七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
足赤エビがただただ食べたくて♪ 「さるかに合掌亭」
この2、3日ついてないことが多かったな~と思うとっちんです
よかれと思ってやっているのに全然報われない

というか、何やっても失敗の連続(>_<)
今日こそは!と思ったのですが、今日もダメ

なぜ?そうか、歳とったから気持ちと体に余裕がないのかな・・
明日からもう少しゆっくり行動しようと思います


さて、昨日の続きです^^
17店舗で展開されている「芦北伽哩街道」

240715 さるかに合掌亭1

その中で3店舗があるこちらにやってきました

240715 さるかに合掌亭2

そして目指すはこちらの「さるかに合掌亭」さん

240715 さるかに合掌亭3

おもしろい名前でしょ♪
入口が二つあって迷ったのですが、地味めなこちらの戸から入っていきました

240715 さるかに合掌亭4

こちらは座敷専用となっていたみたいで
結局はもうひとつの扉から入ったほうが早かった(笑)

天井が高~~い(@_@;)
おまけに貸切~~~~♪

240715 さるかに合掌亭5

おやおやこちらはくまモンが勧めていますね^^

240715 さるかに合掌亭6

そのくまモンが抱いている「足赤エビマヨカレー」をひとつ注文しました
芦北といったら足赤エビでしょう、でもまだ食べたことないんです^^;

240715 さるかに合掌亭7

「100年カレー」はらぼっちがほとんど食べたので
今度はとっちんの希望でこのカレーを食べに来たというわけなんですよ

わ、来ました♪
すんごいカレーの量(@_@;)

240715 さるかに合掌亭8

これで800円です
うんうん会いたかったよ~、足赤エビちゃん(^_-)-☆

240715 さるかに合掌亭9

やっぱりエビちゃんはと~っても美味しい、最高~☆
カレーは、う~んと、普通!(笑)

240715 さるかに合掌亭10

で、らぼっちはというと・・・

240715 さるかに合掌亭11

(;一_一)

さっき、ほとんど一人前食べたでしょ!
まだカレー食うのか~い?

「だってランチバイキングが700円ですんげ~お得だったから」
そーかいそーかい、これで体重が元に戻っても知らないからね(+o+)

でも、これを見たら仕方ないか^^;

240715 さるかに合掌亭12

いか~~ん、「芦北伽哩街道」はメタボ街道になるじゃ~ん(>_<)

240715 さるかに合掌亭13 


 


<さるかに合掌亭>
[所在地]熊本県葦北郡芦北町大字芦北2053 ベイサイド芦北内
[TEL] 0966-82-5844
[営業時間] 11:00~23:00
[定休日] なし
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

昭和と平成の味をいっぺんに♪ 「赤松館100年カレー」
昨日とっちんは、ある申請をするために初めて東区役所に行ってきました
区役所が出来たので、申請書を提出する場所が変わったのです

新体制になって3ヶ月半
順調に業務が行われているのに水を指すようなことは言いたくないのですが
気がついたことをちょっと・・・

まず、駐車場の係りの人、建物への横断歩道をとっちんが渡ろうとしているのに
目の前でまるで機械のようにそこに車を誘導するってーのはどーいうこと?

人の安全のために、あーたはそこに立っているんじゃないの?
あ、それよりも東区役所行のバスが入るためにロータリーがあるようだけど
そもそも駐車場の動線がよろしくない気がします

そしてフロアに入ると、窓口がズラ~っと横並び
とっちんの用事のある福祉課は貼り紙がしてあるけど、手続きの窓口どこ??

玄関脇に座っているインフォメーション的なお姉さんに聞くと
一番端っこの隔離されたようなところを指さされ、「番号札をお取りください」って(^_^;)

番号札は機械ではなく、ラミネート加工されたものを串みたいな棒からはずすというもの
ま、それはいいのですが、ちょっとわかりにくい隠れた窓口でした

そして「○○は持ってきていませんか?」え、そんなこと書いてあったっけ?
「持ってきていません」と言うと

「身分証明のためのものなんですよね〜
前と変わりがないようでしたら、手続きはしておきます」だって

だったら、送ってきた文書にそう書いといてよ
恩着せがましく言われて、益々東区役所に行くのが嫌になってしまった
あ〜あ、前のところがよかったな(^_^;)


愚痴はこのへんにしといて「赤松館」をゆ~っくり見学させてもらったら
ありゃ~、お昼になってました^^;

そういえば、『芦北伽哩街道』なるイベントが始まってたっけ?
ここ「赤松館」の米蔵でも確かやってたよね

240715 米蔵カフェ1

しかしこの米蔵はいつ見ても雄大だな~
甍の波とはよく言ったもんだ^^

240715 米蔵カフェ2

あったあった、「カフェ米蔵」

240715 米蔵カフェ3

ちょっとその前に、この米蔵ではパッチワーク・キルトが常時展示されているので
今回もちょっと覗いてみましょう

240715 米蔵カフェ4
240715 米蔵カフェ5

実に素晴らしい作品ばかりです
藤崎家の奥様はじめ松の実会の方々の作品だということです

あ、ここにも当時の食器が置いてあります
値打ちのあるものなんでしょうね

240715 米蔵カフェ6

おお~、なつかしいものが♪

240715 米蔵カフェ7

と、近寄ってよく見てみたら
熟年が生まれる前のものでした、そりゃそうだよね^^;

さ、カフェのほうへお邪魔しましたよ
ここでのメニューはコレ!

240715 米蔵カフェ8

なぜ2色なのかって?
それはですね~、昭和のカレーと平成のカレーがかけてあるからなんです

熟年は、この100年カレーをひとつだけ注文しました

240715 米蔵カフェ9
(なぜひとつしか注文しないんだよ?)

だって、せっかく芦北に来たんだから他のカレーも食べてみたいじゃん♪

さ、きましたよ~(#^.^#)

240715 米蔵カフェ10

これはあとから出てきたデザート

240715 米蔵カフェ10-1

左が昭和のカレー、フライドオニオンがのっているほう
右は平成のカレー、ちょっと赤みがかっています

240715 米蔵カフェ11

この昭和のカレー、イギリス留学の藤崎彌熊に同行していた奥さんが
日本、この芦北に持って帰ってきた当時のレシピのままを再現されていたんです

240715 米蔵カフェ17

レシピも写真を撮っていいと快く了解してくださいました
こんな貴重なものなのに^^;

240715 米蔵カフェ12

その昭和のカレー、本来の素朴なカレーといった感じ
牛肉は少し歯ごたえを残してあり、フライドオニオンの甘味がカレーを引き立たせています

平成のカレーは肉が今風にとても柔らかく、スパイシー
よく食べるカレーのようです

熟年は二人とも昭和のカレーの方が好みでした

この時、後ろの席の方が「この器は古いものなんですか?」と質問
すると「そうなんですよ、当時のものを使っているんです」

240715 米蔵カフェ13

うわ、ほんとだ!
見れば、器だけじゃなくお盆もそうでした

熟年ふたりでカレーをひとつじゃ申し訳ないので、紫蘇ジュースをお願いしました
とってもきれいな色♪

240715 米蔵カフェ14

夏バテ予防に効果あり(^_-)

この紫蘇も藤崎家の裏で採れたものなんだとか
カフェでは近辺で採れた野菜を使っておられるそうです

紫蘇ジュースのコースターも古そうでユニークなものでした^^
柄があるんですが、わかるかな?

240715 米蔵カフェ15

一人前しか注文しなかったのに、いろいろ教えてもらっちゃった
どうもご馳走様でした♪

240715 米蔵カフェ16

さあ、次行ってみよ~!

240715 米蔵カフェ18

 

<カフェ米蔵>
[所在地]熊本県葦北郡芦北町田浦788
[営業時間] 10:00~16:00
[営業日] 毎週土・日・月曜のみ営業
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

湯の鶴をぶらり、 こころ安らぐ風景ばかり♪ 「湯出神社」と「棚田」
今日のお出かけは大荒れの予報だったので悩みましたが
記事が書けないしね・・・朝の天気を見て出かけて着ました
雪が舞う寒い日でしたが朝から素晴らしいお方達との出会いがありました
そのお話はまた来週♪


さて、温泉に入ってぽっかぽかのらぼっちと、ぶらぶら歩いて冷え冷えしたとっちん
湯の鶴温泉街を散策しようと車に乗り・・え?散策は歩いてするもの?

いやいや、らぼっちが湯冷めするといけないからと敢えて
敢・え・て・車で^^

こちらは湯出川沿いに温泉旅館が並んでいます
道路とは反対側に建っていて一軒一軒旅館専用の橋を歩いて渡って行くようになっています
道路も狭いし駐車場は少なく、そこらへんは不便かもしれませんが
出会った人には気がねなく挨拶できるほど親しみやすさを感じます

立ち並んだ家が少なくなる頃、現れたのがこの真っ赤な橋「ほたる橋」です

230108 湯の鶴温泉1

一見丈夫そうに見えますが、これがちょっとね^^;

230108 湯の鶴温泉2

真ん中あたりにアクリル板がありました

たもとには10人以上乗るなとか、揺さぶるなとか、静かに通行しろとの注意書きもあったりしたので
「どうしてそんなところをアクリル板にせんといかんとね??」
と、叫んだとっちん、もちろん渡るわけありません(笑)

ほたるが飛び交うから「ほたる橋」なのかな?
注意書きより謂われとかを書いてあってほしかった^^;

230108 湯の鶴温泉3

これはいつの雪だったんだろう?
県南にあっても山あいは結構雪が降るようです

230108 湯の鶴温泉4

そして川を挟んだ反対側の道を上がっていくと神社がありました

230108 湯出神社1

ここはカエデの葉ばかりが落ちていたので、紅葉の季節は見事でしょうね
しかし今、木々は丸裸、登るは熟年、あー寂しい風景だねえ(笑)

この湯の鶴温泉には棚田公園なるものがあるようです
この神社からが一番の絶景ポイントだと案内板に書いてありました

230108 湯出神社2

う?ん、カメラのせいか腕のせいか、イマイチ^^;
石段の途中に鳥居と由緒書きがあります

230108 湯出神社3
230108 湯出神社4

えっと、鳥居には湯出神社、由緒書きには湯の鶴神社、どういうこと?
ま、いいか(笑)

ほ?、祭神が大国主命なんですね

230108 湯出神社5

階段途中から見る棚田のほうがよくない?^^

そして途中から見えていた拝殿、正面からの写真は近すぎて難しい

230108 湯出神社6

高いところにあるので見晴らしもよく、横には公園らしきところもあります

230108 湯出神社7

本殿も少し小さめですが、とてもいい雰囲気ですよ^^

230108 湯出神社8

鬼瓦のところには鶴がいましたよ、鶴が!
さすが湯の鶴です、凝ってますね?^^

230108 湯出神社9

裏から中を覗く熟年ふたり(笑)

230108 湯出神社10

じゃ、そろそろと階段を降りていくと入れ代わりに若いカップルが上がっていきました
おいおい、彼女を置いてきぼりにしちゃいかんよ^^;

230108 湯出神社12

と、思ったらちゃ?んと手を引いてあげていました
彼女のバックも彼氏が持っていたし、今流行りの草食系?
おーい、彼氏よ、しっかりしてくれ?!

また車に乗りちょこっと走らせると、おんや?ここからの方がとてもきれいに見えますよ

230108 湯の鶴温泉16

ここの棚田は広すぎて、いくらカメラが広角でも全部入りきらないくらいです
ではちょっとアップにしてみると

230108 湯の鶴温泉17

ね、ね、すごいでしょう?
上の方は公園になっているようです

そしてもう少し下ると学校がありました

230108 湯の鶴温泉18

湯出小学校と湯出中学校です
どうも体育館とグランドは共用のようでした

ふとグランドの端っこを見ると

230108 湯の鶴温泉19

え、えーーー、東京まで1200km?
またずいぶんと遠いところまでの距離が書いてありますね?
熊本県庁までの距離というのも微妙ですが^^;

そして学校のグランドのすぐ下にあるのがこの橋です

230108 湯の鶴温泉20

親柱がちょっと変わった形をしている他は何の変哲もない橋に見えます
ところが反対側にいって親柱を見ると

230108 湯の鶴温泉21-1 230108 湯の鶴温泉21-2

徳富蘇峰命名の橋、「清音橋」だったんです
架橋がいつなのかはわかりません^^;

230108 湯の鶴温泉22

水俣出身の蘇峰がこの湯の鶴温泉に入り
湯出川の流れに癒されたんだろうと想像させられる橋名じゃないですか^^

230108 湯の鶴温泉23

やっぱり熊本市内からはちょっと遠いかな
寄り道も多かったけど、湯の鶴温泉に着いたのは午後3時頃
う?ん、遅すぎだろ^^;

勉強不足や時間不足で七滝や棚田公園、他にも見どころがたくさんあったみたいです
季節を考えてまたゆっくりと来てみたいと思いました

230108 湯の鶴温泉24

<湯出神社>
[所在地]熊本県水俣市湯出
[アクセス]地図はコチラ

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

あさりであっさりの水俣ちゃんぽん♪ 「貝汁味処 南里(なんり)」
ほうぼうに立ち寄り、赤碕小学校でも遊びすぎたために
この日もとっくに昼食時間は過ぎてしまっていました

津奈木町から水俣に入り、すきっ腹を抱えながら何を食べようかと思案中
折りよく市街地で、「水俣ちゃんぽん」の幟を見かけたのです

んじゃどこで食べようかとなり、携帯にて検索
でてきた店の名前に聞き覚えのあったところがこちらでした

「貝汁味処 南里(なんり)」さんです

230108 南里1

こちら袋地区にあるので水俣の市街地からはちょっと離れていますが
駐車場の心配もなさそうだし、あっさり系のちゃんぽんにひかれて目指したんです^^

おじいちゃんがお孫さんを抱っこして立っていました、微笑ましい光景♪
お店も純和風で落ち着いた雰囲気です

230108 南里2

えっと?、メニューは・・
むふっ、表紙は手書きですよ、いい感じ?♪

230108 南里3

今回は最初から大きいバージョンでご紹介です^^

230108 南里4-1
230108 南里4-2

で、らぼっちオーダーの「あっさりチャンポン」

230108 南里5

わーお、あさりちゃんがたっぷりこんと入っています^^
野菜もてんこ盛りですよ、麺が全然見えな?い!

ほじくり出しました!^^

230108 南里6

おお、こちらの麺は白くてつるんとしているんですね
卵は入っていないようです
しかもモチモチしていて味もしみ込んでいて美味しい?^^

鶏がらのあっさりしたスープであさりの味がきいていました
うん、うまい♪

とっちんは名物「貝汁とわっぱ定食」
わっぱめしには「鮭」と「鶏」があって、「鶏」にしました

230108 南里7

おお?、手書きの絵とそっくりそのまんま、なんか嬉しい^^
アッツアツのわっぱめしです

230108 南里8

これ、まぜご飯の上に味付け鶏肉や錦糸?卵、山菜、栗を載せて少し蒸してあるようでした
やさしい味付けで食べやすかったです

そしてお椀じゃなくて、どんぶりに入った貝汁

230108 南里9

ありゃま、あさりの身がまったく見えませんね^^;
貝汁といえば、少ししょっぱいところが多いように思いますが
こちらのはちょうどいい塩梅でした

230108 南里10

定食についていた一杯のコーヒーを仲良く二人で飲んでお店を後にしました

230108 南里11

天気がよかったので水俣の海はとてもきれいでした
山育ちの熟年夫婦はこんなきれいな海を見ると別世界にいるような感じさえするのでした

230108 南里12

そして、この美しい海が知っている過去の出来事を忘れてはいけない
そんなことを思いながら、今度はちょっとばかり山に入っていくのでした

肥後味趣乱 ☆4つ



<貝汁味処 南里>
[所在地]水俣市袋847
[TEL/FAX] 0966-62-4200 / 0966-62-4206
[営業時間] 10:00?15:00 17:00?22:00
[定休日] なし
[駐車場] 30台 大型車駐車可
[アクセス]地図はコチラ


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

即、完売!食べた人しかわからない、八代農業高校の絶品「万能たれ」
最近CM、「いい大人の、モバゲー。 」がおもしろい^^

第1話 同窓会編
第2話 海辺編(勝手に命名^^)



時任三郎、柳沢慎吾、麻生祐未の男女3人のいい大人のドラマ仕立てになってます
時任と柳沢と言ったら、「ふぞろいの林檎たち」を思い出す熟年世代♪

今後の展開をいろいろと想像していたら
第3話 危ない編その1(勝手に命名^^)

で一挙にワタルとチヒロが危険な関係になっちゃったよ 
そんじょそこらのドラマより、次が楽しみかも^^

懐かしい感じの曲もいい
Kimiの「あの頃」という歌らしいが、配信発売は未定とのこと
♪あの頃の気持ち?♪が頭をかけめぐっている秋この頃です^^



さて、今日は人気の商品を入手したので、その紹介です

皆さんも、最近は農業高校が元気があると思いませんか
鹿本農業高校のコメロンパン、熊本農業高校のジャムなど・・・
でーも、私の仕事場である八代も負けていませんよ

(バックは新聞かい^^)
221023 万能たれ1

八代農業高校といえば「万能たれ」♪
八代うまかもんの認定商品として、「竜北道の駅」で発売していますが
すぐに売り切れになる大人気商品です^^

221023 万能たれ2 221023 万能たれ3

食品科学科の生徒さん達が、造った一品をある筋からようやく入手しました
トマト果汁、なし果汁、生姜、蜂蜜、白ゴマ、ニンニク、唐辛子・・etc
地元の農産物がたくさん使われていますね、いいですよ^^

221023 万能たれ4

さっそく、鶏肉サラダにかけてみました
ピリッとしてて、ジューシー♪
なしや蜂蜜が入っているからか、ほんのりと甘み
最後に唐辛子がピリッとしめてくれます^^

大人気の訳がよーくわかりました
トマトケチャツプもはちべえトマトがたーんと使われていることでしょう
こちらはまだ試食していません^^


ちょっとおまけ!
またまた、モラタメでいただいちゃいました^^v
壁に穴を開けないでいいエコな ☆粘着画びょう☆

220929 モラタメ粘着画びょう1

きれいに貼れて、きれいにはがせるがコンセプト!
一言でいえば、米粒をつぶしたようなものです^^

重いものは無理でしょうが、普通にポスターなどは大丈夫ではないでしょうか
もらったものの、さて何に使おうと悩んでいる熟年夫婦です

220929 モラタメ粘着画びょう2

それよりも、これでようやく1000ポイント貯まったんですよ
1000ポイント貯まったら、「eバンク」に1ポイント1円で移せるんです
そう千円なんですけどね
まっ、とっちんはモラタメには文句は言いませんから^^

で、ポイントの移動はどうやるんだったかな、これからトライです^^v




テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog