七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
巨樹に門に鼻に・・鼻~?^^; 「田浦阿蘇神社」
今日は中国地方や近畿地方でかなり雨が降ったようですね
熊本は・・・大雨の予報だったけど、雨どうした?

台風は明日、九州に上陸しそうな気配
熊本直撃なのか~?(>_<)

梅雨らしくもないというのに早くも台風がやってくるなんて・・
予報もしにくいらしい天気、今年はどうなっているんだろう

とりあえず、明日はおとなしくしておこう(-_-)


さて、一昨日南阿蘇にある阿蘇神社の分社をupしましたが
先々月にも芦北にある分社を訪れていたのを思い出しました

そう、らぼっちが沖永良部に赴任する際、鹿児島空港に送っていった帰りのお話です
ナビにちらっと出てきたので寄ってみたんです

芦北町田浦にある「田浦阿蘇神社」です

250404 田浦阿蘇神社1

鳥居には「阿蘇神社」としか書いてありません

250404 田浦阿蘇神社2

門がありました、随身門というものでしょうか?

250404 田浦阿蘇神社3

中を見てみると、矢大臣さんと左大臣さんがいらっしゃっいました

250404 田浦阿蘇神社4-1
250404 田浦阿蘇神社4-2

そしてこのお面、いや目の穴が開いてないのでお面じゃないな

250404 田浦阿蘇神社5-1
250404 田浦阿蘇神社5-2

見てのとおり天狗です、間違いなく!
天狗だから鼻が長いのは知ってますが、こちらは特に長~~~~~い!(@_@)

250404 田浦阿蘇神社6-1
250404 田浦阿蘇神社6-2

まさに取ってつけたような鼻だ(^_^;)

門をくぐると運動場のような境内がありました
なかなかの広さです

250404 田浦阿蘇神社7

社殿は1641年に焼失してしまい、今の神殿は1781年に再建されたと
何かに書いてありました

250404 田浦阿蘇神社8

いつ誰によって建てられたのかはっきりと分かっていないようですが
室町時代あたりに豪族田浦(檜前)氏によって建てられたものといわれています

250404 田浦阿蘇神社9

1781年に再建のわりには新しそうに見えますねえ~
色もついているし(#^.^#)

250404 田浦阿蘇神社10

また建て直されたんじゃなかろうか・・・

250404 田浦阿蘇神社11

天井もきれいだし(^J^)

250404 田浦阿蘇神社12

本殿はこぢんまりしていました
色がちょっと褪せてるな(-.-)

250404 田浦阿蘇神社13

ご神木の間にあるこの石はなんだ~?

250404 田浦阿蘇神社14

おお~、あれに見えるは・・・\(◎o◎)/!

250404 田浦阿蘇神社15

え、ジャグルジムだろうって?

違ーーーーう!(;一_一)
後ろの大きな木ですよ、木!!

ふ~ん、アラカシか~
推定樹齢300年以上ですって♪

250404 田浦阿蘇神社16

幹は根元近くで大きく2本に別れており、根元は空洞になっているんだとか
そして平成16年の台風による暴風のため主幹が地上4mのところで折れている模様

250404 田浦阿蘇神社17

幹は蔦がからまったり根元の木々でよく見えなかったけど
横の方で花はよくついていました

250404 田浦阿蘇神社18

大丈夫!ちゃんと息吹と勢いを感じたから
これからもずっとここで地域を見守ってくれることでしょう

250404 田浦阿蘇神社19

門をくぐる時に遊んでいた男の子がひとりいたんだけど
いつのまにかいなくなってた、いたよね?本当に(・・;)

250404 田浦阿蘇神社20 

 


<田浦阿蘇神社>
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

大行列も何のその^^熱々の海の幸を満喫!「芦北うたせ感謝祭」
うたせ船クルージングを無事に終えた熟年ふたり、陸に上がってきました

241110 うたせ感謝祭0

「芦北うたせ感謝祭」での特産品販売コーナーに寄ると、かなり品薄になっていました
クルージング前にはこ~んなにあったのに^^;

241110 うたせ感謝祭2
241110 うたせ感謝祭1

漁港なので魚もたっくさん♪
241110 うたせ感謝祭3
241110 うたせ感謝祭4
241110 うたせ感謝祭4-1

10時、地元計石保育園児による和太鼓の演奏が始まりました

241110 うたせ感謝祭19

うわ~、右側のふたりなんかすごくちっちゃい(*^_^*)
一生懸命に大きな大きな太鼓に向かって演奏してる、腰が入ってるし勇ましいな~

241110 うたせ感謝祭20

みんなとってもカッコよかったけど
やっぱり一番小さい子に目がいくんだよな~♪

241110 うたせ感謝祭21

クルージングの時、船長さんから「えび飯がうまいよ!」と聞いていたもので
早速ここに並びました^^

241110 うたせ感謝祭5

ありました、ありました♪
干しむきえびを薄口と酒に5時間ほど浸して炊くんだそうですね、えび飯!

241110 うたせ感謝祭6

ほんのりあったかかったのですが、帰ってからレンジでチンして食べました
口の中にえび~~~っ!って味が広がって、本当に美味しかった~(#^.^#)

241110 うたせ感謝祭24

足赤エビの塩焼きが焼き立てを売られているので大変な行列^^;
でも、芦北といえばこのエビなのでしっかりと並びましたよ

241110 うたせ感謝祭7

豪快に塩が振られ焼かれています
これも焼き立てをいただくつもりだったのですが、行きつかず帰ってから食べるはめに^^;

241110 うたせ感謝祭23

大きくても殻ごと食べられる足赤エビ(とっちんだけ?)
右から2番目の巨大なエビはらぼっちにあげて、3匹はとっちんのお腹の中に(*^^)v
エビの醍醐味を味わえました♪

らぼっちが並んだのはこれ!

241110 うたせ感謝祭8

すり身の天ぷらです
ほんのり甘くもっちり、ひとつでも口とお腹が満足できます

241110 うたせ感謝祭25

なぜ、こんな熱々の美味しいものがお持ち帰りとなったのか・・
それはこういうのを目にしたからです

241110 うたせ感謝祭10-3

なに?なに?炭火で海鮮バーベキューかいヽ(*^∇^*)ノ
まだ10時過ぎだけど、食べちゃえ~~!

241110 うたせ感謝祭10

ちょっと迷ったけど、ふたりともセットにすることにしました

241110 うたせ感謝祭11

みんな同じだろうとカゴを手に取ると、お兄さんが
「ここの列だけタチウオがおまけについてるよ」とおっしゃる

あらそう?と覗きこみ、当たり前のようにタチウオ入りを選ぶ欲深いふたり(笑)
しかもタチウオのデカいのを・・・^^;

241110 うたせ感謝祭12

ちょっとでも空いている網を探して素早く割り込みます
「ここ、いいですか?」

241110 うたせ感謝祭13

6種類すべて並べます、これで1000円分!
小さく見えますが、イカなんて分厚くて結構大きいんですよ^^

そろそろ食べごろかな~!(^^)!

241110 うたせ感謝祭14

タチウオは網にくっついて焼くのがちょっと大変だったけど、どれも美味でした
イカもイワシも食べごたあり、味はもちろん足赤エビが群を抜いていました^^

この海鮮バーベキューを食べ終わらないうちに
あれよあれよという間に大行列ができていたんです

慌てて食べて最後尾に並ぶらぼっち
先着150名なんだけど、ちゃんと貰えるだろうか(>_<)

241110 うたせ感謝祭15-1

クルージングで一緒だった方とお話しながらやっと食べ終わったとっちん
列が縮んでおり、らぼっちは後30人のところまで来ていました

241110 うたせ感謝祭15

何の列かといいますと、これは鯛の味噌汁無料サービスの列なんです^^
とっちんは長い長い列に並ぶ気などさらさらありませんでしたけど(笑)

241110 うたせ感謝祭17

やっとのことでゲットしたらぼっち
結構大きな切り身がひとつ入っていた熱い味噌汁を美味そうにすすります

241110 うたせ感謝祭18

って、鯛が沈んでるまんまだし(笑)

とっちんも少しもらったけど、鯛の出汁がよく出てました
バーベキューの後なので余計に美味しかったです^^

帰り際、地元素人芸人さんのショーが始まりました
え、オバマかよ(>_<)

241110 うたせ感謝祭22

オバマが再選されたばかりなのでツカミはこうなったのでしょうね

それにしても結構お歳のおっちゃんだったな
ばーちゃんの追っかけでもいるのかな?(笑)

いや~、「芦北うたせ感謝祭」
青空とはいかなかったけど、雨にも降られずうたせ船は見られたし
美味しいものをどっさり食べたし、大満足でした☆

241110 うたせ感謝祭26

じゃ、雨が降る前にさっさと移動しよかね~(^O^)/


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

貴婦人はつぎはぎを着た働き者でした♪「うたせ船クルージング」
今日は雨降り、予報通りでしたね
わかっていたことなので、昨日の土曜日に出かけてきました

どこにかと言うと、こちらグランドゴルフ大会に・・・

241110 芦北うたせ1

ぎゃはは、いやいやそんなわけないでしょ、違いますよ(*^^)v
その横であったイベントに行ってきたんです

241110 芦北うたせ2

ぶふふ、芦北町の計石港でございますよ~
ウミネコとシラサギが出迎えてくれました

241110 芦北うたせ3

大量旗もたくさん翻っていて、気分も盛り上がります

241110 芦北うたせ4

イベントとはこういうものでした^^

241110 芦北うたせ5

帆を張らないうたせ船から、帆を張ったうたせ船を眺めようという企画です
9時からのクルージングの受付は8時30分から

もしかしたら人が多すぎて乗れなくなるかもしれないと思い
家を早めに出たら8時前には着き、ちょっとウロウロしてから受付に並びました

なので受付番号は5番と6番、ごった返すと思ってたので拍子抜け(*_*;
天気のせいか、昨年より金額が上がったせいかと並んでいたオッチャン達と懇談

こちらはクルージング順番待ちの人が座る椅子
当然、まだガラガラ^^

241110 芦北うたせ6

いや~待ち遠しいな~(#^.^#)

241110 芦北うたせ7

呼ばれるまで、いろんな出店を見てまわりました

そしたら急にお腹をすいてきたので「何か食べようか」らぼっちに言うと
「クルージングから帰ってきてから!」と却下されちゃった、え~ん(笑)

集合の合図でみんな集まってきました

241110 芦北うたせ8

さあ、いよいよ一番船が出航の時間になりました
一艘には12名乗り込みます

241110 芦北うたせ9

救命胴衣を着けて

241110 芦北うたせ10

いざ、出航~~~!

241110 芦北うたせ11

イベント会場が見る見る間に小さくなっていきます、速っ!!(@_@;)
あ、二番船ももう出てる

241110 芦北うたせ12

うたせ船は、海の底に入れた網に仕掛けがあり
袋状になった7つの袋網で海の底の獲物を引き揚げる伝統の底引き漁法を行います

エンジンの力を使わず、風と潮の力だけで網を引くわけです
エコですね~、というか必要以上に捕らない魚に優しい漁

そのうえ、ゴミまで取ってしまうという環境に良いものだそう^^
そしたら、こういう観光うたせ船ってどうなんだろうか・・・

船上にはきれいにたたまれた網が置いてありました

241110 芦北うたせ13

“白いドレスの海の貴婦人”と呼ばれるうたせ船
帆は白いものだと思っていたけど、案外薄くてグレーだったおまけにツギハギも見える^^;

241110 芦北うたせ14

漁をする網と同じように大事に使われているんですね^^

沖合に浮かぶあれは確か三ツ島
船が速いのでものの数秒で見え方が変わっていきます

241110 芦北うたせ16-1
241110 芦北うたせ16-2
241110 芦北うたせ16-3


う~ん、青空だったらな~ (;¬_¬)

241110 芦北うたせ17

船上はカメラマンのオッチャンばっかり
とっちんはじめ3人ほどがオバちゃんでした

241110 芦北うたせ18

操縦ってこんなふうにやってんのよ
手元とか見えないのでちょっとビックリ(笑)

241110 芦北うたせ19

港を出てから15分、やっとゴマ粒のようなうたせ船が見えてきました
あ、オッチャン、うたせ船は向こうだよ!(笑)

241110 芦北うたせ20

それから5分後、“貴婦人”の姿が大きくなりました
風が強いので帆は半分くらいしか張られていません、これもちょっと残念(>_<)

241110 芦北うたせ21

龍ヶ岳の樋島をバックに悠々と操業中?でした
最初のうたせ船です

241110 芦北うたせ22

青空に大小9枚の帆がめいっぱい張られているとそれはそれは素晴らしいでしょうね
でも、間近に見れただけでも感激でした

この9枚の帆を広げたら、バスケットコートの大きさになるんですって、凄い!!

241110 芦北うたせ23

うたせ船のまわりを一周してくれるので角度が変わると実におもしろい!
こちらの船頭さんが声をかけると漁で忙しいのに手を振って答えてくれました

241110 芦北うたせ24

一艘めのうたせ船が遠くなると名残惜しそうに見つめるみんな

241110 芦北うたせ25

でも、次の船が待っています
こちらは真ん中の帆が膨らみすぎてます、もう少し上げたいな^^;

241110 芦北うたせ26

糸のようなロープがたくさんあり過ぎて
何がどうなっているのかさっぱりわかりません

241110 芦北うたせ27

こちらの漁師さんたちも手を振ってくれました
でも、すぐさま作業に戻られます^^;

241110 芦北うたせ28

うたせ船は二人で漁をするんだそうです
収穫は主にクルマエビ、イシエビ、カニ、シャコなどだとか

いろんなお話をうかがい、質問にも答えてくださいます
後継者の話をうかがうとなかなか難しいと返事された船長さんです

241110 芦北うたせ28-1

クルージングの二番船、三番船がすぐ近くにきていました
なんだか追いかけられているようで、焦っちゃった^^;

241110 芦北うたせ29

帆を張ったうたせ船、帆を張らないうたせ船
こうやって見ると、不思議な感じ

241110 芦北うたせ30

最後に“貴婦人”の後姿を!^^

241110 芦北うたせ31

うたせ船の近くにいられるのはわずか5分
それでもカメラマンは十分に撮れたのではないでしょうか

241110 芦北うたせ32

じゃ~ね~、“貴婦人”さ~ん!
また機会があったら青空に白いドレスを優雅にまとった貴女を撮りに来るからね~♪

第二寿福丸の船長さん、操縦士さん、お世話になりました~m(_ _)m

241110 芦北うたせ33


 

<計石港>
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

帆のないうたせ船♪ 「計石港」と、カギを握る愛錠♡ 「御立岬鍵の塔」
何なんですかね~、無気力試合って・・・
オリンピックのバドミントン競技のことですけどね

自分の持てる力を存分に発揮してこそのオリンピックだと思うのです

だけど自国の人間と対戦したくないからとか、次戦を優位に戦いたいからとかで
試合を放棄したようなやり方はあってはならないんじゃないでしょうか

では、なでしこの試合はどうなんでしょうか

佐々木監督は引き分け狙いを選手に指示し
「選手に申し訳ない」としながら、戦略的ドローに持っていきました

これはバドミントンとは違うと言えるのか?
そもそも決勝Tがあって、前もって枠が決まっていることが問題なんじゃないだろうか

負けたら終わりのトーナメント、準々決勝まで行けば順位決定戦をする
柔道形式じゃないけど、そうでもしなければ本来の競技にはならないかと・・

今回のロンドンオリンピックは、首を傾げることが多過ぎる(>_<)
とにもかくにも原点に立ち返って考え直すことも必要じゃないでしょうかね


さて、芦北でのお話も最後です
らぼっちが「うたせ船」を見たいと言うのです

そこで、もしかしたら見れるかもと計石港に行ってみました

「うたせ船」は不知火海のシンボル、「海の貴婦人」とも言われる優雅な姿をした船です
熟年ふたり、まだその姿を拝んでいないのです^^;

少しばかり心を躍らせながら行ってみると
あちゃーーーー(@_@;)
 
240715 うたせ船1

すっかり漁も終わり?、マストから帆を外して片付けているところでした

大きな4本のマストと前後に突き出した2本の竹に張った大小九つの帆が
風をはらませて滑るように海原を進む姿は、まさしくドレスを纏った貴婦人か

んん~、見たかったな~^^;

おや~~~?
こんなところにくまモンが!!

240715 うたせ船2

あ、よく見ればくまフォトじゃあ~りませんか
前にくまもと森都心プラザにもこれがあって、登録してたのよね~^^

240715 うたせ船3

せっかくここで逢ったのだから、記念写真をとっとこ(^_-)-☆

240715 うたせ船4

ね、ここに本当のくまモンがいるみたいでしょ?
ちょっと背の高さが違うけど、もっと前後を考えて撮るとうまくいきます

ただらぼっちがね~、どうでもよさそうに撮るもんだからこうなっちゃった^^;

揺れる棒の先に、アオサギちゃん^^
何か獲物を狙っているのかな?それともただぼんやり?

240715 うたせ船5

帆がない船、本当に残念!

240715 うたせ船6

こんなの見たかったな~

240715 うたせ船7

それから、高いところから海を見たくなって御立岬に行きました
どこかに車を止めて、と思っていたらちょうど駐車場があったのです

240715 御立岬1

他にも結構車が止まっていたので、なんでだろうと思っていたら
こんな塔がありました(全体像は撮り忘れちゃった^^;)

240715 御立岬2

なんじゃこりゃ~?

240715 御立岬3

誰じゃー、カギの点々を消したのはー??
わ、おまけにシンホルタワーになってる(笑)

240715 御立岬4

ま、よくあるやつね^^
金峰山の神社にもあったし、今ではそんなに珍しくない

でも、こういうふうに書いてあるんだから、ちゃんと守ろうよ!

240715 御立岬5

でも、鍵はしっかり掛けられているので、はずせないんだよね
だから、そのまま(>_<)

あら~、ここからは御所浦が見えていたのね^^

240715 御立岬6

ようし、近いうちに行って探検するぞ~、えいえいおー(*^∇^*)ノ

 


<計石港>
[アクセス]地図はコチラ

<御立岬鍵の塔>
[アクセス]地図はコチラ



テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

のこぎり刃のような家並み♪ 芦北佐敷宿の「薩摩街道」
今日から8月ですが、台風です!
九州北部豪雨からの復旧もなかなか進まない中、台風が来るのはとても心配です

今朝からちょっとずつ風が強まり、雨が降らなければいいけどと思っていました
熊本市内は全然降らないのですが、余所はどうなんでしょうか?

全然降らないのもいろいろ支障があるでしょうが、もう雨はこりごりです
これから台風シーズン、地盤が脆くなっているところは万全を期さなくては!

台風の直撃は避けて欲しい、いや来ないで欲しい
お願いです!!


悲痛な叫びの後に、話はごろっと変わり
今日は芦北の薩摩街道佐敷宿をぶらぶらした時のお話(^_-)

実は3年前にもここには訪れてはいるんですが、ざーーっとしか見ておらず
ゆっくり歩いてみてこそ、街並みってのはよくわかるというものです

スタートはやはりここから、「野坂屋旅館」さん

240715 佐敷薩摩街道1

かつては熊本県南部の交易の要衝として栄えたらしい薩摩街道佐敷宿
条例があるのか、景観もそれなりに統一してあるような^^

すぐに目につくのがこちらの「福島屋 本田商店」さん
何のお店かがわからず、ひとしきり様子を伺っていました(笑)

240715 佐敷薩摩街道2

「もっと川で遊びませんか?」と書いてあり、漁具が置いてあるようです
宝くじも買えるようですよ、「当選おめでとうございます」と貼り紙がしてありました

お大師さんです

240715 佐敷薩摩街道3

そのすぐ横には「元薩摩屋」さん

240715 佐敷薩摩街道4

参勤交代の際、島津藩のお殿様の宿泊所だった所らしい、だからこの名前?
篤姫も宿泊したんだって、ふ~~~ん^^;

こちらは「坂井饅頭」さん

240715 佐敷薩摩街道5

う~ん、開いてれば買おうと思っていたけど、もう終わっちゃったのかな?

相逢(あいおい)橋を渡ります
ここからも佐敷城が見えるんですね♪

240715 佐敷薩摩街道6

道路にはこんな標識?

240715 佐敷薩摩街道7

「何も『江戸』って書かなくてもいいんじゃない?」と、文句を言うらぼっち
「参勤交代は江戸まで行くんだから、これでいいのよ」と、言っておきました^^

参勤交代ならぬ、薩摩に向かうただの平民二人
あ、違った、ぼんやりひょっとこと角を隠した般若だった(笑)

240715 佐敷薩摩街道8

創業100年の「岩永醤油」さん

240715 佐敷薩摩街道9

あっれ~、何回かここを通っているのにこんな樽があったっけ?
やっぱり歩かないと気付かないことって多いよな~^^;

240715 佐敷薩摩街道10

この佐敷宿には、道路に対して建物が斜めに建つ“のこぎり家並み”が残っています
九州では最大級らしいですよ

この形状はいろいろな説があるようです
「攻撃や防御のため」「間口が広くみえるため」「荷の積みおろしの場所」「馬をつなぐ場所」

う~ん、どれもそれらしいですね
さ、ここからその“のこぎり家並み”が続きますよ

わかるかな~?

240715 佐敷薩摩街道11

「馬をつなぐ場所」は今では車に代わって・・・・うわっ大丈夫か?(>_<)

240715 佐敷薩摩街道12

ここが一番わかりやすい大きな『のこぎり』だったんだけど
違う意味で凄さを感じたところでした^^;

ここならわかりやすい?

240715 佐敷薩摩街道13

通りの右も左も『のこぎり』になっていました
純和風の街並みが癒されます

240715 佐敷薩摩街道14

中にはこんな洋風の建物もあるんですよ
右からの文字がレトロ感ありますね^^

240715 佐敷薩摩街道15

変わった造りの建物だな~、「岩崎新聞店」さん

240715 佐敷薩摩街道16

わお、ここが熊本藩のお茶屋跡だったらしい^^;
写真一枚しか撮ってないぞ、らぼっち (;¬_¬)

屋根付きの塀に囲まれた恵比須さんにちょっと寄り道
珍しい~、大事にされているんですね^^

240715 佐敷薩摩街道17-1

小さいのに彫刻は立派♪

240715 佐敷薩摩街道18

ここ佐敷にはお薬師さんやお地蔵さん、お大師さんとあるのですが
どこもお姿を見ることはできませんでした

そういえば、街並みは素晴らしいのに、お店が開いているのかどうかがよくわかりません
みんな閉まっているのよね?

240715 佐敷薩摩街道19

日曜日はお休みなんでしょうか?
観光客相手じゃなく、地元密着型の商店ということなのかも(*^^)v

そこで見つけたバス停の時刻表、平日一日一便ずつです
しかも何時なのかよくわからない(>_<)

240715 佐敷薩摩街道20

最後はこれ!

240715 佐敷薩摩街道21

交流館桝屋の向かい側にあったと言われている高橋安兵衛家には
薩摩の平定に来た秀吉が往復で2泊ほど宿泊したとか
う~ん、もう少し何か建物に関するもの、残していて欲しかったかな^^;

でも、こんなふうに街並みを保存するのも大変なんでしょうね
あれはダメ、これもダメと制限あるんだろうな~

240715 佐敷薩摩街道22

ウチラ熟年は、あ~だこ~だ言うだけ
せめてこの風情のある街並み佐敷宿を今後も応援したいと思います
どうやって?(笑)

 

<佐敷宿>
[アクセス]地図はコチラ

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog