FC2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
復活
ワクチン接種から48時間、丸2日でどうにか普通の体になった模様
普通の体ってものがどんなに有り難いことか…

ワクチンって筋肉注射
そんじょそこらの女性とは違う筋肉を持ってるとっちんには効き目が強すぎたかな

それとも日頃から病気とは無縁で免疫力が強いと
こんな時に体がしなくてもいい抵抗をするのかも

まだ腕は広く赤く晴れていて上げると痛い
どんだけこれが続くのだろう

さて明日から畑に出て大きく伸びた草を取らなくちゃ!










スポンサーサイト



だめだこりゃ
腕が上がらない、ワクチン打ったところが痛いは前回と同じだった
昨夜は寝返りすると痛くてなかなか寝られなかった

朝、らぼっちのお弁当作って朝ご飯の準備をして
いつものように「いただきまーす」

ん?ちょっと待てよ、なんかおかしい、食欲がない
食べたくない、体がだるい、関節が痛い、頭痛がする

ワクチン接種から16時間ちょっと
うそ、ここまでになる?

らぼっちが会社に行く車を見送ってから、食器を洗い洗濯物を…
腕が上がらないので外干し出来ず、内縁側に干す

そうこうしてると熱が37℃を超えてきた
じっとしていてもだるい

兄も同じようなことを言っていたから
もしかしたらDNA的なものが関連しているのかもしれない

ところが昼前になると微熱どころじゃなく38℃超えたじゃないの
オリンピックを観るのも辛い、どうもこうも自分の体であってそうじゃない感じ

その時はこんな副反応が出るって若いってこと?なんて思う余裕すらなく
熱なんか出したこともなく数十年ぶりの気がする

そしてらぼっちが仕事から帰ってくる頃
やっと微熱にまで下がった、でも体中が痛い

ゼリーとヨーグルトを食べ、アクエリアスを飲んだ
食べられる幸せを噛み締めた、オーバーか

兄が言ってたように30時間で副反応が消えたということか
でも頭痛と関節痛と倦怠感はまだ残っている

12時間は久しぶりにキツかったぞ
でも感染するよりは全然マシやろ

面白いのはワクチンを打った方の脇で測った体温は反対側より0.5℃高かった
よっぽど打った腕の近くは熱を持つんだな




ワクチン接種完了
2回目のワクチン接種をしてきた
今日も会場に行けば問診まで座ることなくすぐに接種

打つ時はそう痛みもなく、冷房が効き過ぎた部屋にぎょっとしたくらい
注射した方に「今日と明日はゆっくりしてくださいね」と言われた

へえ~、明日も⁈そんなこと言ってられないのよ
だって今日も一日潰れたんだから

と思いつつ接種証明書をもらって待機していると
ぼわ~んと注射したところが熱くなってきた、1回目のときはなかったぞ

しばらくすると治ったけどなんだったんだろ?
今日は雷が鳴っていたけど雨は降らず15分経って何事もなく帰ってきた

んが、帰ってからしばらくするとだんだん腕がだるくなってきた
そして雷と共に雨も降り出した、外仕事ができないのでちょうどよかったけど

らぼっちが3日前にワクチン接種した時は何もなかったというのに
痒みも出てきてふと手が注射跡にいくようになった

6時間経とうかという頃、腕を上げるとか手首をひねるとかなり痛い
そこは1回目と一緒、これで済めばいいけどな



義伯母のことでいろいろ心配してくださった方々
本当に有難うございます、目を潤ませています

誰かにわかってもらえてると思うだけでとっちんは幸せ者です
今すぐにでも会いに行きたい衝動に駆られています

最後の最後に打ち砕かれてしまいましたが
これからのこと(義母)を考えていきたいと思います







とうとう
朝6時からのダムの草刈り
例年のようにらぼっちが行ってくれた

とっちんが代わりに行くと言ったけど
自分が行くと言い張り、上がらない右腕に苦労しながら作業したようだ

3時間後、らぼっちは帰ってシャワーを浴びてから義伯母を送って行った
とっちんの手を煩わせたくないとフル回転

今までどんなにしても当たり前のように思い
なんの言葉もかけてはくれなかった義伯母

それでもとっちんにしかできないからと5年間ずっと
本人のこと家のこと庭周りのこと、夏は汗だくになってしてきた

義母もらぼっちもずいぶん前から施設に任せようと言っていたけど
とっちんが伸ばし伸ばしに今まできていて、まだ続くものだと思っていた

けど、とっちんにも堪忍袋というものがあった
とっちんがどうにか繋げていた細~い糸をブツッと切ってしまった義伯母

それを知っているらぼっちは当然のようにひとりで動いてくれた
義母は何も言わないけど、らぼっちは「今までありがとう」と、とっちんに…

それだけでも報われたかな











何が何だか
この1週間いろいろあり過ぎて
暑いのもあり肉体的にも精神的にも疲労困憊

義伯母には本人が自覚はしてないようだけど腹を括ってもらうことにして
らぼっちもとっちんもそのことに時間を費やしながら準備

自分が言ったこともそれからの状況もわかってないようだけど仕方ない
とっちんができることは精一杯したし、もう今までのようにはいかないから

そのうえらぼっちまでこれまた自覚なく今まで経験のない車に乗り
会社の人たちにえらく迷惑をかけてしまうなんて

そして介護食を作る羽目になろうとは…誰が予想しただろうか
しばらくはこれを続けなければならないようだ

とっちんがいちばん嫌うことをして自業自得が招いた結果のこと
らぼっちぐらい余計な手をかける事態は避けて欲しいよ、まったく…

とりあえず2回目のワクチンが接種できたのは不幸中の幸い
けど、日曜日のダムの草刈りにとっちんが行かなければならないのか⁈






Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog