七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
いよっ、成駒屋!
今日は博多座に行って参りました

290610 博多座1

実はらぼっちが会社の会長さんのご厚意でチケットを頂いたからなんです(^-^;

290610 博多座2

中村芝翫さん親子の大歌舞伎です

290610 博多座3

福岡市内は無案内なもので駐車場に入るのにもひと苦労

290610 博多座4

中村獅童さんが出演できなかったのは残念だったけど初歌舞伎、楽しめました♪

290610 博多座5

舞台の合間にお弁当~(*^^)v

290610 博多座6

290610 博多座7

自分たちではまず行かない歌舞伎、会長に感謝、感謝ですm(____)m

290610 博多座8









<博多座>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

性に合わない?お茶の世界
バキッ!!
「あっ!・・・・・・・」

今朝、らぼっちが高い木の剪定をしている時に脚立から落ちました
さあ出ようと勝手口にいたとっちんが慌てて戸を開けて駆け寄りました

らぼっちは斜めになった脚立の下でボー然としているではありませんか
「頭は打たなかった?どこか打った?痛いところは?」

何がどうなったのか、全くわかってないようでした
体重を預けていた枝の芯が腐食していて折れたということはすぐにわかりました

かなり横たわった状態で「腰と背中と頭を打った」と言うじゃないですか
心配したけど、痛いところもなく立ち上がってからは普通に動けていました

お風呂上りには「痛いのはここだけだったみたい」と、肘の擦り傷を指して言います
どんな落ち方をしたのか見てはなかったけど、そのくらいで済んでよかった

義父は慎重に慎重に剪定をしていたと義母の話
脚立に乗るときは向きや角度、そして大切な命を守る命綱、し過ぎるということはありません

木だっていつ折れるかわからないのです
本当に気をつけなければいけないとらぼっちも肝に銘じたようです


さて芦屋町を最後に訪問したのは
鎌倉時代に一世を風靡したという「芦屋釜の里」

290504 釜の里1

お茶をたてるときにお湯を沸かす鉄瓶が茶の湯釜、その釜のことです
「ぶんぶく茶釜」の釜のようなものですね

ちょっと敷居が高い感じがしますが
通りがかったので、この際と思い入ってみました

290504 釜の里2

ここで今もつくられているのでしょうか

290504 釜の里3

芦屋釜とは、南北朝時代頃(14世紀半ば頃)から芦屋町で造られた茶の湯釜

「真形(しんなり)」とよばれる端整な形と、胴部に表される優美な文様は
京の貴人達に好まれ、垂涎(すいぜん)の的になったとか

290504 釜の里4

その芸術性、技術力に対する評価は今もなお高く
国指定重要文化財の茶の湯釜9点の内、8点を芦屋釜が占めているそうです

290504 釜の里5

この日は開園記念のお茶会が催されているということで
入場料とお茶がセットになっており、せっかくだからとお茶をいただくことに

290504 釜の里6

ちょっと緊張気味のらぼっち、ちょっとは心得のあるとっちん
それにしても正座ではなく椅子でのお点前だったので助かりました

290504 釜の里7

このお茶菓子は釜の絵が描かれていて
たいへん美味しゅうございました

290504 釜の里8

とっちんのおうすは中学生の男の子が持ってきてくれました
ひと通りの作法でいただきましたが、らぼっちは・・・・(^-^;

290504 釜の里9

お茶室から3000坪の日本庭園を望む

290504 釜の里10

外からも

290504 釜の里11

江戸時代初期頃に途絶えたらしい芦屋釜の復興に取り組む施設「芦屋釜の里」
400年のブランクを越えて欲しいものです

290504 釜の里12








<芦屋釜の里>
[アクセス] 地図はコチラ



テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

本当に風化?大きな穴
福岡県は芦屋町の海~~~、千畳敷と言われているそう

290504 洞山1

その近くにあるのがこの大きな穴
「洞山」というんだそうです

290504 洞山2

その昔神功皇后が芦屋に立ち寄った際、矢を射ると島を貫通しはるか先の岩屋に命中
その穴が歳月とともに大きくなって洞穴になったという昔話が書いてありました

290504 洞山3

遠目から撮ったら、なんとらぼっちの小さいこと(^-^;

290504 洞山4

もとは満潮時には、手前に堂山、沖に洞山と離れた2つの島でしたが
現在はともに地続きとなっていて、総称で洞山と呼ばれているようです

290504 洞山5

290504 洞山6

永年の風化でできた穴は高さ10m、幅12m、奥行30mだとか
近くに寄れないのがちょっともどかしい(*´Д`)

290504 洞山7

290504 洞山8

これはなんだったんでしょうね

290504 洞山9

大きな穴、ちょっと変わった景勝地でした

290504 洞山10










<洞山>
[アクセス] 地図はコチラ



テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

なんじゃもんじゃで大賑わい
今日は雨、10日ぶり?畑には嬉しい雨です

だからか?義母の髪を切ってあげました
そりゃね子供たちの髪は切ってました、とはいえとっちんでいいのか〜ʕʘ‿ʘʔ

義母が自分でヘアーカット鋏を買って来てたから、その気だったんでしょうけど
何年ぶりかに鋏で髪を切っただろう、10年ぶり?

くせっ毛なので髪をカーラーで巻くとそれなりになる義母
「鋏もあるし、今度からお願いね」

ひゃーー、とっちんは床屋だけでなく美容院もするようです( ̄▽ ̄;)
ま、とっちんでよければ何でもしますよ〜

ということで、立て続けにアップ(^O^)/

世界遺産に寄り道の後は芦屋町にある「岡湊神社」へ
危うく通り過ぎそうになりました(^-^;

290504 岡湊神社1

え~~~~、なになに?すんごい人
何かと思えば・・・

290504 岡湊神社2

あらら、ちょうどの時季だったのね
へ~~、こりゃスゴイ!!

290504 岡湊神社3

まるで花の海(◎_◎;)

290504 岡湊神社4

和名は小葉を持たない単葉であることから「一つ葉タゴ」・・・らしい

290504 岡湊神社5

雪のようにも見える、木を覆いつくすように咲くのが雄木だとか

290504 岡湊神社6

朝鮮李王家から親交の証として贈られた大変由緒ある主木は樹齢約50年だとか

290504 岡湊神社7

狛犬も花に負けそうな顔をしている(笑)

290504 岡湊神社8

天然記念物で有名な対馬のものや岐阜のもの、アメリカ種など
大小約120本のなんじゃもんじゃを一度に見ることができるのも特徴なんだそう

290504 岡湊神社9

おや?これは・・・・月桂樹?

290504 岡湊神社10

で、やっとこさ1800年の歴史を誇るといわれる岡湊神社(笑)
芦屋が大規模な海運基地だったことを示す一対の石燈籠「式日献燈」って・・どこにあった?

290504 岡湊神社11

だけど、こんなんだけはふたりしてスリスリスリスリ(*^^)v

290504 岡湊神社12

そんでもって、らぼっちがここを訪れたかった一番の目的は
神社の敷地内ではなく、道向かいにある宮司邸のお庭にある樹齢400年を超える大蘇鉄

290504 岡湊神社13

なんとこういう謂れが(;´∀`)

290504 岡湊神社14

狭いところにあるのでうまく写真が撮れまっせ~ん

290504 岡湊神社15

やっぱり大分の日出町にある大蘇鉄を見ているからか
残念ながら、あんまり感動はないですね~

290504 岡湊神社16

らぼっちのドライブコースは、だいたいこんなもんですかね~(^-^;

290504 岡湊神社17








<岡湊神社>
[アクセス] 地図はコチラ




テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

遺産といえど現役
週末は2泊3日の旅行に行っていたので
今日からその話を・・・・・

と思ったのですが、ちょっと前のことから話しとかないと
一緒に行ったらぼっちがうるさいので(^-^;

GWの真っただ中の一日、福岡県の芦屋方面に車を走らせました
もちろん、らぼっちが行こうと言い出したからです

行きにいつも通り過ぎるところに寄ろうか、となりまして
駐車場もないもんだから、行ったり来たりしていたんです

そのうちガイドさんらしき方を見つけ、車を止めていいところを聞くと
快く案内してくださり、お二人から丁寧なお話をうかがうことができました

なんと後でわかったことですが
中間のフットパスガイドもされているそうで、るり子さんをご存知のお二人でした(*^▽^*)

290504 中間1

ここは中間市にある2015年に世界遺産登録された「遠賀川水源地ポンプ室」
遠賀川の河口から約12kmにある八幡製鐵所の送水施設です

幕末から明治時代にかけて急速な発展をとげた炭鉱、鉄鋼業、造船業に関する文化遺産
「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」のひとつとなります

290504 中間2

八幡製鐵所第一期拡張工事に伴う工場用水不足を補うため1910年より中間市で操業を開始
明治建築の風格のあるアーチ柱構造、赤レンガ造りの建造物

建設されて100年以上経過した現在でも、動力が蒸気から電気に変わるものの
八幡製鐵所が1日に使用する水の7割に相当する12万トンもの水を送水している現役の施設

290504 中間4

八幡製鐵所への工業用水だけでなく、当時は若松町や八幡市、戸畑市にも上水道を供給
現存する明治時代のレンガ造り送水ポンプ場としては国内最大規模なんですって

290504 中間7

外からだけでは世界遺産もね~、う~ん、現役だけに非公開なのが残念(*´Д`)
と、施設の敷地内を恨めしそうに見るとっちんです

290504 中間5

290504 中間6

そういえば、この近くに宝暦12年に開通した運河があると地域交流センターで知りました
近いうちにそこにも行きたいな~(*'ω'*)

290504 中間3








<遠賀川水源地ポンプ室>
[アクセス] 地図はコチラ



テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog