しておらず
乗り換えに1時間待つというオチ、それでも15時には帰り着きました(@_@;)

何しに行ったんだ?





2億年前の生き物を守れ
あと数時間で平成が終わる
ゆく年くる年とか大晦日みたいなテレビ番組やってたけど…

今日は退位の日
厳かに退位礼正殿の儀が行われた、思ったより短いものでした

平成元年生まれの娘、何思うか
ひとつの時代が幕を閉じる

多大な災害が多くあった平成
忘れてはいけないことばかりです



さて、門司港に行った日
曽根干潟にどうしても行くと言うらぼっち



潮の状態を見もしないで行ったってダメよね
この日は相当霞んでたし、何が何やらわかりゃしない

ということで、門司港からの帰りにとっちんの提案で寄ってみました
やっぱり干潟ってこうでなくちゃ(^^)v



その干潟で遊んでいた子供たちに場所を聞いて
たどり着いたのはここ!



ネーミングが素晴らしい☆
自慢館ですよ、自慢館



生きたカブトガニが3匹水槽にいるそうです
4~12月の土日祝日、10~16時に会えます



この日、カブトガニに詳しい方がいらっしゃって
らぼっちとふたり、とか言いながらお話しをうかがいました

へ~、ほう、なんと!
カブトガニの生態、知るすべもなかったので凄く新鮮



日本のほかの地域にも生息しているようですが
ここ曽根干潟がいちばん数が多い?とか

潮に乗って産卵にやって来るツガイ
日本カブトガニはくっ付いたままやってくるそうです



それも毎年同じツガイでって話を聞きました
わ~お、深い絆で結ばれているのね

アメリカカブトガニは1匹のメスにオスが取り囲むんだそうです
ということは、毎回違うオスと?あはは(^^;;



そして、カブトガニの血液は白いとか(´⊙ω⊙`)
人間の血液は鉄が多いけど、カブトガニは銅が多いので採取されると青くなるらしい

そのカブトガニの青い血液によって
人間の命が救われていると聞いた時にはビックリでした



産卵に来るカブトガニ
見てみたいな~(*^o^*)♪















大正時代に戻った門司港駅
そういえば…門司港には
門司港駅が3月にリニューアルオープンしたから行ったのでした

6年の歳月をかけて復元されたんだから
そりゃ凄いことになっているんだろうな



おやおや、こんな石畳みだったっけねえ?ʕʘ‿ʘʔ



外観はあまり変わっているようには見えないけど
屋根も外壁も変わっているらしい



中は前より明るくなったような気がする



へえ~、スタバが入ってるのね



柱もピッカピカ♪



旧一二等待合室はみどりの窓口と観光案内所
黒漆喰と石膏の壁が目を引きます



改札は以前と変わらず、よね?(^^;;



2階の旧貴賓室への行き方が分からず
レストランへの階段で行き詰まったらぼっちととっちん

改札側、まだ工事中だったやろ?
行けたの?うっそ(T-T)



案内板が欲しかったなあ…

今回、駅舎南側に39発もの機銃痕と2発の爆弾痕が発見されたとか
よく残ったもんだ

いろいろ見逃したところはあるけど
いつでも行ける距離になったからね、うんうん(*^^*)








Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog