七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
田植え時期のこの日
今日は父の祥月命日、ちょうど10年が経ちました



朝にとっちんはお墓参り
墓地は今、りんご畑の上



祖父母と父が眠るお墓と叔父が眠るお墓だけにお参り
子供の頃は山の中で祖母と一緒に下から順に30以上のお墓にお参りしていたっけ



お墓参りから帰ってすぐに田植えの準備
苗も順調に育ってなによりです(´∀`)





さあ、ガンバロウ!



およよ、大きいトラックは何のため?
酒米に手ちがいがあったと、苗を作った人が自分のトラクターを乗せてきたんです

兄夫婦がせっかく植えたのに、苗があるまま、また代掻き
土曜日に植えた時間がパーになったと‥(@_@)



苗代だけで他の代金は取らない、植えるのもその人、当然ではありますが…
それはそれで、こっちは今日の予定の作業をせねば!



小さいけど水量の多い水路で空いた苗箱をすぐさま洗えるのが便利
けど田植え機がつけたえぐれをきれいに平すのは腰に堪えます



午前に一枚、午後は二枚、計三枚
コシヒカリはこれで終了



他の家々はとっくに田植えが終わっていました
父は忙しい時期に逝ったんだと語り草になってしまっています、残念(/ _ ; )










スポンサーサイト
スナメリのバブルリングだあ
今日は曇りのち晴れじゃなかったのか~い⁈
朝から昼過ぎまでちろちろ雨が降ってたし、晴れたのは5時過ぎ(ーー;)

昨日注文していた野菜の苗が来たというのに、植えられないよ~(>_<)
月曜日に畑は管理機で耕しておいたけどマルチが張れなかった

明日は1日留守にするのでできないもんな
明後日は忙しいぞーー٩( ᐛ )و


さて、土曜日は赤間神宮からの唐戸市場
からの~海響館、ご近所めぐりです



説明は要らないでしょ
気に入ったのだけ載せます





























あ~楽しかった(*^◯^*)









壇の浦の戦い
土曜日はドライブ、前日の鬱憤を晴らしに(⌒-⌒; )
関門橋を渡るとすぐに高速を下り、こんなのを見ながら(みもすそ川公園)



みもすそ川って若い頃、とてもいい響きの川の名前だなと思っていたけど
そういう川はないのね、みもすそ川町という地名だったとは…

そして最初はとっちんが幼い頃来たような気もする創建が859年の「赤間神宮」



来た…かな~?どうだったかな~?
御祭神は言わずと知れた、安徳天皇



竜宮城をイメージしたという水天門の横には太鼓楼



おやおや、賑やかな音色がすると思ったら美女が舞っておられました



あらまあ、なんと結婚式が行われていたんです



おめでたいふたりを目の前にしたもので、境内にある他の神社にはお参りせず
悲しいお話のある耳なし芳一のお堂へ



その横には壇の浦の合戦で亡びた平家一門の武将の墓が…
さすがに写真を撮るのには憚られたので頭上のもみじの新緑を(^^;;



そして安徳天皇の阿弥陀寺陵も隙間から見ても鬱蒼とした木々で見えず…
簡単に見えてのいけないのでしょうけど



その後は向かいにある唐戸市場でお昼ご飯



金曜と土日祝日は「活きいき馬関街」
好きなお店で、好きなネタのお寿司を、好きな場所で



って人が多すぎ~!ここでも戦いじゃ~(>_<)
風も強いので2階の椅子で、ちょっと珍しいノドグロ、鯨の尾の身、等々いただく



さてと、お次は?





















とんぼ帰り
今日は実家へお米を受け取りに行ってきました
行くと連絡したら「明日にしたら?」と兄が言います

国道は融雪剤も撒かれたので、すっかり解けてしまっているのに
脇道の日陰は除雪車の前にスタッドレスの車が通ってしまって圧雪され残っていると…

家までノーマルじゃ行けないらしい、むむむ?。゚(゚´Д`゚)゚。
積もったとは思っていたけど、まだそんな状況だったか

先週は積雪30cmあったらしい
我が家より倍以上だったんだ、さすが!(何が?笑)



だけど今度の日曜日にあられにする寒餅をつく予定だし
そのためには19日まで取りに行かなくちゃならない

今週はなんやかんやと予定があるわけですよ
だったら今日しかない!

そこで兄夫婦と母の病院でおちあうことにしました
そこまでお米を持ってきてもらうことで母の顔も見れるから(^-^)v

お友達の家に行くという義母を駅まで送ってから
一路実家に向かって出発しました

高速道路は年度末に向けてか、工事中の箇所の多いこと
走りにくいったらありゃしない(・_・;

高速を降りて国道を突っ走り
トンネルを抜けると案の定、雪国…



午後1時、病院に着いて母を見ると、ありゃ~(>_<)
今日は朝から起きることなく寝てばかりだとの話

しばらくは声をかけたり体や手をさすったりしてみたけど反応なし
こりゃ話どころか、来たことさえわからないままかも

病室の外のロビーで兄夫婦と淹れてきてもらったコーヒーを飲みつつ
話しながら母の目が醒めるのを待つけどなかなか目が開かない

午後3時、そろそろ帰らないとというころになってやっと目が開いた
なんとかとっちんが来たことはわかったよう、よかった

それなのに顔を見ると声にならない声で「日が暮れる、はよ帰り」
もーー、口を開いたかと思うとまたそれかい(^^;;

朝から何も食べず薬も飲めていないので
義姉と抱き起こしマンゴープリンを半分食べさせ薬も飲ませました



150cmもない小柄な身体に似合わない大きな手
勤めていた父に代わり農家の仕事を一生懸命やって頑張った手です

ゴツゴツだったのが今はやわやわ
体も骨ばって一段と小さくなっている

「また来るからね」と言うと、しっかりした目で頷いた
義姉には負担ばかりかけて本当に申し訳ないと思っています

帰り道、高速を走りながら無力な自分を情けなく思ったと同時に
ふと幼い頃の母の匂いを思い出してしまいました











合宿気分かい
手伝いという大義名分で実家に滞在した二泊三日
昨日の夜9時前に我が家に帰り着きました

朝は2日ともむせぶような霧
実家で迎える朝は幼い頃の郷愁を呼び起こさせてくれます



機械を使えないとっちんはたいして役にも立たない雑用係
それでも「助かった」と言ってくれる兄夫婦



お昼ご飯も食べないでの稲刈り、酒米「山田錦」は稲も長くて穂も重い
これが旨い獺祭になるのならと頑張っています



そして牛ちゃんたちの餌となる藁も田んぼで乾燥させます
ひっくり返さないと乾かないんだな~(^^;;



それにしても長い、田んぼが長すぎる!
聞けば100m、機械が入るには向いているけど人力の作業はかなりキツイ



そんなこんなで髪の毛の生え際をブヨに数ヶ所刺され
デコちんがこんなことにもなったけど



夜は打ち上げ的にご当地ビール?柑橘の香りがするよ
ちょっと発泡酒みたい、美味いけど毎晩は遠慮しとこうかなって感じ



ちょこっと行って手伝うくらいじゃ何の足しにもならないんだけど
みんなの顔を見ると安心するというとっちんの自己満足かな



とりあえず3日のうち2日目だけは母とも話せたし、甥夫婦にも姪にも会えた
それぞれが元気で自分の目標に向かって毎日を過ごして欲しいと思った次第です
















Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog