七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
昨日と今日の出来事
昨夜記事を書いていたのに、なぜかWiFiの調子が悪く
写真のダウンロードをしていた途中でアプリが固まってしまいました

短ーーい触手を持ったらぼっちがニュースを見て珍しく反応したお出かけだったんだけど
他のアプリは反応しているのにご機嫌斜めのまま、仕方なく放置しました

朝起きたら、当然のごとくまっさら(T-T)
ちょっとー、この頃WiFi環境悪すぎないか、らぼっち???


さてどこに出かけたかと申しますと



実はこのイベントに行くのはふたりとも初めて!
それというのも熊本からの手のじご夫婦も来られるとのことで余計行く気に(*'▽'*)

お、オスカー!久しぶりだね~(*´∀`)♪
相変わらず愛嬌たっぷりのハンサムボーイだ



手のじのお二人も変わりなくお元気そうで安心しました
さてさて4人と1匹で歩いて回ろうか



値段も柄もいろいろ、目移りせず目指すものに突進するとっちん
でもうーーん、なかなか気にいるものがないのですよ



手のじのお二人に案内されて初めて足を踏み入れた裏通り
これがまた良い!



陶器そっちのけで景色を堪能







いやいや、そんなことじゃいか~ん!
あら、花もすっかり秋の装い♪







違う違う、器を探さなきゃ!
と思ったものの、ときめくものに巡り合うことなく東峰村を後にしました



そしてその後はなんとなんと、お二人を我が家へお連れしました
わざわざまた時間をかけ足を延ばして来てもらったことは本当に嬉しいことです



話に大花が咲き、久しぶり感の全くない4人(笑)
我が家で話しているのだけが不思議な感覚でした

もう少しゆっくりしてもらいたかったのに、夕方だったからかさっさと腰を上げられた
オスカーが車でお留守番だったのも気になったからかな

おかまいもせず、だったな‥‥
あり??ありゃりゃ、記念写真を撮り忘れたーー( ̄O ̄;)

そうだ、うん、また来てくれるよね
下りていく車を見送りながららぼっちと話しました


そして今日はとっちん朝から実家へ
もちろん農作業の手伝いですよ、て・つ・だ・い



午前中はあまり時間もなくそこらへんを草取り
午後はモチ米の臼引きの手伝いが終わってから暗くなる頃母の病院へ

病室に入るやいなや、今日はダメだとすぐわかりました
寝ているわけじゃなく意識がないという状態、夕食も食べてなさそう

話しかけながら首や手をマッサージしていると、目を開けたリ閉じたりはするんです
だけど他の反応は無し、パーキンソン病のせいかどうかもわかりません



こうも調子が良い時と悪い時のギャップがあるのはどうしたものか
考えながらマッサージしていると、手がユルっと動き始めたんです

見ていると病室の入り口の方へ手を払うような仕草をしています
意識が戻ったのか、戻ったけど体が言うことをきかないのか

「帰れって言っとるの?」聞くと何か喋るけど聞き取れません
何か言いたげではあるので口元に耳を近づけてもさっぱりわかりません

とっちんには『今日は話ができんから帰りなさい』と言ってるように思えました
「わかった、じゃ明日は朝来るから」と言うと頷いたような気がしました

改善は望めないだろうけど、徐々に進行するんだろうけど
じっと見守ることしかできないのがもどかしいです






















スポンサーサイト
地形の違いか
久々のまとまった雨が降りました
この地域もかなり早めの稲刈りが始まっていますが、刈れません(・_・;)

降ったり止んだりの午前中、義伯母ちゃんの病院
雨だから少ないと思っていたのに、患者さんがおおおおお~~~~~い!なぜ?

畑仕事ができない義母は自身の部屋の片付け、というか断捨離?終活?
部屋のものがみるみる減っていくーーー(;゚Д゚)

それぞれの雨の日でした


さて昨日の続き、大宰府からまわったのは巨峰で有名な田主丸
らぼっちがお世話になった三線の先生方、おふたりに巨峰を送りたいと言うので(*^-^*)

前にも来たことがある葡萄園
今は巨峰だけじゃなく、シャインマスカットもあるんだとか(@_@)

いつのまにかイチジクも栽培されてました
けどイチジクには見向きもせず、ひたすら巨峰へまっしぐら!

290827 ぶどう1

送る巨峰は葡萄園の方に間違いないものをお任せすることにして送り状を書くらぼっち
とっちんは出された試食用の巨峰をペロッといただき、きょろきょろ(^-^;

290827 ぶどう4

その後、3房ほど家へのお土産にとカゴとはさみを持って巨峰狩り
袋の横から覗いて良さそうな房を選びます、これはちょっと細身だな(^-^;

290827 ぶどう3

もちろん下からも覗きます、だけど色はよくわかりません
とっちんはすぐさま2房ちぎったのに、いつまでたっても1房もちぎらないらぼっち

290827 ぶどう2

なんだかわからないけど、そんなに選びまくっても
とっちんがちぎったのと遜色なかったのよね~(^-^;

290827 ぶどう5

さてその帰り、近道で帰ろうと思った道路はまだ途中で通行止め
夜明まで行って遠回りで帰らなくちゃなりませんでした

290827 東峰村2

そしてその道も至る所で片側通行
豪雨の爪痕はまだまだ残っていて、眉間に皺が寄るばかりでした

290827 東峰村4

290827 東峰村3

先々月ボランティアで訪れた場所
今はどうなっているのかしら・・・今回は遠目でしか見ることができませんでした

290827 東峰村5

被害が見当あたらなく無事に巨峰狩りができた筑後川の南側
こうも違いがあるものかと改めて気づかされました

帰りは素通りしてしまったけど、支援はこれからもしていかなくては!

290827 東峰村6









ラスコー展はちょっと感動
瞬く間に過ぎていく毎日
あれやこれやといろんなことがある(作ってくれる?)ものです

いつのまにか9月になり、秋の気配があちらこちらに見られるようになりました
なんて悠長に構えてもいられないところですが・・・

汗水流しての作業はいくらか楽になったし、昼間でも外に出られるので捗ります
夜は窓を開けていてもあれだけ暑かったのに、窓を閉めても涼しくなりました

そんなこんなで数あるネタもどこぞで奥深く埋没しているもので
それを引き上げるかどうか、どう扱うか思案しているところです(^^;;


で、今、留守番的な時間、とりあえずは先月行った「ラスコー展」から
九州国立博物館はなんと・・・・・初めてなんです

290827 ラスコー展1

以前観たかった展示があったけど、観覧料が高かった記憶が(;'∀')
それなりの展示物があるのに観に行かなかったというアホなふたり

でも、町の「芸術文化であい事業」の一環で半額が助成されるんです
印鑑持って役場で申請したらぼっち、100枚限定が残っていてよかった~

暑いので早めに家を出発、悠々と到着したつもりが・・・駐車場空いててラッキー
開催が残り1週間の日曜日とあって人の多かったこと(◎_◎;)

290827 ラスコー展2

ラスコーってなに?ってな感じで連れて行かれたとっちん
1940年に少年が穴に落ちたことで発見されたラスコーの洞窟

290827 ラスコー展3

その中に色彩豊かな絵が描かれていたとは、しかも2万年前!!!
描いたのはクロマニョン人だって、凄い感性と技術だわ♪

290827 ラスコー展4

290827 ラスコー展5

290827 ラスコー展6

290827 ラスコー展7

290827 ラスコー展8

290827 ラスコー展9

290827 ラスコー展10

えっと~、アウストラロピテクス、北京原人、ネアンデルタール人・・・・
人類の進化ってどういう順番だったっけ?え、それぞれ別もの??

290827 ラスコー展11

クロマニョン人ってもうちょっと猿に近いと思ってたとっちん(;・∀・)
なかなかどうして今の人類と変わんない、というより誰かに似てる?

290827 ラスコー展13

凄いね~、この装飾品!
他にも芸術的な細かい彫刻や便利で多彩な道具、見応え充分でした

290827 ラスコー展12

人類がネアンデルタール人から進化したんじゃないということだけはわかった後
大宰府まで来たんだからやっぱり行っとかなくっちゃ(*^-^*)

290827 ラスコー展14

そしてこれもいただいとかなくちゃ
焼きたて~、外はカリカリ中はあっちっちの甘さ控えめ、大満足~~~♪

290827 ラスコー展15









<九州国立博物館>
[アクセス] 地図はコチラ




テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

買い物で支援
九州北部豪雨からひと月が経ちました

未だに行方不明者の方が5名いらっしゃいます
福岡県内では20万トンの流木が被害を拡大させたとも言われる豪雨

1ヶ月後、今度は迷走台風5号が近づいて来ています
ゆっくりじわじわと不気味に忍び寄ってきています

奄美や種子島は記録的な大雨となっているようで
九州地方、今後が心配ですね


2週間前に東峰村にボランティア活動に行った際
買い物もひとつの支援かと思い道の駅小石原にに寄ってみました

義母のお土産に大好きな梅干しと山クラゲ、そして豆腐かりんとうを買い
レジのところには義援金のボックスがあったので一枚入れました

じ・つ・は・・・こっちに戻ってからうっかりお皿を2枚割っちゃったんですよね
自分のお小遣いで小石原焼を買って帰ろうと思ったのです

銘々皿が欲しかったので、道の駅併設の陶器コーナーにも立ち寄りました
ボランティアの人たちもたくさん寄っていてちょっと嬉しくなっちゃった

290805 小石原焼1

で、そのお店の中を4周してこれにしようと決めたのがコレ

290805 小石原焼2

早川窯元さんのお皿、この柄と大きさが気に入りました

290805 小石原焼3

使い心地もとってもいいんです
でも、じっと見てるとちょっと目が回る~~~(^-^;

290805 小石原焼4





テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

迷わず帰ってきてね
夕立なんて来ないだろうと思っていたけど
予報通り、ゴロゴロから始まってちゃんと午後になって降りました

義母は畑の水やりをしなくてよくなったので大喜び
とっちんは午後からの予定の作業が出来ず、ちょっぴり残念

とはいえ、野菜や庭木、植え替えを余儀なくされたエビネにはとてもいい水分でした
それに義父が大事にしていた苔にも十分いき渡ったでしょう

降れば人間の休養にもなるし、たまにはいっか(*^-^*)v


さて、今年は初盆
義母は義父のために、ほおずきで作った灯籠を飾りたいということでした

その切なる願いを叶えるために
らぼっちが百ヶ日を迎える3月下旬にはすでに予約をしていたんです

そしてその農園の方が「ほおずきを見学に来てもいいよ」、ということだったので
7月の末となった昨日、義伯母も連れて4人で行ってきました

お盆前なので農園の方々は大忙し
かなりの暑さ、大型扇風機フル回転で作業されていている中、お邪魔ムシ

290730 ほうずき1

わ~~~~~~~、いっぱ~~~い♪

290730 ほうずき2

それにきれい~、大きい~♪

290730 ほうずき3

「鬼灯」と書く盆花、ほおずき

ご先祖を迎えるのに、墓地から盆提灯や高灯籠などの煙を使って家まで誘導
そして家の中の最後の灯りとなるのが「鬼灯」なんだとか

290730 ほうずき4

へえ~、ほおずきの花を初めて見たわ(^O^)Y

290730 ほうずき5

聞けばナス科だそうで、よくよく見れば色は違うけどほんと茄子(^-^)

290730 ほうずき6

そして近くのほおずき畑を見学させてもらうことに・・・

290730 ほうずき7

きゃー、これまたすごい!
今年は雨が降らず、どんな出来具合いか気になっていたけど、これは良い

290730 ほうずき8

もともと菊栽培をしていたお祖父さんが家庭菜園でほおずきを始められたとか
そしてお孫さんがほおずきも本格的に栽培、珍しい灯籠に仕立てられたというお話でした

290730 ほうずき9

4人にキーホルダーも1個ずついただきました
レース状になるまでとっとこう~(#^^#)

290730 ほうずき10

「お義父さん、これで迷うことはないよね」(*^-^*)






テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog