fc2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
名前のとおり
数株を分けてもらって植えたのが2年前
昨年はボチボチで、何か咲いているって感じだった

こぼれ種の増える株も今年は大きくなって
冬の間楽しませてくれる、まさに「冬知らず」



通っている歯医者、今日も小さい工事的な処置に顎がっ!
開けっ放しの口がガクガク、いくつになっても苦手だわ










スポンサーサイト



怖い怖い
最近、なんだか物騒な世の中になってきた
電車の中だったり、学校だったり、家だったり…

いったい何があって人を殺めようとするのか
それほどまでの気持ちを持ってしまう環境だったのか

そういう事件のニュースが流れるたびに
気分が塞ぐし、胸がざわざわする

今、世の中では精神的に病んでいる人が多いのだろうか
他人を思いやり自分の人生を大切に生きることが必要だと思う

きれいごとだと思われるかもしれないけれど
そういうことから自分を見失っているんじゃないかと感じる

気分転換
やっぱ凄い!
大谷くん、満票でMVPって!

みんなが信じて疑わなかったけど
誰か数人は天邪鬼もいるかと思っていたので、やっぱ凄い!

朝から1日中、メディアはその話で持ちきり
子供の頃からの映像やその言葉に改めて流石だと思わせてくれた

そして大谷くんの気分転換は野球、もしくは筋トレ
体を壊さずこれからも前人未到の記録を伸ばして欲しい


そんな今日、義母は義妹の迎えの車に乗り込み
薬をもらうべく、かかりつけ医院経由で義妹の家に向かった



義妹は優しく話を聞いてくれることだろう
もう何回も聞いたと、とっちんのようなことは言わないだろう、きっと

義母の気分転換にと言い、迎えてくれる義妹だけど
とっちんに気を遣ってらぼっちと2人にと考えてくれていると感謝

義母がいないからといって日々やることは同じなのよね
でもやっぱり気は楽、今月いっぱい甘えさせてもらおう








心配は尽きない


離れているのでそれぞれ心配なことが多い
近くにいれば、と何度も思うけどこればっかりはどうしようもない

自分で乗り越えていかなければならない
親のとっちんもその昔そうだったように…






気持ち次第
ノーベル物理学賞を受賞された真鍋淑郎さん
「周囲に同調して生きる能力がないから」とアメリカ国籍を取得とのこと

日本ではやりたい研究ができないからだと…
人と違った事をしようとすると横槍が入る、つまり「出る杭は打たれる」わけだ

そんな中で日本の優秀な研究者は海外を目指すらしい
したいことができない日本ってどうなんだろう

魅力度ランキングで憤慨する県知事もまた了見が狭いというか
日本人は何かに囚われすぎているんじゃないかと思うこの頃である



かく言うとっちんは今の自分の位置は悪くないと思っている
どうして?と思うことも多々あるけど、基本環境は合っていると感じる

やること、できることを日々続けていく、自分で築くもの
ボーっとしときたい時、それは気分が良くないということ

無理せず、かといって怠けることなく暮らす
気持ちはいつも前向きに、より良い生活を求めていきたい







Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog