七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
畑から見て思う
今日は町の健康作りウオーキング祭
もちろん参加・・・

しようかなとチラッと思ったんですが
10kmのコースが家の近くだし、らぼっちの足腰の具合もあってやめました

とっちんはいつものように畑に出勤
あらいるいる、スタッフの方が!スタンバイです



すると、朝9:30スタートで10:00前には何人かが通過
ちょっと速過ぎるんじゃない?



3km、6km、10kmのコースがあるみたい
ここは10kmしか来ないところで、この地点は4kmくらいかな



なんか皆さん、黙々と歩いていらっしゃる
ゼッケンが付いているから?それとも健康作りだから?



それからダムで折り返した人たちが帰ってきた
見ていてビックリ‼️

先頭の旗を持ったたぶんスタッフの人が走ってる
その後ろをゼッケンを付けている人が追いかけるようにジョグ

あれまあ、そんなに1位になりたいのかしら?
健康作りと言うより、ジョギング大会みたい(^^;;

その後はまたゾクゾクと人が流れて帰っていきました
やっぱり立ち止まるということもなく黙々と



3、6、10km合わせて405人も町内外から参加者があったらしい
その昔は義母たちも参加したようだけど、とっちんたちは‥ないかなf^_^;

スタッフ、参加者の皆さんお疲れ様でした







スポンサーサイト
炭鉱労働者の象徴
だんだんと日が長くなってきました
らぼっちの出勤時間もかなり明るくなり、ライトが必要なくなりました



さて、飯塚市には忠隈山という立派なボタ山がありますが
この近くにもあるんです、六坑ボタ山というものが



忠隈山といいここといい、どうして3つ連なっているんでしょうね
真っ黒だったボタが、今では木も生えしっかりと山になっています








復興願う
今日、義母はお友達3人と女子会・・・いえ、おばば会(笑)
もう40年くらいになるお付き合いだそうで、義母は愉しみにしていました

えっと~、よく考えてみたらほぼ1年ぶりかな
この1年いろいろあったので、積もる話がいっぱいあるんでしょう

久しぶりに楽しく食事しながら、とっちんへの愚痴を聞いてもらったかな?
それとも義父の思い出話をみんなにしたのかな?

ここのところカラ元気を出し過ぎていたので
みんなに会って心身ともにリフレッシュして帰ってこれたならいいんですけどね(^-^;


さて、先週先々週と2週続けて熊本入りをしたんですが
やっと前の週の記事が書けそうです

何を思ったか突然、「温泉に行くよ!」と、ある日勝手に予約を入れたらぼっち
なんだかな~!?の3人はそのまま連れ出されていました

ババさんふたりを連れての旅行は初めてです
4人は高速を使い一路阿蘇へと向かいました

途中、地震の影響か、それとも豪雨のためか
見える山は至る所で崩れ、平地はブルーシートで覆われてもいました

290311 阿蘇神社1

野焼きの風景も見えたので少し和みます

290311 阿蘇神社2

が、見慣れていた山々はすっかり姿を変えていました

290311 阿蘇神社3

ラピュタの道も兜岩も崩れているのがわかりました、悲しい…

290311 阿蘇神社4

義母も行きたいと言った阿蘇神社、ああ、楼門がぁ・・・・・

290311 阿蘇神社5

倒壊した写真を見て4人とも言葉を失いました

290311 阿蘇神社6

昨年11月1日から本格的に復旧工事に着工

290311 阿蘇神社9

神殿をはじめ国指定重要文化財6棟は、行政側の支援で7年かけて行うことになったようです

290311 阿蘇神社7

拝殿等その他の社殿は未だ復旧の目処が立っていないとのこと

290311 阿蘇神社8

阿蘇神社の復旧と熊本の復興を願い、それぞれがわずかずつだけど寄付をしました

290311 阿蘇神社10

それからババさんふたりが歩いたことがないというので、門前町をぶらっと

290311 阿蘇神社12

みんな頑張っているんだ、むしゃんよか!門前町🚩がまだせ!くまもと🚩

290311 阿蘇神社11

よかった、水基は無事だった

290311 阿蘇神社13

え゛・・・・・・

290311 阿蘇神社14

こんな近くで影響があったりなかったりするんだな、家もそうだったりしてたから・・・
どこに何があるかわからないですよね

そういえば今日、阿蘇神社の火振り神事行われたのかな
一度行ったことがあるけど、なかなかの迫力でした

これから本格的に春が訪れる阿蘇
いろんなダメージは大きかったけど、きっと見事に立ち上がってくれるでしょう!!

290311 阿蘇神社15









<阿蘇神社>
[アクセス] 地図はコチラ


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

もうひとりの炭坑王の大邸宅
この記事をあげようと前々から思ってはいたけど
なかなかPCの前に座ることができず、雨の降る今日に至ってしまいました

築上町にぶらっと巨樹を見るためドライブに行ったふたりでした
その行きがけに看板あるね~、大きな駐車場あるね~、なんだろ?帰りに寄ってみようか

そのくらいの程度で行ってみたのが本当のところです
なぜこんな素晴らしいところを知らなかったんだろう・・・情報収集不足(;゚Д゚)

まあ、とにかくスゴイんです、もうひとりの炭坑王のお屋敷
贅を尽くすとか、そういう言葉では言い表せない豪邸なんです

それは明治時代から昭和前期まで筑豊地方を中心に当時全国10位以内の出炭量を誇った
藏内(くらち)次郎作・保房・治郎兵衛、藏内家三代にわたる本家住宅

大分県などでは錫、金鉱山も経営したとか
そして鉄道の敷設、学校の創設、公共事業など地域に貢献してきたようです

炭坑主住宅としては古い明治30年代の建築で大正時代に大増築され
今も当時の状態をよく残されていて、現存する1炭鉱主の住宅では最古の遺構だそうです

55枚も写真を選んじゃったけど、まあ見てください
ひな祭りということもあって賑やかになっています

290304 旧蔵内邸1

門からしてちょっと入りづらい様相

290304 旧蔵内邸2

「旧藏内住宅」として国の登録文化財、庭は指定名勝となっており
平成25年4月18日 から一般公開されています

290304 旧蔵内邸3

中門

290304 旧蔵内邸4

大きな玄関に入るらぼっち、似合わないな~(;´・ω・)

290304 旧蔵内邸5

その名も大玄関、土間や腰壁は大理石、天井は屋久杉ですって!

290304 旧蔵内邸6

風格あり過ぎ

290304 旧蔵内邸7

ひな壇さえ小さく見えます

290304 旧蔵内邸8

庭に面して、こういうの好き

290304 旧蔵内邸9

長~い廊下、走ったらいけません(; ・`д・´)

290304 旧蔵内邸10

ゆらゆらガラス、わかりますか?

290304 旧蔵内邸11

大広間、ではなく応接間だそうです、どっひゃ~(◎_◎;)

290304 旧蔵内邸12

襖絵もキンキラキン

290304 旧蔵内邸13

煎茶好みのお茶室、丸窓や俵絞りの床柱など素敵です

290304 旧蔵内邸17

どうしても撮りたいゆらゆらガラス

290304 旧蔵内邸18

この窓、寒いよね?

290304 旧蔵内邸19

柱に合わせて窓枠が作られている~~~(^-^;

290304 旧蔵内邸21

居間、さげもんも長い

290304 旧蔵内邸22

そろそろこのへんから迷子になりそう(笑)

290304 旧蔵内邸23

座敷、ここはまた趣が違う

290304 旧蔵内邸25

珍しく四季の果物の絵が描かれています

290304 旧蔵内邸26

290304 旧蔵内邸27

凄かったのは欄間、部屋ごとに違う意匠
組子欄間、筬欄間、蓮欄間、彫刻欄間などそれはそれは繊細なものばかり

290304 旧蔵内邸14

290304 旧蔵内邸15

290304 旧蔵内邸16

290304 旧蔵内邸20

290304 旧蔵内邸24

290304 旧蔵内邸28

290304 旧蔵内邸29

そして大広間の畳廊下にまたびっくり
なに?このアーチ形の天井は(;゚Д゚)

290304 旧蔵内邸30

そんなこととは知らずに18畳が2間続く大広間でお雛さまを撮影のらぼっち

290304 旧蔵内邸31

奥の部屋には神殿、床の間が・・・ここで充分生活できるんじゃ?(笑)

290304 旧蔵内邸32

ここから見るお屋敷もさることながら

290304 旧蔵内邸33

お庭も・・・・え、俺を入れて撮れって?

290304 旧蔵内邸34

いや、邪魔だから!(笑)

290304 旧蔵内邸35

こちらは浴室、浴槽も壁も床も大理石だらけ、格天井素敵♪

290304 旧蔵内邸36

なんとここが脱衣所、ここまでしなくても(*^^*)
夏の風呂上がりに涼むようにつくられているんだとか

290304 旧蔵内邸37

ここからは枯流れといわれる庭が見えます

290304 旧蔵内邸38

じゃーーーん、おトイレ!広くてモダンです♪

290304 旧蔵内邸39

洗面所、よくわからないけどガラスはモミジ

290304 旧蔵内邸40

やっぱり大理石、蛇口がかわいい♡
HOTとCOLDがあるんですって

290304 旧蔵内邸41

結霜(けっそう)ガラスにシビレますね~

290304 旧蔵内邸42

ここは宝蔵、普通の蔵じゃないんだな

290304 旧蔵内邸43

ここで出身高校に蔵内さんの銅像があると聞いたらぼっち
「そんなのあったっけ?」

290304 旧蔵内邸45

その宝蔵に続く廊下の梁は1本木、材料はわかりません

290304 旧蔵内邸44

幾何学的に切り石が配された中庭もゆらゆらガラスで

290304 旧蔵内邸46

見て!雨どいが竹の細工です

290304 旧蔵内邸47

あ、屋敷の下に水路が!

290304 旧蔵内邸48

仏間には金唐革紙(きんからかわし)という誠に手の込んだ細工の壁紙
撮影禁止だったのでパンフから、現存のものは数例でここのは最古級らしい

290304 旧蔵内邸49

これで屋敷内の気になったものは終わり
あ、玄関の内外の照明は家紋入り、豪華~~!

290304 旧蔵内邸50

290304 旧蔵内邸51

庭にやってきました

290304 旧蔵内邸52

さすが国の名勝、素晴らしいですね~♪

290304 旧蔵内邸53

県道に続く石橋も、その奥にある貴船神社も蔵内家のもの

290304 旧蔵内邸54

知らない他人のお屋敷だったけど
自分が裕福になったような気分で帰途につきました(*´з`)

290304 旧蔵内邸55












<旧蔵内邸>
[アクセス] 地図はコチラ




テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

今日も歩きました
今朝は井澤家を出発、今日は西原村
通れる道を選ぶと結構な回り道なのでしょうか

何度か訪れた場所です
もちろん車で来て、見たらまた車で帰るだけでした、それが‥‥



絶景のパノラマが広がるところ
pm2.5のせいでちょっと残念なことに



でも、いいさ♪(´ε` )
楽しいことがいっぱい



普通は見れないところも見たり
やっぱりフットパスはやめられない(≧∀≦)



現地で経信さんるり子さんとお別れして
懐かしい場所へと車を走らせます



よかった、見た目は変わってない
想いを残し家路につきました

帰るやいなや「あんたに任せっきりやったき、大変やった」
義母は張り切り過ぎたようです(^^;;






Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog